「転職サイト」は、大手が運営しているものほど多くの案件が掲載されているため、…

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される企業の数も多くなるた・・

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど多くの企業が掲載されているため、2~3社程度、ともかくサイトに登録し、勤務地や年収などの条件を設定しておき、条件に合う案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職活動がかなり楽になります。しかし、はじめは登録するのにとても手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録を行う初日は、少々時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、後々のためにも、初回の準備を怠らないことをお勧めします。

  • 再就職の際の面接についてですがクールビズで来てくださいと…

  • 再就職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと連絡が来るケースもあります。ですが、クールビズで伺うのは本当は失礼なのでは?と感じてしまいます。そのような思いを懐に背負いこんでいる人にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接のときは書かれている内容をそのまま守った方が確かです。迷うことによってしまい、すごく汗がでる時期にスーツをびしっと着用すると相手側に暑苦しく感じられますから、クールビズ可と記載されていたらクールビズで構わないのです。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 転職した場所では、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。特に、入社したはじめの年度は、ほとんどの場合試用期間が入っていることも多いものです。自らの転職したときは、苦労の末転職して悲しいかな前の会社での年間報酬とほとんど同じだったことがあります。そればかりでなく、仕事はかなりキツく、たいへん責任が伴うもので、初年度を越すのもたいへん苦労しました。そのような体験から初年度は、勉強する年と割り切ってしまい、できる限り転職するよりも以前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 退職|キャリアップしたいと思いずいぶん多くの人材紹介会社に登録していのだ…

  • 自らが転職を考えていた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーのレベルも本当に色々で大方はいまいちだと感じる担当者でした。私とっては大切なことなのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという感情が積もり、それが契機となり自らキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。キャリアカウンセラーの資格の取得は費用も必要だったし勉強の面においてもかなりハードですが、仕事を探している方から信頼されるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

  • 転職したいと考えている会社の見学は、すごく参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあると非常に参考になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られてワクワクします。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、実際の仕事風景とは違っているものです。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。個人のアクが出やすい業種なので、実際に入社するまで、本当の姿はわからないものです。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことが良いです。また、見学時に仕事体験させてくれる会社は危険ですから正直言って、気を付けるべきです。入社していない人にはもし何かあっても、それに対する保証が一切無いので、仕事体験を勧められてもやんわりと断りましょう。

  • 退職|昨日転職先を見つけるために人材会社に登録に向かいました。

  • 3日ほど前転職先を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングをするために現れた担当の人の雰囲気がどうも社会人経験の少ない社員のようで、こちらが説明している話の2分の1も理解していないように思えました。それにもかかわらず「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みを知る必要性があります」とか、経験豊富なベテランのように横柄に話すので大変不快でした。カウンセリング担当者はある程度社会人経験がある方にしてほしいと思います。

  • 転職活動をする際の最後の難関として、今勤めている会社の退職があげられます。

  • 転職活動をする上での最後の難関として、現在の会社の退職があります。転職先の会社から採用の内定をもらえても、現在所属している会社があなたを放出したくないとして慰留しようと説得してくる可能性もあります。そうなった場合、負けることなく退職する、という強固な信念を持つことが必要です。たとえ会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を作成しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と談判し、退職を撤回する考えはありませんと、毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも就職活動において必要でしょう。

  • 就職活動を年収抜きに考えることは不可能です。

  • 就職活動において、年収はかなり大事な要素です。面接では、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収より多く言って、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。「源泉徴収票」が必要となり、一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。仮に、現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが無難です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職に追い込まれるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人に…

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意して欲しい点がいくつかあります。一般的に派遣社員に関しては、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」などの業務を考えてしまった人がおそらく多いとは思います。最初は私自身もまさにそう思っていました。現在働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「メインの業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社からも説明も受けてました。でも、実際に働き始めると、まさか退職した正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。毎回、あれこれ要求されますし、面接のときの説明とは全く違うので日々非常に困っています。今は、契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 退職|仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的なダメージがあり、…

  • 仕事によって回復が難しいほど精神的にとてもつらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そのときは、職場の人と相談する以上に自分の家族と相談して、退職するか決めるといいでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くということは当事者である自分ではあります。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。どれだけ高給をとっていても精神面がボロボロになるまで延々と働くのは好ましいわけがありません。現代は、物質的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に増加傾向にあります。ですからあまり気にせず、あなたの家族とあなたの体を大事にしましょう。

  • 今現在の労働背景が変化したことにおいて、若者たちほど鋭く感じ取っているようです。

  • このようにここ数年の企業の労働環境のめまぐるしい変化に当たって、働きざかりの世代の中で若者たちほど鋭敏に感じ取っているようです。おそらくは、将来を見据えた動きなのでしょう。従って、就業者の「流動化」が活溌になっているので、輪をかけて後々若年層以外の層にも転職の注目が増加すると思われます。労働力の流動化」の影響により、労働者の転職は一般的に当たり前となりつつあります。終身雇用が当たり前とされていた時代には、「会社を辞めて転職」は、ややネガティブに捉えられる傾向が強く、転職が思い通りにいかないこともありました。しかしながら、時流の変化とともに今勤めている会社に執着する必要は減っているように感じます。

  • 看護師でありながら他の仕事に転職に至る理由は、その人それぞれです。

  • 看護師という仕事の人のそれ以外の職業に転職を決断する理由は、その人によりけりです。看護師が他の仕事への転職するには「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚で一人とは変わって出産それと子育てそのうえに親の介護など、身近な家庭環境のいろいろな変化によってこれまでと同じような働き方が厳しくなってしまった」「今の給料に不満を感じている」といったような悩みが考えられます。ですが、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、改めてゆっくりと現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したうえで決断してみてください。

  • 転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力の向上を意識しておく…

  • 転職期間中は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。会社が決まり、仕事復帰した際に、趣味に興じていたおかげで無意識の間に集中する力が養われているのです。さらに体力アップが図れていることで、一緒に働く人たちと比較すると疲れない体になっているということを認識することができます。というわけで、退職したら趣味に没頭することと、体力アップをしておくことをしておくのがおすすめです。勤め先が決まり、その職場のなかで同様の趣味の方と出会えれば、すぐに仲良くなれるので、趣味をとことんまで極めることも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 退職|今と違った職場がいいと転職をする活動をしている中の場合…

  • 今と違った企業の社員になりたいと転職活動をするときの場合には「できるだけ早く、内定(採用通知)を手に入れたい」と思ってしまうはずです。ですが、そういう気持ちで内定を欲しいばかりに、自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその反対に自分を安売りしてしまう行動をするのはできるだけ止めておきましょう。大事なのは焦る気持ちはこらえて、落ちついて自分にふさわしい職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を選択してみましょう。

  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合…

  • 求人についての情報を見てみると、とうぜん大部分の職場では月収が明記されています。しかしこの月収の部分をチェックする時には、深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見て納得しないほうが良いです。実は会社によっては、月収の中身に「毎月30時間の残業」が含まれているかもしれません。つまり残業代を入れて金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている所もあります。そういうわけで、こうして表記された数字どおりとなる見込みがない会社には近づかないほうが良いでしょう。

  • 新卒で採用された会社で嫌な上司に困ってしまい、ついには…

  • 就職した会社ですぐにきれる上司に心をすり減らし、結局仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同じ業種の別の会社に職を変えました。そこでは居心地よく仕事ができて充実した毎日でしたが、だんだんと会社の業績が悪化して、結局はとある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にもその経営統合先の会社が驚くなかれ前に働いていた会社で、加えて非常に嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょう。言うまでもなくまた転職をしようと活動を開始する予定です。