「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが…

転職サイトは有名なサイトの方が多くの転職情報が掲載されているため…

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される転職情報が多いため、関心のある2~3社を、サイト登録して、年収などの条件にあらかじめを入れておき、さらに条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職についての情報収集が簡単になります。とはいっても、はじめは登録するのに少しばかり時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初回時、時間がやや掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後々のためにも、初回の準備を怠らないことを心がけるのが無難です。
  • 再就職の時に行われる面接時にクールビズで来てくださ…

  • 再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでもOKとと事前に連絡が来るケースもありますが、なかには、クールビズの格好で面接するのは印象が悪いのではないか?と疑う人もいます。クールビズの悩みを抱いている人々に伝えたいのは、クールビズで来ても良いとされたのであれば、言われたことを守った方が確かです。混乱してしまい、夏の暑い時期にスーツをびしっと着用すると面接担当者に不自然なイメージを持たれてしまいますから、企業側からクールビズ可と書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 仕事を始めてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、入社したはじめの年は、大体研修期間が含まれることも多くあります。自らの場合、四苦八苦して新しい職を見つけることができたのに、予想と異なり前いた会社での年収とほとんど同じでした。そればかりか、業務内容はきついうえに、かなり責任が伴うものだったので、1年目をクリアするのにたいへん骨が折れました。そのような経緯から転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、十分に転職するよりも前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • かつて割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。転職のアドバイザーの質においても本当に様々で大方不満足を感じるアドバイザーばかりでした。こちら側は人生の大事な事なのにもっと熱心に向き合ってほしいという欲が募り、それが契機となり私はキャリアカウンセラーを目指すことになりました。その資格を取得できるまでには支出が増えましたし勉強の面に関してもかなりハードではありますが、求職中の人にあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるために頑張っています。
  • 転職候補先での見学に参加するとかなり勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、かなり勉強になります。とりわけ、職人さんのいる会社では職人技を間近で見られるので楽しめます。でも、「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、いつもの姿を見せてくることは少ないのです。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この分野では、個人のプライドが強いので入社してみないと、本当の姿はわからないものです。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは思わないことがとても大切です。さらに、見学時に仕事を体験させる会社は、かなり問題なので注意しておいた方が良いです。入社していない人にはトラブルが発生してもそれに対する保障がないので、仮に、勧められてもやんわりと断ることが大事です。
  • 退職|数日前転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 数日前転職先を見つけるために人材バンクに登録をしに足を運びました。登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当の方がどうも入社間もない新入社員で、私が説明している話の半分ほども理解できていない感じ。さらに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておく必要性があります」等、一人前のことを横柄に言うから大変嫌な気分になりました。カウンセリングをする人はそれなりには仕事の経験がある方にするべきだと思います。
  • 退職|転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない問題として、…

  • 転職活動における最後の壁として、今の仕事を辞めることがあげられます。転職先から採用の内定を得たとしても、今いる会社が退職を引き留めようとするはずです。仮にそうなったとしても、どうあっても退職する、という強い意志を貫くことが大事でしょう。引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を書いておきます。そうして、決定権のある上司と相談し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」とキッパリと伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動の大事な要素です。
  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。

  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当の年収より多く言って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソはバレてしまうからです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。なお、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど場合ありえません。現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが正しいです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるかもしれません。
  • 転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている…

  • 転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてもらいたいポイントが数点あります。一般的に派遣社員に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」などの業務をぼんやりと考えてしまった人が多々ありますよね。はじめは私自身もそう思ってました。今、勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「主な業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。しかし、実際に入社してみると、まさか「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めを頼まれました。とくに何をしていいのかもよくわからず、求人表だけでは、日々全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 働くにあたって回復が難しいほど心的な負担が大きくなり・・

  • 働いていることで精神的な負担が大きくなり、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、相談するのは会社の人にするより自身の家族と相談しながら退職するかどうか判断した方が良いです。というのは、仕事をするのは自分のためでもあります。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どんなに高い報酬を得られたからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、無理しながら仕事をするのは良い状況とはいえません。今の時代は、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを大事にする生き方も徐々に認められつつあります。あなたの家族とともに、自身の心も大切にしましょう。
  • ここ数年の企業の労働背景の大きな変化に当たって、34歳ぐらいまでの若者た・・

  • このようにここ数年の企業の労働環境の慌ただしい変移をに関して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代が特にチェックし、気にかけているようです。多分、先行きを見据えようとしているのでしょう。そんなわけで、サラリーマン・労働者といった人たちの流動化が進んでいるようで、次第に後々世代に関わらず転職についての注目が高まっていくはずです。「流動化」の影響により、転身することはあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、「転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、転職が思い通りにいかない人もあったのです。けれども、時代も変わり今現在の会社だけに執着する意味も必要性も減少しているように感じられます。
  • 看護師という職の人の違う仕事に転職する理由は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師という職の人のそれ以外の仕事に転職する理由はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。看護師の転職には「職場に関わりたくない人がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産そのうえに家族の介護など、仕事環境のいくつかの変化など、働けなくなってしまった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」というような悩みが考えられます。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、それでも転職したいと、改めてじっくりと現状を客観視することも忘れずにやっておきましょう。「本当に転職する意味があるのか?」ともう一度考えたうえで決断してみてください。
  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を使うほ・・

  • 転職先を探している期間中は、趣味に没頭したり、体力づくりを意識しておくと良いです。採用が決まり、いざ仕事復帰した際に、趣味に集中していたことによって気付かないうちに集中する力がアップしています。加えて、体力アップしていることで一緒に働く人たちと比べるとスタミナがあるということを認識します。というワケで、退職して次の仕事を始めるまでは趣味に時間を充てることと、体力アップを図ることをしておくのがベストです。また、職場にて同じ趣味の方と出会えれば、仲良くなるキッカケになるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 退職|いい企業の社員になりたいと転職をする活動をしている・・

  • 違った会社の社員になりたいと転職活動をしている中の人の大半は「少しでもはやく内定(採用通知)がものにしたい」と思っているはずです。とはいえその気持ちが強くて通知を得たいあまり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、その逆に自分を安売りしてしまう言動はゼッタイにしないでください。そうではなくて、焦る感情にブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分に最適の職場を見つけることに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く探していきましょう。
  • 求人関連の情報では、大部分の場合は多くの企業では月の収入等が記載されています。

  • 求人広告には、大部分の場合は多くの企業では月の給与が記載されているはずです。この月収の欄を確認する時には、深く確認する事が大事です。多い少ないだけでわかってしまわないほうが良いです。というのは場合によっては、月収の金額のなかに「毎月15時間の残業」が条件になっているかもしれません。それは残業代を入れて金額が高く見えるようにしているケースも少なくないのです。それ以外にも、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性が考えられたりします。だから、その手の「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には興味を持たないほうが賢明です。
  • 勤務していた会社で嫌な上司の存在に悩み、とうとうやっていくのは難しいと考えてその会社を辞・・

  • 昔働いていた会社でのことですが性格のきつい上司に困惑してしまい、ついにこれ以上は無理だと思いその会社を辞め、同業の別の会社へ転職しました。新しい会社ではいやらしい上司もおらず本当に満足した毎日でしたが、だんだんと会社の売上が悪化して、最後にはとある会社に経営統合されることとなったのです。ところが経営統合の相手はなんと前いた会社で、おまけに反りが合わない上司が再び私の上司となることになりました。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけ縁があるのでしょうか。言うまでもありませんがまた転職活動を始める予定です。