あなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

もしもあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において…

  • もしもあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考えている人が、近年増えています。近年は求人情報サイトをうまく活用すれば、国内のどの地域の求人もいつでもアクセスできます。しかし、地方での求人の場合、募集してる企業や会社の数自体が少ないのが事実、痛いところでもあります。なので、転職サイトを使用するのは当たり前ですが、求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートのイベントにもアンテナを張っておきましょう。
  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動する人は少なくありません。

  • 転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動する人は少なくありません。でも、その上に転職フェアの利用が有益です。多くの企業が一堂に会することから、参加すれば複数の企業に関する情報に触れることができ、それだけでなく、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風がある程度わかります。今後、転職フェアに参加する場合には、面接を受けにいくつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それが功を奏してフェアの期間中に企業から気に入られれば、その後採用面接時にアドバンテージになるはずです。
  • 退職|これから転職活動を予定しているのなら、今いる職場や仕事…

  • そのうちでも転職活動を考えているのなら、直近の職場・業務で感じている不満点を明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満な点があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「しっかりといまある会社の不満な点を明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。その次に転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事が容易になるはずです。
  • 退職|転職を目指そうとしても、理想通りの成果があがるとは言えません。

  • 再就職しようとしても万事順調にいく保証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならそのうちに転職しようと思っているなら若いうちになるべく早く変えたほうが良いでしょう。一般的には、20代の若いうちはとても有利ですが、30代後半~40代に達してしまうと転職はかなり厳しいといえます。もしも、重要な役職をすでに担当しているのなら、転職の意識が強くなっていても今の仕事を続けるということを選択肢に入れておくべきです。退職後に転職活動をするよりも、現在の会社に籍を置いたまま時間をかけてじっくり探すほうが失敗することもありません。
  • 転職サイトは大規模なサイトの方が多数の案件が掲載されているた・・

  • 転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載される案件の数が多いため、興味を引く2,3の会社を、ともかくウェブ登録して、勤務地や年収などの条件を設定しておき、さらに条件に合った案件が自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に転職情報を集めることができます。でも、最初は登録するのに幾分か時間がかかるので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を準備して、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。初めの登録のときは時間がやや必要ですし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着の求人情報だけ確認すればいいので、後のことを考えれば、初めの準備に手を抜かないことを心がけましょう。
  • 再就職の時に行われる面接時にクールビズで良いとと記載されているケースもあるようです…

  • 転職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されている場合もあるようですが、クールビズの格好は実際は良くない印象になるのでは?と思いがちです。クールビズの悩みを心に抱え込んでしまっている人にアドバイスしておきたいのは、クールビズOKだと言われたのなら、書かれている内容を実行したほうが安心です。迷うことによってしまい、夏の暑いときにスーツをびしっと着ると相手側に不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズでお越しくださいと記載されていたらクールビズで大丈夫なのです。
  • 職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職の予定があるのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社して1年目は研修期間が含まれることも少なくありません。自分の転職では、苦労して手にした仕事なのに、予想に反してそれまでの職場での年間報酬とほとんどイコールでした。そのうえ、業務内容は多様で忙しく、たいへん責任を伴い初年度はひどく労力を伴いました。そういった体験から1年目はいわば勉強の年と割り切って、できれば転職前の段階でお金をためておくべき、と思います。
  • 退職|自らが転職を考えていた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのです…

  • 私は昔かなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質も本当に多種多様でその多くは物足らないと感じる人ばかり。こちら側は人生かかっているのにもっと熱心に向き合ってほしいという欲が膨れ上がりました。それが理由でキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得のためには支出が増えたし資格取得のための勉強面においてもかなりハードですが、求職中の人に頼ってもらえる人間になるために努力しています。
  • 退職|転職したいと考えている会社での見学に参加するとすごく参考になります。

  • 転職候補先の会社見学は、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、技術を必要とされる業種なら、スキルを近い距離で見られるので楽しいものです。そんな会社の見学では、見学者には例外なく、日常の仕事現場を見せてくれることは少ないです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社後でなければ、実際の姿はみえないものです。なので、仕事=見学で知った内容と決めつけないことが賢明です。また、見学時に仕事体験ができる会社は危険ですし、選択肢に入れるのはおすすめしません。正規雇用が結ばれていない場合、何かトラブルが発生しても、それに対する保証がないため、進められてもていねいに断ることが大事です。
  • 先週新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に足を運びました。

  • 先日転職の準備をしておこうと人材紹介会社に登録に向かいました。そこでカウンセリングに出てきた担当の人がどうも入社間もない新入社員のようで、こちらが説明している話の5割も彼はわかっていない感じでした。それでいて「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが大事でしょう」とか、専門家のように横柄にのたまうのですっごく不快でした。カウンセリング担当者はそれなりにカウンセリングのスキルがある方にしてほしいものです。
  • 退職|転職活動を行う際の最後の難問として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社が決まっても、現在働いている会社があなたを引き留めることも少なくありません。そうなってしまった場合、何としても退職する、という強い信念を持つことが大事でしょう。もしも引き留められて、残ったとしても一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を用意します。そして、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を考え直すことは絶対にありませんと、遠慮せずに伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動の重要なポイントです。
  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。面接の時、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を多く偽って、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 転職の際、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ覚えていただき・・

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてもらいたいポイントがあります。まずはじめに派遣と聞くと「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」といった業務内容をなんとなく思った方がいるはずです。実は私も今の企業に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「主な業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けました。ですが、実際に入社したとたん、なんと「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を任されてしまいました。とくに特別な知識もなく、面接のときの説明とはかなり違っていたので毎日とても困惑しています。とにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 職場環境が原因で回復が難しいほど精神的なダメージがあり・・

  • 会社が原因で回復が難しいほど心的にまいってしまい転職しなくてはいけない状況になったのなら、そのときは、会社(の関係者)と相談していくより自身の家族に相談したうえで、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそのほうが良いのかというと、働くのは自身のためでもあります。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どれだけ高い報酬を得られたとしても、精神が追い込まれるまで延々と仕事をするのは良い状態とは言えません。今の社会では、経済的なことよりも、働く当人が働きやすいことを優先で前提にする生き方が尊重される時代です。あなたの身内とあなた自らの心と体を大事にしましょう。
  • ここ数年の雇用形態の激しい変化を、若い人たちが特にチェックし、気にかけているようです。

  • このように今の時代の企業の雇用に対する考え方が大きく変わったことに当たって、34歳ぐらいまでの若者の世代が特に注目しているようです。おそらくは、転職と自身のキャリアアップを同時に思案しているのでしょう。サラリーマンや労働者といった労働力の「流動化」が著しくなっているため、一層、今後、転職への関心は高くなるでしょう。「流動化」が背景にあることで、一つの会社に縛られない生き方はますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、転職者は、それだけで評価が下がりやすい傾向が強い、それで損してしまうことも多くあったのです。しかし時代が変わり今の会社のみに執着する必要も益々無くなったともいわれています。
  • 退職|看護師の他の仕事に転職する理由は人によりけりです。

  • 違う職に転職に至る理由は、その人によって違うはずです。考えてみると看護師が他の仕事への転職には「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚で一人とは変わって出産・子育てそのうえに家族の介護など、環境の種々の変化など、これまでのような働き方が厳しくなってしまった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」というような問題が考えられます。しかし、転職を決断する前に、転職したいと、改めて沈着冷静に客観視してみることも大切です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考し、決断してみましょう。