あなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」といった形で、…

退職|もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形…

  • あなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」にて大都会から地方に移り住んで、再就職したいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。最近は転職サイトを駆使すれば、地方での求人情報も容易に知ることができますが、けれども、地方での求人情報では、どうしても都市部よりも少ないのがデメリットといえます。したがって転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。「地方自治体・商工会議所」などのサイトもまめに確認しておくことをお勧めします。そうした機関の転職サポートのイベントにもチェックすると良いでしょう。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを使用して、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。よりよい転職先を見つけたいのであれば、その上に転職フェアを活用するのがいいでしょう。多くの企業が一堂に会し、参加することによってあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、その上、その場で説明してくれるスタッフから、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する機会があれば、面接に挑戦するつもりで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。運よくフェアの期間中に企業側から欲しい人材と思われれば、正式に応募して実際の面接時にかなり有利になると予想できます。

  • 転職しようと思うのなら、直近の仕事・業務で感じている不満・・

  • そのうち転職しようと考えるのなら、直近の業務で感じている不満点を明確化する事が良いです。気に入らない点があるから転職しようと思っているはずです。しかし「よく考えて存在する職場の客観的に考えた不満なことを書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのは可能なはずです。

  • 仮に再就職を目指そうとしても、何もかもがスムーズに進行…

  • 仮に転職するにも全てが都合よく運ぶと断言はできません。可能であれば、いつか、転職しようと思っているならあなた自身が若いうちに行動しておくべきです。傾向としては、30代前半までは有利な展開を期待できますが、30代後半~40代に至ってからの転職自体がとても厳しいものと理解しておくべきです。もしも、管理職など、重要な役職に就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、思いとどまることも結論として選ぶ答えの中から除外しないでおきましょう。要するに、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、今の会社に残った状態で、転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が後悔することもありません。

  • 転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される転職情報がたくさんあるため・・

  • 転職サイトは有名なサイトの方が多くの企業が掲載されているため、2社か3社くらいとりあえずサイトに登録し、希望する勤務地や収入に対してチェックを入れて、加えて条件に適合する求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと情報収集が容易になります。ですが、初回だけは登録するのに本当に時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録初日は時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備に手を抜かないことを心がけましょう。

  • 転職時の面接に関してですが企業側からクールビズで良いと…

  • 転職をする際の面接で企業側からクールビズ可とと書いてある場合もあるようです。しかし、なかには、クールビズで面接を受けるのは良くないのでは?と疑う人もいます。そのような考えを感じている人に言いたいのが、企業側からクールビズで来るように言われた面接においては書かれていることを実行したほうが正しいです。疑心暗鬼になってしまい、汗がでる時期にしっかりとしたスーツを着用していくと相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

  • 新しい職場(転職先)では、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職する企業で、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。入社した初年度は、大体「研修期間」が含まれていることもことが考えられます。自身のケースでは、どうにかして転職して期待とは裏腹に以前の会社での年収と見たところ同額ということがありました。加えて、仕事内容はとてもキツく、たいへん責任を伴いはじめの1年は、ものすごく苦労しました。そういった体験から初年度は、勉強する年と割り切ってしまい、できるだけ転職以前からお金をためて気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 自分が勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • かつてはかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、転職のアドバイザーの質においても様々あって大方は満足できない感じる人ばっかりでした。こちらは人生がかかっているのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという願いがいっぱいになって、それがきっかけで自分がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るのはお金も必要だったし勉強面に関しても大変なわけですが、就職活動の際に頼みとされるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

  • 転職したいと考えている会社で見学しておけば、たいへん参考になります。

  • 転職したいと考えている会社の見学は、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。が、「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、いつも通りの働き方を見せてくれないのが特徴です。典型的なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。個人のプライドも高い業種なので、実際に入社してみないと、本来の姿は伺えません。そのため、見学で知った内容がそのまま仕事現場と解釈しないことがとても重要なのです。ましてや、見学時に仕事を体験させる会社はとてもキケンですし、良い会社とは言えません。入社していない段階では万が一何かトラブルが発生しても、それに対する保証は一切ありません。仕事体験ができる、と言われても丁重に断ることが大事です。

  • 転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に出向きました。

  • 3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材バンクに登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当者がどうも入社してから間もない新入社員のようで、私が説明した話の50%ほども彼は理解ができていない模様。さらに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが大切でしょう」とか、一人前のように偉そうに言うからとても嫌な気持ちになりました。カウンセラーはそれなりにはカウンセリングのスキルがある社員にするべきです。

  • 転職活動をする上での最後に残る壁として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動を行う際の最後の難問として、今の仕事を辞めることがあげられます。転職先の会社が決まっても、現在勤務している会社が退職を慰留することも少なくありません。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強固な信念を持つことが大事でしょう。仮に引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意します。それから、決定権のある上司と相談し、退職を考え直す可能性はありませんと、正直に伝えます。円満退職をすること、これも転職活動において必要不可欠です。

  • 退職|就職活動において、年収はとても大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接において、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収を設定することです。例をあげると、年収400万の人が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。もし、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職に追い込まれるかもしれません。

  • 転職で、「派遣社員」として、転職を考えている人に注意してほ・・

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人にぜひ注意していただきたいことが数点あります。まずはじめに派遣というと、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」のような業務内容をなんとなく考える方が多々ありますよね。実は私もそう思ってました。今、勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、電話応対と聞いていました。直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。でも、実際に働き始めると、なんと「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を頼まれました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とはかなり違っていたので日々とても困惑しています。今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

  • 働くにあたって心的にまいってしまい職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら…

  • 働いていることで回復が難しいほど精神的な負担が増え、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、職場の人に相談ではなく身内などの近しい存在の人と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。それは、仕事をするのは当事者であるあなた自身です。が、しかし同時に、身内の問題ともいえるのです。どれだけ給料が良くても精神がダメージを負ってしまうまで無理しながら仕事をするのは好ましくありません。現代は、金銭的な豊かさよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にしても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなたの家族とともに、あなた自身の心と体の健康を考えていきましょう。

  • 最近の企業の雇用に対する考え方が変化したことに際して、社会人の…

  • このように昨今の雇用事情の大きな変化に関して、社会人の中で若い人たちが特にチェックし、気にかけているようです。転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。なので、労働者・サラリーマンといった層の労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、輪をかけて今後、益々より広い世代で転職についての注目が高まると予想されます。「流動化」の影響により、転身することは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が存在したかつては、「転職」はそのことだけで印象が悪く、転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんあったのです。しかし社会的な変化とともに現在の会社だけに執着する必要がますます無くなってきています。

  • 違う職業に転職する原因は人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師でありながら違う職業に転職する原因は人それぞれではないでしょうか。ちょっとみると看護師を辞めての転職には「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚がきっかけで家庭環境の変化によって出産と子育ておまけに親の介護など、身近な家庭環境のいくつかの変化によって今までのような働き方ができなくなった」「収入に大きな不満を感じている」というような問題が考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、それでも「どうして、転職しないとダメなのか?」と思うに至った理由を冷静に、現状を客観視することも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したのち、決断しておくと間違いありません。