あなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」・・

仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」といった形で…

もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」といった形で、大都会から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている人が、近年増えています。近年は転職サイトをうまく活用すれば、地方・郊外の求人も容易に得ることができますが、けれども、地方や郊外での求人情報は、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのがデメリットといえます。ですから、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメにチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートのイベントにも見ておくと、良い出会いが期待できます。

転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

転職サイトや転職エージェントなどを活用して、転職活動を行う人はたくさんいます。だとしても、よりよい転職先を探すには、それと同時に転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加した際は企業の情報に直接触れることができますし、また、説明員等を通じて、企業の雰囲気を肌で感じることができます。仮に、転職フェアに参加する機会があった場合、1次面接に行くつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。運よくフェアでの交流の中で企業側(の担当者に)認められれば、その後応募して実際の面接時に良い手応えを期待できます。

そのうちでも転職活動をするに当たっては、今の仕事や業…

明日からでも転職をするに当たっては、直近の業務や業務の何に対して不満を感じているのかをハッキリとさせておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々転職したい、と考えるのは分かります。が、「現状の人間関係などの不満なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあとに、転職を叶えたとしたら、「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は抑えることはできます。

退職|再就職しようとしてもあらゆることが都合よく運ぶと言い切ることはできません。

転職するにもすべての人が思ったとおりの成果をあげられるというわけではありません。どうせするなら、いつかするつもりなら歳がいかないうちに変えてしまった方が良いです。ほとんどの場合、30代前半まではかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代となってからの転職活動全般は、とても厳しいといえます。重要なポジションにいる場合、転職したいと思い立っても、今の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に含めておくべきです。会社を辞めてから転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、時間をかけてじっくり探すほうが賢明といえます。

転職サイトは大手のサイトであるほど案件が多いので、関心のある2~3社・・

転職サイトは大手サイトの方が掲載される転職情報が多いため、関心のある2つか3つの会社を、まずはウェブサイトに登録し、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、加えて自動で案件が通知されるようにしておくと容易に転職についての情報収集を行うことができるようになります。だとしても、最初だけは登録するのがとても大変なので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする初回時は少し時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、次回以降の応募を楽にするめにも、初めの段階できちんと準備することを心がけるのが得策です。

転職の時にする面接での身なりはクールビズでもOKとと伝えられる場合もあるようです。しか…

転職の時にする面接ではクールビズでもOKとと言われる場合があります。ですが、クールビズの格好で面接するのは本当は失礼なのでは?と考えてしまいます。クールビズについての迷いを心に抱いている人に言いたいのが、企業側からクールビズで良いとされた面接の際は言われたことを素直に聞き入れるほうが安心できます。色々考えて、汗がだらだら出る季節にスーツをびしっと着ると不自然な印象を与えてしまいますから、クールビズでお越しくださいと記載されていたらクールビズでいくのが望ましいです。

転職の意思があるのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい仕事についてすぐは「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。ことさら、入社1年目の段階では、ほとんど試用期間が含まれているというのが多かったりもします。私自身のケースでは、やっとのことで転職したのに、予想に反して前の会社での年収とほとんど同額でした。それにプラスして、仕事はきついうえに、責任のあるもので、はじめの1年は、ひどい状態でした。そうした体験から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、できるだけ転職する以前に貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

退職|仕事を探していた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

昔はたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質も多種多様で大方はいまいちだと感じる方ばっかり。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと心して向き合ってほしいという想いがこみ上げました。そのことが発端となってキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。その資格の取得は支出が増えました。また勉強面もとても大変ではありますが、就活中の人たちから頼ってもらえる人になるべく頑張っています。

退職|転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあれば、たいへん勉強になります。

転職先で見学などがあるとたいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社での見学は、腕を見るのが楽しくもなります。そのような「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、いつも通りの仕事風景を見せてくれることはまずありません。典型的なのは、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のプライドが高めな業種なので、入社した後までは実際の姿は伺えません。そのため、仕事=見学内容と思わないことが重要なのです。さらに、会社見学時に仕事を体験させる会社はかなり問題がありますから正直言って、言語道断です。雇用契約を結んでいない段階ではもしトラブルが発生してもそれに対する保障が一切無いので、仮に、勧められたとしてもていねいに断るとこが大切です。

数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

この前転職先の会社を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。登録するときのカウンセリングを行いに出てきた担当者の雰囲気がどうも仕事に慣れていない社員のようで、私の説明の3分の1もその社員は理解していないように思えました。そのくせ「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みと弱みをはっきりさせておく必要性があります」とか、一人前のことを偉そうにのたまうからとても嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はいくらかカウンセリングのスキルがある社員にするべきです。

転職活動をする際の最後に残る厄介な問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、今勤めている企業からの退職があります。転職先の会社が決定しても、現在勤務中の会社が退職を引き留めるというのもよくあるケースです。仮にそうなったとしても、何があっても退職する、という強い気持ちをもつことが必要といえます。仮に引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきます。それから、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、退職を考え直す可能性はありませんと、遠慮せずに伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動の大事なポイントです。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。面接の時、現職の年収と、今後の希望年収額も訊かれるはずです。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は後からバレてしまいます。最悪の場合、トラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。現在の年収が300万円の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど無い、と見ておくべきです。たとえば、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職に追い込まれることもあるので、気をつけましょう。

転職で、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意してほし…

転職を、「派遣社員」を選択しようと考えている人に注意してもらいたいことが複数あります。一般的に派遣に関しては、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」といった仕事内容をなんとなくイメージする方がおそらく少なくないでしょう。最初は私もそう思ってました。現在働いている職場に入社するまでは「担当してもらう業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けました。ですが、実際に業務に掛かると、まさか退職した正社員さんの穴埋め業務を任されてしまいました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とはかなり違っていたのでとても困惑しています。とにかく、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

退職|働くことによって精神的に苦しくなり、転職を考えざるを得ない状況となったなら…

仕事をするにあたり、回復が難しいほど精神的に自分が苦しくなって転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、相談するのは会社でなく自分の家族に相談したうえで、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。というのは、仕事をするのは当事者であるあなたです。が、しかし身内の問題ともいえます。毎月、どれだけ高い給料をもらっていたとしても、精神が追い込まれるまで我慢しながら無理して働くのは望ましいとは言えません。今の時代は、物質的なことよりも、働く当人が働きやすいことを重視していく生き方も徐々に増えつつあります。ですから、家族や、あなた自身の心と体をいたわりましょう。

今現在の労働背景が目まぐるしく変わってきたことにおいて、…

このようにここ最近の企業の労働背景が慌ただしく変わってきたことに際して、社会人の中で若者の世代ほど敏感に感じ取っているようです。大方、先行きを見据えようとしているのでしょう。従って、労働者・サラリーマンといった層の「流動化」が顕著となっているので、なおさら、この先、若年層以外の層にも転職の注目が高まる気がします。このようなことから、転職することはあなたの身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「会社を辞めて転職」は、評価が下がりやすい傾向が強い、それで損してしまうこともたくさんありました。けれども、時代の流れとともに今現在の会社に固執する意味も必要性も減少しているように感じられます。

看護師でありながらそれ以外の仕事に転職する原因は人によりけりです。

看護師という職業の人の他の仕事に転職に至る理由は、人それぞれです。どういう理由が多いかというと「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって子育て加えて家族の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までのような仕事が難しくなってしまった」「今の収入に大きな不満を感じている」といったような理由が考えられます。しかし、それでも「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、頭を冷やして沈着冷静に現状を見つめ直すことも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したうえで決断してみてください。