かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、ハッキリと記載されていました。

数年前は求人情報には、雇用主が必要とする「性別」につい…

何年か前までの求人情報に雇いたい人の「性別」まで記載されているのがほとんどでした。けれど今では、男女雇用機会均等法の施行等により、採用する際、男女の差別がしてはいけない事となり、応募資格の概要に「性別」が無記載となりました。そうはいうものの、募集情報を出す会社は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですから、実は男手が希望のジャンルに女性が募集にやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまったり、といったようなトラブルが少なくありません。例えば、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、会社側が「女性」を必要としている、と読み取ることがべきです。

転職活動において、重要視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

再就職をする場合、重要なのが「面接」です。普通の面接では、面接官が応募してきた人に対し、転職に至った理由や仕事の意気込みなどいろいろな質問が飛んできますが、そして、面接が終盤を迎えるあたりで次は、転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。面接担当の方から「なにか弊社についての質問しておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人は急なことなので何も聞けないこともあるかもしれません。後々後悔しないように面接の前に面接担当者からの問いに対する、質問の内容を用意しておくのがベストです。冷静に考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。

退職|女性の再就職は、一昔前と現在とは少なからず、違いがあるようです。

女性が転職する時、現在とセクハラが問題視される前では少なからず、状況に違いがあったりします。前は面接の際に、結婚の予定や出産予定について自然に女性に質問していました。でも、今現在はセクハラに該当する恐れがあるとして、質問をしない企業、が当たり前になりつつあります。そして、世間に名の知れた大企業ほど、かなり神経質になっています。そうではあるものの、会社側は、YES・NO、だけでなく、その人の考え、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な対応を漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自身の考えを理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と一緒に伝えることで、企業側にもしっかり伝わり、安心してもらえると考えます。ですので、聞かれていない箇所についても、あなたの方から気遣いながら答えておくとよいでしょう。

転職活動を現在の仕事と同時に行っている人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人が多いです。忙しく仕事をしながら求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも負担が大きいといえます。今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておく必要があります。

退職|派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないこ・・

派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたらすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職を通じて理解しました。新婚した後、生活が落ちついたあとなるべく早く子供を持ちたかったので、それまでの間のために数年だけ今の部署で継続で仕事をしたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員より報酬は少なめでしたが、家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。でも、入社してみたら、一緒に働いている人たちは大半のスタッフが派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣を選択しても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。

これから転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は…

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。勤めている企業側がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすればだれでももらえます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている企業の都合の退職だったり、残業時間次第でただちに受け取れることもあります。このとき、もらえる「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の直近の給料を軸に失業手当の金額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

再就職の時の面接などの際に名刺を渡してきた場合、あなたも同じように相手の方に名刺…

再就職の面接などにおいて名刺を差し出してきた場合、同じようにあなたも名刺を差し出す方が良いのかどうかと悩んだ際は、大体は差し出さないもの、と知っておくと良いですね。転職のための面接というのは仕事の延長上のことではなくて、仕事を得るための就職活動の一環です。ですから大体の場合は名刺をやりとりする場ではないのです。それに、会社の者としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。したがって、もしも相手から名刺を渡さても、こちらとしては、ただ受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手の方に渡す義務はまったくないと推測できるのです。

このところ私は派遣会社に登録して働いています。

このところ私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイトの中でふと興味を引かれる仕事を探し出して問い合わせたところ「残念ながらその仕事は、他の方の採用が内定しています」とお断りされ瞬間的にサイト内からお仕事情報がなくなるのですが、どういうわけか次の日になれば再び載っています。これって結局私だとよくないのだっていう意味ですよね。そうであるならば最初からトラブルにならない程度にはっきりと言ってくれるといいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。それともまた客寄せのための存在しない架空の仕事なのでしょうか?

再就職で勤め先を一新するということは、自分自身に合・・

転職して勤め先を一新するということは、自分自身に合う居心地の良い場所を選んだほうが好ましいということです。向いている仕事に有りつけることも可能です。でも、楽しいことばかりではなく、相応の努力やスキルがないと、転職自体がままなりません。言い換えると、自分の価値をあげれば、天職に就くことができる可能性も広がる、ということです。今は、「職業選択の自由」が一般的に認められているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれるなどの危険も殆どありません。終身雇用制度が死語となりつつあるこんにち「優秀な人材が欲しい」が願っている企業もだんだん多くなっているので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

全くの初挑戦となる業種などに職を移そうとするときに・・

経験したことがない業界などに転身したいと思っている場合には、前の職場で、自分が培ってきたスキルや今までの経験が生きるといった内容のアピールが必要です。未経験の業種の場合、その分その分野で経験してきた人たちよりも事実、不公平な状態になりますが、自分自身が保持している能力がその業種でも生きるということをうまく話すことができれば、戦うことができるケースも考えられるのです。したがって、未経験の業界にチャレンジする場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事とのつながりを必ず見付けましょう。

退職|転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を辞める時…

転職するにあたり、今働いている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もしも自分のほうから退職届を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険が即座にはでません。手続して失業したことが認められてから3か月の期間が必要なのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、この規則について誤解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してそれが原因でハローワークの保険担当者と口論になっているのを見たことがあります。例外として、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定されてすぐに失業保険を受け取ることができます。

転職活動を成功させたい場合、企業そのものというよ・・

転職活動で重要なことは希望している企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。面接で成果を出すためにも、先ずは面接だからといって焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで望むと緊張がとけるかもしれません。更に大事なことは面接係員はまず最初にあなたの「人間性」をチェックしてもらうので悪い評価になるような身なりは注意しゼッタイに避けましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて身だしなみや服装を整えながら、ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって魅力的な人材と思ってもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

安定した人生を欲しがって正規社員として働きたいと考えている人…

安定した人生を願って正社員になりたいと思っている人はかなりいます。が、即戦力として働けるように頑張っていても、正社員としての転職活動そのものが現実化しないこともあります。非正社員の求人はかなりあるのに正社員の求人以外には目もくれずエントリーしない人も多いでしょう。もしも、転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員や派遣社員の求人募集もチェックしてみましょう。契約社員や派遣社員を募集している会社であっても、その人の手腕によって、数年で正規雇用への転身ができることもあるからです。ですので面接を受けた時に、「正社員登用」の機会の有無を聞いておけば人生設計が立ちやすいはずです。

前は「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を使っていました。

今まで私は、職探しは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。というのも大手の転職サイトは特性上、都心の求人情報しかないからです。そのため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、掲載されているいくらか給料や労働条件で差がありますが、地域密着タイプなのでピンポイントで見えるのはありがたいです。また、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするという先入観がある方も多いかもしれません。思いのほか、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、これから転職しようと思うのなら、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」みたいにこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。

再就職しようとする場合絶対に準備しないといけない履歴書などにおいて・・

再就職しようとする際に絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書においては、大方は手書きではなく、パソコンを使って作成するのが当たり前となっています。現在の日本社会では履歴書はパソコンを用いずペンを使って作るのが普通だと思われている面も多々ありますが、それは新卒に関する就活やアルバイトの時の履歴書であって、実際には、転職のケースは履歴書や職務経歴書は絶対に手書きでないといけないとまで言い切ることはできません。手書きを評価する場合もありますけど、そうではない時が徐々に増えてきますから、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でもよろしいケースは意外にも、けっこうあるのです。

転職の面接で着用するビジネススーツのカラーは、新卒の就職活動の際…

転職の面接で着るビジネススーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の時に身に付ける色が一般的なルールとなっています。要するに、黒系や紺系といったようなダークな色味になります。それは転職のケースであっても、着用していくスーツの色合いは黒系や紺系の落ち着いたカラーが多数を占めていて、他の色を着用している方は少数です。あえて言うならば、まれにグレーの人がわずかにいるくらいで、割合からしても黒や紺が大多数を占めているので、面接担当者も黒や紺のスーツが自然に見えますから、第一印象という観点では推奨したいわけです。