ここ最近は、株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、個人事業、起業等、…

近頃、株・不動産投資などといった不労所得で生計を立てたり・・

近頃、株式・不動産投資などの不労所得、あるいは個人経営 、起業等、そういったような変化に伴い、「会社員は安定がない」といった従来の常識も変わってきています。高度経済成長期に関してはどうなるかわからない自営業者よりも組織の一員であるほうが安定性にすぐれていました。人生の正しい進路として、世の中に認識されてはいました。そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、時代は変わって「成熟期」とも言われています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

退職|20代に転職を2度経験して、そして現在、資格をゲットする・・

20代前半までに転職2回で、現在、複数の資格をとるために、派遣社員として働いています。フルタイムの勤務とは違うので毎月の収入が以前よりも少なくなりました。しかし、以前より心と時間に余裕ができました。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると無性に羨ましく見えたりもします。昔は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、劣等感を感じる日もありました。現在は結婚をキッカケに随分と生活環境もかなり変わり、その中で将来の目標も定まったので充実した日々を過ごせています。

昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策が複数、展開されています。経済政策ともに金融政策とも、たがいに作用しあって財界・民間企業ともに新時代となる社会的な変化が具現化されてきています。その変化を受け、一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が社会では多いな問題として取り上げられています。ここ何年かの間で外国人の労働者も増やして人材確保に務めていくであると現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

退職|転職期間では無意識のうちに時間に余裕がある分、だれた生活になってしまいます。

転職期間ではつい時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。でも、そのような過ごし方は避けたほうが賢明です。というのも、気の緩んだ、だれた生活が普通になると、心もダラケテしまうからです。徐々に、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そんな状態になると、負のサイクルができてしまい、次の職場が決められません。転職先を決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えてしまうからです。給料を一番に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られないように暮らしていくためにだれた生活は、意識して避けるようにしてください。

退職|一般的に一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので・・

たいてい大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は容易ではありません。さらに、郊外~地方となると転職のチャンスはとてもきびしくなります。ですが製造業の会社においては、地方の工業団地界隈に運営していることが多々あります。さらに、そういった場所では、事業拡大などの節目に「途中採用」をしていることがよくあるので、そのタイミングを捉えるのです。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、希望する企業についての下調べから事前に知っておきましょう。その企業のホームページを覗いて、求人がないか忘れずにチェックしておきましょう。

転職する場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は・・

転職について考えた場合、転職先となる職場における給料ばかりに気を取られる人がかなり多いように思います。とうぜん誰もが仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費をもらうべく励んでいるのはずです。したがって年収の額は自分の社会的な価値を知る値としての側面もありますから大切なことは当然ではあります。しかしながら、必要である以上に年収に異常にこだわりすぎるのも虚しいものです。よく見れば収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。

長期間接客関係で仕事を行ってきましたが、年齢を重ねると・・

長いこと接客業で仕事を続けてきましたが、加齢とともに立ったままのお仕事は体力的につらく、座り仕事である事務系のお仕事への転職を目標にして行動を起こしました。事務の経験がなければなかなか厳しくて、それなら接客の要素もある受付兼医療事務になりたいと資格を取得して個人医院に転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係においてもややこしい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業をしていた頃よりも帰る時間も遅いわけですが、最初はキャリア形成の時だと観念して頑張ります。

転職のための企業での採用面接でのしてはいけないのは露骨なまで…

転職先での企業の面接に関して、やめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりすることは、正直なところ逆効果になる可能性があります。そうならないために猫をかぶるよりも面接の際は「産休」などの、普通はかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に尋ねておくと、結果的に確実に自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「そんな無遠慮な質問をすると、最終選考に落とされてしまうのでは?」と懸念するかもしれません。しかし、意外なことに、プラスの結果になることは最終的には可能性が高いといいます。こういった「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、面接に応募した人たちの多くは、なかなか聞けないものです。しかしながら、あえて尋ねておくことで「勇気のある人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。

クールビズのスタイルで転職の面接に行く際には、いくらなんでもジャケット・・

クールビズの格好で再就職の面接に臨む場合、やっぱりジャケットまでは羽織って出向くことはないとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイは着用しているほうが印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。タイに関してもなくてもOKだとしている企業もある可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズでもつけなければならないと思っている企業がそこそこ存在します。それゆえに、クールビズが許可されていてもネクタイに関しては着用いく方がベストであるということを知っておいてほしいです。

退職|失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になります…

失業した人がもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、ずっと給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって変動し、3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことにこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると思い込んでいつまでも遊んでいる人がいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから慌てて就職先を探し始めても条件のよい仕事を探すのは難しいです。会社の面接官もバカでは無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった点はそこそこわかるはずです。ときには、面接担当者からその手の質問をされることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、採用は極めて困難になります。

退職|最初に転職をする場合、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかについて…

人生初の転職を行う場合、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかをはっきりすることです。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきでしょう。その上で問題解決が可能な企業を決定してみてください。既卒者の転職活動は新卒の就職活動とは違って、現在の仕事を続けながら転職活動を行っていく必要があるため、時間と体力がなければやっていけません。したがって理由が明確にされないまま転職しようとした場合、途中で挫折してしまう危険があります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という感じの強い気持ちがないあいだは、転職活動を本格的に始めることはやめておきましょう。

3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、あっという・・

この前、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、あっという間に退職してしまう人というのも結構多いといいます。新たな気持で転職先の会社を手に入れたはずなのに「想像していたものとかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」という感じで退職を決意するのだとか。できればこのような、転職に関しての失敗を避けるためには第一に、事前の情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、給与体系、など多角的に前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

退職|転職をするための活動をしている最中は、最初に何よ…

転職をするための活動中はとにかく、なにはともあれ何よりも自分自身の内心が沈着であるということをとても大切にしたいものです。まだ会社を辞めないで転職をするための活動をするのであれば、それほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってからするのだったら、内心が焦燥感が出るものです。なので、冷静になりつつ、活動するように意識しましょう。自分でやってみたい業務、理想と思える職場のイメージをハッキリさせておきましょう。候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか、しっかり、冷静に確かめてみましょう。時間を掛けて判断することで転職で良い結果を出しやすくなります。

今後、私たちの労働環境において思考を必要としない仕・・

将来的に、徐々に簡単な作業は機械化に置き換わってそして、そういう仕事をする労働人口は縮小させられてしまいます。その理由は、考えなくてもできる労働は人間より機械で作業するほうが圧倒的にすぐれているからです。数量をカウントしたり、同じ動きを繰り返すのは機械にとっては何も不自由もありません。人と違って愚痴も言わず、疲れることがありません。また、不正行為をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるのも魅力です。さらには、「人件費」も発生しません。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械にシフトされるもの自然といえます。

転職活動を始めるとき、いろんな手段で情報を集める人が大半だと思いますが、…

転職活動を行うとき、いろいろな方面から情報収集されるかと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に役に立ちます。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社した元社員の復讐によってその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、違った視点から見ると、ウソの書き込みだったのなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。または、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと思い、潰そう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると思っていいでしょう。そもそも、良い会社だったら煙は立ちませんから。

こういう転職という話は友達から聞いた話です。

これは友人から聞いた話です。学生時の就職活動でどうしても勤務したかった最終目標であるA社の最終面接までで行ったけど不採用になって、その先泣く泣く他の会社に就業しました。それから1年経た頃に派遣の求人サイトをチェックしていた際奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を発見し、どうにかしたくなり当時働いていた会社を直ちに辞めて、A社で派遣就業を開始、思い切った行動ですね。必死に頑張ってのちに憧れのA社で正社員として採用されて、現在は仕事に誇りを持ちながらいきいき勤務しています。