もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、資格を取得することで有利になります。

もしも転職をするなら転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。

  • もし将来、転職したいと考えているなら、転職する前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得しておくと、転職の際にあたって幅が広がるので、新しい職場も探しやすくなります。なので、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのベストタイミングといえます。将来を見据え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも後悔なく次に進めます。それに、資格を取得した後では、転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接で面接官に「即戦力」と好意的に捉えられ、これまでより待遇アップも期待できるでしょう。
  • 退職|新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職をしました。最初はかなり不安な日々もありました。社会に出て数年経てば転職をして多数の人が転職をしていることを転職活動中に知り、無意識のうちに前よりも気持ちが楽になりました。1度、転職を経験したことによって不思議と肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分の好きなこと」を再確認できて前向きに過ごせるようになりました。なかには「辞めずに続けることが普通」という転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが正しいとは限らないと思いました。私は転職をやって良かったと思っています。
  • 転職をスムーズなものにするには、あらかじめ、情報を収集することを徹底してみましょう。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、事前の情報収集を徹底してみましょう。ですからネットを見ると企業の名前を知られていない中小零細企業だとしても公式サイトを作っているケースがほとんどですから、ネットの機能を活用してあれこれを調べておくとそれとその会社のわからない点等をチェックしておくと相手の会社を知るのが容易です。それと公式サイト以外にも転職サイトなどを上手く利用することも意外な発見があるはずです。そのほか、インターネット以外の方法として何より転職を考えている希望の職場を自身でチェックしてみることも大切です。
  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。会社のほとんどは履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を判断材料にして面接するかどうかを判断するため、まずはこの2枚をきちんと作成してください。ただ記入するだけにとどまらず、内容の魅力化を図ることも重要です。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き出しましょう。さらに、現在の職場で挙げた実績を、たとえば部門の残業時間を何%減らしました、など明瞭に記してみましょう。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも満足のいく転職をするための一つの手です。
  • 転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ出向いたときのことです。

  • 転職のための採用面接にある会社に出向いたときのことです。たまたま会社にある部屋が空きがないというわけで会社の外で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われて、その場所で解散、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは下りる駅が私と一緒だったのです。なので電車内でも彼とずっと会話をしながら帰宅することになり、緊張がほぐれて面接よりお話が弾んで、それが奏功したからなのか何事もないまま採用を獲得することができました。
  • 転身を検討しているのなら、労を惜しまずに色々な企業を普段からチェックしておけ…

  • 転職しようと思っているなら多くの企業の募集案内を普段からチェックすることが、転業先をとても選びやすくなります。現在の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、本腰を入れて転職活動を始めたときにどの会社も魅力的に思えてしまいます。そういった状況下では、どの企業を選択していいのか迷ってしまうので判断を大きく間違える可能性もあります。すると、最終的にはあっという間に転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引している会社」も要チェックです。透明性ある会社は、取引先の情報を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。また、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。
  • 退職|とある古物商にて、書類選考に受かりました。2、3日し…

  • ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。その後先方から、面接予定日を連絡してもらいました。しかしながら、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。待っていると、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、たいへんにだらしない態度を見せられ、やっとのことで面接が終わりました。でも、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、ガマンできなくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、私の手に届くことはありませんでした。改めて連絡をしたところ、驚くことに、「結果は不採用でした」、と一方的に電話が切られてしまいました。あまりのことに呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと感謝しています。
  • 転職活動をするとき、まず第一にネット上の求人サイトを閲覧したりし・・

  • 転職する場合は、最初に、ネット上で求人サイトを閲覧したりして気になる会社をチェックするはずです。ところが、当該会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。たとえ公開する場合でも遠回しな表現に徹します。そのような類の「社長インタビュー」などに関しては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞き流すべきです。仮に耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、あれこれと難癖をつけて退社できないように策を練ってきます。いわゆるブラック企業に多い例です。
  • 自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと思っている人は要注意です。

  • 得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。これは、私が体験したことなのですが、私の場合、食べることが趣味でそれが理由で、過去には、飲食業界(レストラン)で仕事をしていた期間があります。そのお店での業務は、その飲食店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もなく楽しんで仕事ができていました。けれども、職場の人間関係にすごく疲れてしまったのです。ということが引き金になって、職場を去ったのですが、その結果、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱われていた食べ物も嫌いになってしまい、同ジャンルの店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは素敵ですよね。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、冷静に向き合ってから行動するべきです。
  • 退職|これはシフトの仕事についての話です。

  • シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を前もって確認しておくべきです。以前わたしは出産のため抜けた人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトで、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。前任者が土日は必ず出勤していたので、私自身も同じタイプと思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自分で頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は一人だけなんて・・・。振り返るとよく我慢したなと思います。
  • 転職先を選ぶにあたって、やりがいのある仕事か考えることも大切だけ…

  • 転職先を決める際、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップも大事だけどそれにとどまらず年収アップも大切なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録して前もって研究しています。全く同じ会社でしかも全く同じ職種、経歴であるのに人によってかなりの幅がある場合も少なくなく、ぶっちゃけた話面接の時質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人間について誰なのかだいたいは察しがついてるのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。
  • 転職エージェントは大規模なものに限って、多くの案件を扱っている…

  • 大手転職エージェントは多種多様な案件を持っているという魅力がありますが、その反面、転職を希望するライバルも多くいます。そのため気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフが可能性が低いと判断すれば応募してもらえない可能性もありますし、自分より入社できそうな人がいるとそのライバルを優先して売り込もうとするのです。要するに大手の転職エージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い応募しがたいので、中小クラスのエージェントたちに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できませんか?と相談すると自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。
  • 友人からの紹介によって転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 人からの紹介を通じて転職の先を見つける人もいます。とはいってもその場の労働環境、それに労働時間などの大切な部分を知人の口コミを判断するのはあまり問題です。言うまでもなく、ある特定の人による口コミ情報は性質上、主観が入りすぎてしまい、客観性に乏しくなります。それ故に友人から見たら働きやすい職場環境であっても、自身にとってはまったくそう思えない場合なのかもしれません。またその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 転職のための活動を行っていて例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職のための活動を行っていて面接のときに高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、率直に話してもかまいませんが、これとは違い「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。給料・待遇に対する不満、同僚や上司とのトラブルなど、そういった話をしても、あなたの印象は良くはなりません。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、かなり慎重に質問してきます。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、この企業に入ってこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように巧妙に話をすり替えましょう。
  • 退職|今現在の勤め先や業務内容について不満に感じていることの中に、…

  • 今現在のあなたの職場や仕事の中身についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分のスキルや仕事での能力を真摯に評価してくれない」または、「月給アップも、昇進も出来ない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。けれど、気持ちは分かりますが、そういった不満を持った人のなかには自分自身の実力を過大評価しているケースが多いものです。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と就職するまでの期間が長くなるので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態に陥りがちです。ですから再就職で好結果を出すためには、自分のスキルや能力を多少厳しい目で自己分析してみてください。
  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、「就職活動」しているという証明が必要となります。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。けれども、「今まで一生懸命働いてきたので、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」と考えるのが正直なところでしょう。本当に職を探しているように見せることができるので教えておきます。月に一度のハローワーク職員との面談は避けようがありませんが、その場で求人票を見ることは必ず行う必要があります。本音では探す気持ちがないときは、閲覧だけしてハローワークスタッフとの面談のときに、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念なことに今月はゼロ件でした」と相手に伝え、次の機会を狙っておけば大丈夫です。