クールビズ(軽装)をして再就職の面接会場に行こうとする際には・・

クールビズスタイルで転職の面接に行く場合、ジャケット…

  • クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接に行く場合、ジャケットにおいてはやはり着て行かなくても安心であるとはっきりとわかるのですが、ネクタイはつけて行った方が安心です。タイの着用はなくても良いと認める企業もある確率もなくはないですが、ネクタイだけは例えクールビズが推奨されていても身だしなみとしてしなければならないとするところがいくらか存在します。それゆえに、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイを着用してから面接に行った方が印象が良いというのはわかっておいてください。

  • 失業によって得られる失業保険は、失業している間もらえるが・・

  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、この給付には、しっかり「期間」があります。離職時までに勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、世の中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると勘違いして「失業保険をもらえるあいだは遊びにつかう」という人を見かけますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りながら就職先を探してもろくな結果とならない可能性が高いです。会社の面接官も無能では無いので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容はそこそこ察しがつくでしょう。状況次第では、面接官から失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。しどろもどろになるとまず受かりません。

  • 退職|最初に転職をするとき、頭に入れておくべきなのはなぜ今の仕事を去る必要があるのか…

  • 初めて転職をする際、重要なのはどうして現職を辞めなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておいた方がいいでしょう。問題を解決できる会社を選択するのです。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、働きながら就職活動をするので、時間と体力がなければやっていけません。そのため明確な理由が頭にない状態で転職しようとした場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。絶対に転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがない場合は、転職活動にゴーサインを出すことはやめましょう。

  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、わずかしかたっていない…

  • このあいだ転職したばかりだというのに、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまう人というのも意外と多いものです。何故そうかと考えてみるとリフレッシュな気持ちで素晴らしい環境で勤務を始めてみたものの、「自分自身の思っていたものと大きくギャップがあって幻滅した」「ルールにどうしても慣れなかった」という理由で退職してしまうみたいです。可能ならばこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、はやり転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、昇給システム、など多角的に前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 転職をするための活動中はとにかく、なにはともあれ何よりも…

  • 転職活動を行う際は、常に自身の心のうちが慌てないことをとても忘れないようにしたいものです。まだ会社の仕事を辞めないで転職の活動をしている場合、それほどにはそうでもありませんが、退職をした後にする場合だったら、人というものは焦ってしまいます。そういった点を理解し、冷静になりつつ、活動を続けましょう。自分がやってみたい業務や、思い描く理想の職場などをハッキリイメージしておきましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているか否か、徹底的に見極めていきましょう。しっかり考えることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 退職|私たちの労働環境は、将来今以上に考えなくてもできる労働・・

  • 近い将来、私たちの労働環境においてみるみるうちに簡単な労働は機械で処理されるようになっていき、結果的にそういう仕事をする労働人口は少なからず減少していきます。というのは、短絡的な労働はヒト以上に機械でやったほうが数段に分があるからです。数を数えたり同じ作業をずっと繰り返すことは機械にとってはへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って言い訳もしないし、疲れないし、不正行為をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。加えて、人と違って給料を渡さなくてもいいのがメリットといえます。人を使う理由が到底なさすぎます。機械に置き代わるのも自然の流れなのです。

  • 転職するときには、様々な手段で情報を収集することが多いと思いますが…

  • 転職を行う場合、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが、転職系「口コミサイト」は必ず利用しておくべきです。少し前に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたという理由から、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、辞めた社員の腹いせとしてその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、逆に言えば、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にしなくていいようにも思えます。とはいっても、真実はクロで「このままではいけないと考え、はやく炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。口コミサイトも炎上が原因で注目されるので黙認しますが、好ましくない口コミが多いというのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する可能性が高くなる、と判断するのが妥当だと思います。というか、善良な会社には煙も立ちません。

  • こういう転職ができたという話は知り合いから聞いた話です。

  • こういう転職ができたという話は従兄からの話です。新卒採用として絶対に入社したかった憧れていたA社で行われた最終面接までで行ったけど不採用になって、それから先他の会社に就職しました。そのあと1年経ったぐらいに派遣の求人のサイトで偶然A社の紹介予定派遣の求人が目に入り、いてもたってもいられずその時の会社をすぐさま退職し、A社での派遣の勤務を開始、真剣に頑張ってそれからなんとかA社で正社員として仕事をすることができ、今ではやりがいを感じながら明るく仕事しています。

  • 転職時の面接では面接担当から「転職理由を聞かせて頂けますか…

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。面接担当から「転職の理由は何ですか?」といった形で、ほぼ質問されます。この場合、どれだけ正しい意見だと思っても、過去の職場の「人づきあい」「働く環境」についての不満やトラブルを絡めた内容は、なるべく避けましょう。こういった話をしてしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接時は、「前向き」な内容に徹底することが大事です。正直な理由でなくとも、「新しい職場では自分の能力をより発揮し、御社に貢献していきたいと考えています。」のような売り込みの形が担当者には受けます。

  • 転職先でそれまでに身に付けたスキル・キャリア生かすことができれ…

  • 新たな職場でこれまでに培われてきたキャリアを活かせられれば、即戦力として見なされ、直ぐ仕事場にも馴染めるし、人を募集している会社側も、そのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、難なく採用されるでしょう。しかも、かつての業務内容と同じような仕事内容なら確率は十分にあります。そういっても、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務系の仕事や、公務員といったジャンルは、昔と変わらず相当な難関となるのは違いないでしょう。

  • 派遣として働いています。労働契約法の関係で残念なが・・

  • ある会社に派遣されて働いています。労働契約法のせいで長くお世話になった就業先での仕事が終了します。同じ派遣である人の中には、派遣先で正規社員のポジションをつかんだ人もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけると仕事ぶりというよりは派遣先の上司の扱いが得意な人でお引き立てがあった模様。仕事ができるかどうかよりもおじさんに媚びるスキルの方が必要なのだろうと他の派遣仲間と勤務先でいつも愚痴っています。

  • 雇用期間にあるときは、出来るだけ周りの人間にバレないよう…

  • 就労であるのなら、出来るだけバレないよう(ちなみに私のときは)在職期間中に転職の意図のみを活動初期の段階で同僚に言ってみたことがあります。ですが、それから、転職サイトを散々見て回ったものの、結局は就職先も転職時期さえも何も決まらないまま、ダラダラ時が過ぎてしまい、その一方、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職予定日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験し、次の就職先を探すことになりました。

  • 退職|職を探すのに、ウェブ上でのエージェントつまり斡旋してくれる会社がある・・

  • 新しい職を探す際、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用するケースもありますが、もしその業者に登録し、幸運にも職を得ることができた場合でも、「失業保険」の給付は受けられません。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても失業保険とは無関係なので注意する必要があります。これに対し、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職したときは、就職のための準備金として、一時金が支給されます。インターネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険などの手続きはしてもらえません。これを押さえておかなければ、失業中に給付金を手に入られないので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

  • 転職において、今の会社を辞職した後で転職しようと考える人もいますが・・

  • 転職を考え始めたときに、まず今勤務している会社を辞職した後でと思っている人もいるようですが、辞めてから転職活動をする際には会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておきましょう。社員にボーナスを支給する企業は多いですが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをもらえるのがあとわずかだったら、それを待ってから退職するというやり方も賢いやり方です。ボーナスは結構多くもらえるはずなので、もらっておかないともったいないとも言えるでしょうから、転職しようと思ったらボーナスが支給される日について確実に把握しておくと賢い方法です。

  • 最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

  • 今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、社名の公表がなされるなど厳罰を与える傾向にありますが、まだまだ問題が多いというのが現状です。そのため、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらを使って堂々と質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、回答を避けるなど逃げ腰になることがよくあります。「休日」「残業」「給与」に関しては、質問してみると、渋い顔をするケースが多くあります。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だと見破ることができます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、何か違和感を感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

  • 昔から”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、「終身雇用制度」といわれる現代で・・

  • 日本には”石の上にも3年”という教えがあります。現在の社会では「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでなくなっています。しかしながら、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に再就職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。最初に、今やっている職場、や仕事内容について、嫌だと強く感じていることを、10個、少なくても最低5個は紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、再就職がスムーズになるはずです。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、ためらうことなく、良い職を手に入れられるように進めることが大切です。