今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、もし・・

退職|ここ最近は、株式・不動産投資の不労所得で収入を得たり、…

今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、起業といった形で生きる方法も人気です。そういった変化に伴い、「自営業は不安定だし危険」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長の頃に関しては、将来が不安定な自営業で生きるよりも雇用されて働いているほうが大いに安定していて、人生の花形として、またそれが自然のことのように一般の人々に認知されてはいました。そんな成長期は終わり、現在は、「成熟期」という名がいうらしいです。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

退職|私は20代で転職を2度経験して、今現在は資格を取るべく…

私は20代で転職を2回経験し、現在、いくつか資格を取得するため、派遣社員になりました。常勤の勤務でないため、毎月の収入が以前よりも少なくなりました。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生のときに資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、身近にそういった人を見てしまうと少し羨ましさを思います。前までは、それなりに成功している人と自分を比べ、何度か劣等感を感じることもありました。しかし現在では、結婚してから、がらりと生活環境が変わった今、その中で将来の目標も定まったので毎日が充実しています。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況につい・・

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。現在の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」といった新たな経済政策を打ち出し、内閣が打ち出した経済政策共々金融政策ともあいまって財界や企業間においても次世代の変化が増加しつつあります。その変化の中で、民間企業サイドでも若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が社会では大きな問題となっています。将来的に「外国人の労働者」の数を高めていくつもりでいると現内閣は語っています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用・転職事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

転職の間は、つい気が緩んでしまい、だれた生活になってしまいます。

転職活動中は、ついつい時間がある分、だれた生活になってしまいます。けれども、そんな風な過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。それは、だらだらと過ごす生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響があるからです。徐々に、働く気力も失い、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。そんな状況になってしまうと、生活も仕事も悪循環になり次の仕事が決められません。転職先を決められなくなるのは、給料を第一に考えるからです。お金を最優先事項に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をする意味でも、ダラけるような生活はしないように常に意識を持ちましょう。

退職|多くの場合大きな会社は「定期採用」で人材を確保します。ですから…

一般的に大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。それに、都心以外だと転職の可能性がずっと低くなるでしょう。しかしながら「製造業」であれば、都市部でない地方の工業団地等に工場展開している事も少なくありません。さらに、そういう地方工場では事業分野の拡大時に「途中採用」をしているので、このタイミングを利用するのが無難です。地方の工場に転職したいなら、転職を希望する会社についての情報を収集しておきましょう。ホームページを覗いて、求人予定がないかちょくちょく確認しておくと間違いがありません。

転職について考えた場合、転職先での自分の給与について気にする…

転職というものをしようと考えたとき、その職場の自身の給料を過剰に気にする人がかなり多くいるようです。もちろん大半の方は、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費をもらうべく励んでいるのはずです。とうぜん年収がいくらかは自身の評価という見方もできますから、当然大切と感じるのは当然ともいえます。しかしながら、愚かにももらっている年収額に異常にこだわりすぎるのも寂しい気がしませんか?この世には収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、やりがいを感じられることが少なくないからです。

長いこと接客業で勤務してきましたが、年齢を重ねるにつ…

ずっと接客業で勤め続けてきましたが、歳をとるにつれ立ったままのお仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事ができる事務の仕事への転職を視野に入れて行動にうつりました。事務が未経験となるとなかなか難しくて、それなら接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人の医院に転職をしました。周りは超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた時より帰宅する時間も遅いのですが、とりあえずはキャリアを形成しておかなければいけないと諦め頑張ります。

転職を成功させるための面接に関して、勘違いしている人が多いのです…

転職時の採用面接に関して、してはいけないのは良い印象を与えたいと過度に猫かぶりしていると、残念なことに採用を勝ち取れないこともあり得ます。ですから、その場を繕うのではなく面接の際は「給与システム」など、多数の人がかなり質問しにくい内容を思い切って聞いた方が最終的にあなたのためにもなります。実際には「そんな無神経なそういった質問をすると最終選考に不利になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。けれども、意外なことに、プラスに作用することは最終的には可能性が高いのです。こうした労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が気になっています。とはいうものの、面接結果に影響するのを恐れ、聞かないのも事実です。それをあなたが勇気を出して質問をすることで、「正直な人だな」と自己アピールになるのです。

クールビズスタイルで転職の面接にチャレンジする際には・・

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接に行くときには、ジャケットに関しては着用しなくても安心であるとはっきりとしています。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイにおいてもなくても大丈夫だと認める会社もある可能性はありますが、ことネクタイに関してはクールビズであっても必ず着用する必要があると考えている企業がある程度あります。ですから、例えクールビズの恰好ではネクタイを絶対に着用してから面接に行った方が安心であるということをわかっておいてください。

退職|失業した人がもらえる失業保険は、失業中でなければもらえませんが・・

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだは給付条件になりますが、給付される期間が定められています。失業時までに働いていた期間によって3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、驚くことにこのような事実を理解していない人が少なくありません。いつまでも遊んでいる人がいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り慌てて就業先を探しても条件のよいところを見つけるのは至難の業です。会社の面接官も無能では無いので、失業中に何をしていたかといった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。ときには、面接官からそういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、不合格となるおそれもあるので要注意です。

人生ではじめて転職をするなら、頭に入れておくべきなの…

人生初の転職を行うのであれば、注意しなければいけないのは現在の仕事をやめたい理由を明確化しておく必要があります。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきでしょう。その上で問題を改善できるであろう会社を決定していってください。社会人の転職活動は、新卒の就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を続けながら転職活動しなくてはならないことから、時間と体力が必要だといえます。だからこそ理由がはっきりしないまま転職活動をしてしまうと、途中で挫折してしまう可能性もあります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」という強烈な気持ちがない場合は転職活動のスタートを切ることはやめておいたた方がいいでしょう

退職|ほんの2ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わら…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう人というのもとても少なくないのです。それは心機一転、自分自身に合った仕事環境を見つけたというのに、「理想としていた職場と大きくかけ離れていた」「雰囲気にどうしても馴染めない」といったことで退職してしまうみたいです。可能ならこういった転職における失敗を繰り返さないために、まずは事前の情報収集を徹底する、に尽きます。通勤にかかる時間、昇給システム、など多角的にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

転職活動を行う際は、最初に必ずあなたの心がスッキリして・・

転職をするための活動をしている最中は、まず必ずあなたの心のうちが慌てないということをとても大事にしたいものです。在職中に転職活動を行う場合はそれほどには気にしなくても良いですが、退職してしまってからする場合、やはり気持ちが焦りが出てしまいます。ですので、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けていきましょう。自分でやってみたい業務、思い描く理想の職場などを具体的にしてみてください。そして、実際の職場と比べてみて、それらが矛盾していないか、冷静になって見極めることが重要なのです。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

この先、私たちの労働環境において、ますます思考を必要としない労働…

将来、私たちの社会的環境においてぐんぐんとシンプルな労働は機械で対処されるようになりその変化によってマンパワーはどう考えても削減されます。なぜなら短絡的な仕事という観点では人間が作業するよりも機械で進めたほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数を数えたり同じ作業を延々と繰り返すことは、機械なら問題ありません。もちろん人間とは違って愚痴を言わず、疲れることもないし、ずるもしない、早いし均一だし、おまけに人と違って給料が発生しないのも違いですね。ですので、労働力として人を使う理由が無いため、機械化が自然の結果といえます。

転職活動を始めるにあたって、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思います…

転職するときには、さまざまな方向から情報収集されるとは思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。過去に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐としてその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、投稿の内容が真実でなければ、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。でも、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではいけないと考え、なんとか火消ししたい」と考えているのかもしれません。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが目立つということは、その分トラブルが発生する可能性も高いと思っていいでしょう。何より、良い会社にはトラブルとは無縁です。

従兄の友達の話です。新卒でなにがなんでも入りたかった…

こういう転職ができたという話は従兄の友達の話です。始めに新卒で死んでも入社したかった目標であるA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら内定を得ることができず、ですから仕方なく別の会社で働くことになりました。その後数年経った頃に派遣の求人サイトを閲覧する中で偶然A社の紹介予定派遣の仕事が目に入り、いてもたってもいられなくなって当時働いていた会社をすぐさま退職し、A社での派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってそれから先希望通りA社で正社員登用され、今は仕事に誇りを持ちつつ元気に仕事をしています。