仕事を変えると、高い確率で前の仕事のほとんどは美化された記憶となります。

転職した場合には、高確率で前職でのほとんどの記憶は美化されます。

  • 仕事を変えた際には、大体の場合、それまでの会社の仕事での美化されるものです。本当は今の仕事に問題点があるから、それを解決するべく転職を決意したはずなのに、時の流れとともにどういうわけか「前の仕事のほうがマシだった」と思えてくるのです。というのも当たり前で、前の職では日々の仕事に慣れていて、簡単に与えられた仕事が淡々とこなせていたからというのが一番の理由にあると思います。だが実際は「転職なんてしなけりゃよかった」と真剣に思うほど、前の職場のほうが職場環境や報酬が良いケースもあります。

    転職時の面接で決まっているかのように追求されるこ・・

  • 再就職をする際に面接でほぼ必ず問われるのは前の職場を辞めた経緯についてですが、このような質問になった際には話の中心を前の職場にしない方が好ましいです。会社を辞めるに至った経緯が話の中心になると言うまでもなくマイナス要素を伴った内容になってしまいますから。どのように話せばいいかと言えば、どうして前の職場を退職したかという点をこの職場にどうしても入社したい理由があったからといった感じの話に進めるべきであり、今面接に来ている会社の方に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、その会社の話であれば、悪い面ではなくプラス面を印象づける辞職の訳にすることができます。

    今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。特許出願の経歴がある人は、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人以外にも、「研究開発論文」を発表した人や、新聞で紹介された人など、何らかの実績も持つ人をターゲットに電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングの話が出てきた場合は、心当たりを考えてみてください。極稀にヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する業者もあるらしいですが、その手の輩はおそらくはイカサマなので、騙されないようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が負担するものではありません。

    退職|求人誌をチェックする際、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど・・

  • 求人に関する情報を見る際、例えば、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど製造業を見ようとしないものです。そういった人のほとんどは「製造業での募集は、現場の製造マンだけ募集している」と間違って解釈しているケースもあります。実際に、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理のような「事務系」に類する部門もかなり存在します。けれども、製造業がある場所はビジネス街のような環境とは違います。ですから、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。そうした事には自分のこだわりを捨ててみることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

    派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣として働く会社が決定しました。お仕事開始の初日に営業を担当している人と就業先の会社近くのコンビニで待ち合わせをしたところ、どういうわけか約束したお店の前にいないから中にいるのではないかと考えコンビニエンスストアの中に入ってみたら彼は驚くことに雑誌コーナーの前にしゃがみ込んでいやらしいグラビアのページを開けてじっと見ているのを発見!こんな人に担当されるなんて絶対に無理だと思って、その場で声をかけることなくお店を出て速攻派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

    転職を繰り返さないためにすることは一つだけです。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは関連性のないことでも、メンタル面を強化することができます。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。海外に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、刺激が山ほどあります。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国してみると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかしながら、退職後しばらくの間はメンタルが弱くなりがちなので、その後のために休業期間も必要です。

    自身のスキルを有効活用しつつ、再就職を検討する場合・・

  • 今ある自分のスキルが有利にはたらくように転職したいと思っているなら、転職しやすい業界と、再就職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。すんなりと転職がかなう職種としては、人材不足が社会問題にまでなっている医療・介護業界が最たる例です。医療や介護の業種では看護師や介護士資格が必要であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。こうした業界で働く人が、とある事情によって異業種へ再就職したいと思っているのなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は少なくなります。というわけで、簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職を本気で考えるのであれば、医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

    退職|今やっている転職する活動の際、「今までにこのような内容…

  • 励んでいる転職する活動時、「自分は今までずっとこういう種類の仕事をしました」「今までにこういった経験を身につけることができました」と自分自身の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしようと考える人は多くいます。でも、希望する新たな職場で「このようなことをしてみたい」「斯くの如き内容の仕事をするのならできれば貢献したい」と未来の話をして自分自身をアピールしていくほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

    退職|転職活動をする場合に気を付けたほうがよい求人の募集内容は・・

  • 就職活動をする際に注意すべき募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いというものです。このような案件は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがたいへん多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間や45時間というように求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これくらいの残業が発生するため、給料に残業代を組み込む、といったものです。(合法です)例えば『みなし残業代25時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」ということになるわけです。しかし、悪質な求人では、この『みなし』を表記していない可能性もあるので注意をしておきましょう。

    もしも転職することを、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと・・

  • もしも転職することを、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ると職場の状況が一変するおそれがあります。働いている会社の環境によっては、意地悪されるかもしれないと想定しておいたほうが賢明です。加えて、超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。そういった状態を回避するため、仕事をしている現場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。また、何の問題もなく円満退職できれば、転職後、何かあったときに相談できるような良好な関係性を持っておくことができます。業界や規模に関係なく、どんな会社でも、人とのつながりは大切なので、仕事を辞める前のトラブルはしっかり回避しておきましょう。

    転職エージェントは一度登録すると、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。

  • 「転職エージェント」で登録したあとに、頻繁に電話やメールをしてきます。初めて利用した人はかなり驚くことが多々あります。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが仕事なので、本当に積極的に行動します。大手のエージェントは成就させると企業からお金をもらえるシステムであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定がでた直後に、入社を強引にすすめてくることがよくあります。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように気を付けなければいけません。

    再就職を考えている際に目を光らせることになる募集事項に関しては・・

  • 転職をする時にチェックすることになる募集内容の情報というのは、おおまかなものとして記載されている、という可能性がありますから、そこに書かれている内容はすべて正しい情報だとは信じない方が好ましいと言えます。なかでも生活に大きくかかわってくる報酬の金額などにおいては、社員を平均して出した値なのか?それとも最低限の金額なのか?一番高い給料なのか?といった読みができない転職者も多く、自分で適当にとらえてしまうと、今後、そのことを悔いる事も少なくありません。そのため、悔しい思いをしなくて済むように、仕事の情報というのは、基準だと思って、そのようなとても重要な内容は会社の方に直に連絡を取るのが適切でしょう。

    一昔前の求人情報には、募集条件の中に「性別」が、しっかりと記載されていました。

  • 数年前は求人誌に必要とする人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。しかし、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用する際、男女の差別があってはならないルールが決まり、求人情報の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。しかし求人募集をしている会社は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。実際、男性必要な案件に女性の応募が殺到したり、女性希望の会社に男性が来てしまったり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍できる仕事場です」と記載があれば、希望しているのは女性だと捉えておいたほうが無難です。

    再就職をするときに重視されるのが「面接」なのは間違いありません。

  • 再就職をするときに比較的重要となるのが間違いなく「面接」になります。多くの場合面接の際は面接担当者が当人に対して転職を決めた経緯や仕事の意気込みなどいろんなことを尋ねられると思います。そしてほぼ100%、面接の終盤になると、今度は、面接希望者側からの逆質問に切り替わります。面接担当の方から「何か弊社について疑問点はありますか?」と。こんなときは、面接者本人が答えを用意しておらず、質問を遠慮してしまう可能性もあります。こういった場面に備えて、面接の前には面接官からの質問を想定し、質問の内容をいくつか考えておきましょう。具体的に知っているわけではありませんから、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

    女性が転職するに当たり、一昔前と今日とでは少なからず、状況に違いがあったりします。

  • 女性が再就職する際、数年前と現在と若干の変化があるようです。一昔前は面接の場で、結婚の予定や結婚後の仕事などについて、質問していたのですが、現在の流れとしては、こういったデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問を避ける会社が増えています。また、世間に名の知れた大きな会社の場合は、NG質問として露骨に避けるようになっています。けれど実際、会社側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたい、出産後の細かい予定を知っておきたいとは思っています。あなたの価値観をわかってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと併せて表現することで、相手側にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると思うわけです。というワケで、質問されていないことでも、こちら側から気遣って話をしておくのが良いです。

    転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。とはいっても、忙しく仕事を行いながら求人を調べて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面だけでなく肉体面もかなり骨の折れる作業といえます。また、転職活動時は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すれば面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、そうではなく直接応募していた場合も応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と徹底しましょう。