以前の求人誌に求める人材の「性別」まで明確に記載されていました。

退職|かつては求人誌に募集条件の中に「性別」が、きちんと書かれていました。

昔の求人情報に「性別」がきちんと明記されていました。しかしながら最近では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が雇用の際にしてはならないという決まりになり、募集要項の詳細に「性別」が無記載となりました。そのような変化があったのですが、求人募集をしている会社は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですから、本当は男性必要な案件に女性が応募したり、女手が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。例えば、「女性が活躍する職場です」と紹介されていたら、これは女性を望んでいると解釈しておいた方がトラブルを避けられます。

転職時、重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。

転職活動において、要となるのが「面接」なのは間違いありません。通常の面接の際は、面接担当者が応募してきた人に対し、転職の動機や退職理由などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。面接担当の方から「弊社に関して何か疑問点はありますか?」と。そういった質問が来たときは、対応できず、何も聞けなくなったりするものです。後で後悔しないためにも、予め面接官からの質問を想定し、聞きたいことを整理しておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。

女性の再就職において、ここ最近と一昔前では多少の違いがあるようです。

女性の転職に際して、今現在と数年前では若干の違いがあります。かつては面接の場で会社側から、「結婚の予定」や「出産後の予定」などのことに関して、女性たちへ質問していました。しかし、現在の流れとしては、こういったデリケートな内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞かない企業、が当たり前になりつつあります。特に大企業の場合は、この手の質問をNG質問として扱われています。しかしながら、会社側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その女性が結婚後・出産後の具体的な予定を知っておきたいと思っているものです。自身の考えを伝えるためにも、志望した動機や自己ピーアールと一緒に伝えることで、相手方にもしっかり伝わると考えます。ですから、たとえ、聞かれていない内容でも、こちらから気を遣って答えてみると良いでしょう。

今の仕事をしながら、同時に転職活動を行う人は多いです。

現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。しかし、忙しく仕事を行いながら求人案件案件を調べながら応募したり、面接を受けるのは精神面だけでなく肉体面もハードだといえます。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。とりあえず応募する、という人がいますが、書類選考が通ってしまい、面接が決定した後で辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、自身で直接、応募した場合も応募した会社から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自分の貴重な時間を浪費することになるので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると理解しておくべきです。

退職|時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎた…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと転職を通じて理解しました。私は結婚して落ち着いたらすぐに子供がほしかったので、妊娠するまでの期間のために数年くらい現在の職場で仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、給料は少なかったですが、仕方ないので家庭の時間のために、この道を選択しました。ですが、入社したあとで、一緒に働く人たちは大多数のスタッフが派遣の仕事を10年~15年ほど勤務しているというのです。派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

今から転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は…

今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、できれば失業手当をもらうことをおススメします。勤めている企業側が「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合の退職、または残業時間次第でただちにもらえる場合もあります。もらえる失業手当の金額は会社の仕事を辞めた月の直近の給料をもとに失業手当の支給する額を計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

転職での面接などの時に名刺を渡された場合、同じように自分も名刺・・

転職における面接などに関して名刺を渡してきた場合、あなたも名刺を相手に渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだ際は、たいがいは差し出さないもの、と知っておくと良いですね。転職のための面接というものは仕事内のことではなくて、職を得るための採用活動内のことなので、普通に考えれば名刺をやりとりする場ではないのです。それに加えて、あなたは会社の人間としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。という事で、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらに関しては、ただ受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手側に渡す義務はまったくないと推測できるのです。

退職|このところ私は派遣会社に登録して働いています。

このところ私は派遣の会社に登録をしています。インターネットサイトの中でなにげなく気になる仕事を見つけ問い合わせを行ってみると「そのお仕事はもう別の人で話が進んでいます」と言われてしまい瞬間的にサイト上からお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか次の日になればもう一度載っています。ということは結局は私だとよくないのっていう意味ですよね。それであるならば変に隠さないくらいに正直に教えてくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それとも客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?

転職して勤め先を新しく替えるということは、自身に見合・・

転職で職場を一新するということは、自分に合う職業を探したいものです。職場を変えればあなたに適した仕事に有りつけることも可能です。しかし、プラスの面だけではなく、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。言い換えると、あなたの力量次第で、「天職」に出会える、ということなのです。今の社会は、「職業選択の自由」が社会通念上として認知されているので、天職の道を選んだとしても特にトラブルになることはないでしょう。事実、終身雇用がなくなりつつあるこんにち「価値ある人材が欲しい」と思っている企業もだんだん増加しているので、今の良い時期に転職を考えてみるのもアリだと思います。

初挑戦となる分野などに転身する際には、自分が前の会社で…

未経験の分野などに転身する際には、以前の仕事で身についた腕前や経験したことが生かせるといった内容の訴えが必要です。その業界に勤務したことがない人は経験していない分その分野で勤務したことがある方よりも正直、損にはなりますが、自分が保持している能力がその場でも生かせるということを相手に伝えれば、戦うことができるケースも十分にあります。ですから、未経験である業種に挑戦するときには、その業界と今まで自分が経験してきた仕事とのつながりを必ず考えましょう。

転職するにあたって、現在勤務している会社を辞める時に…

転職をするために今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、仮に自らが希望して退職願を出して退職する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐには出ず手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って会社を辞めた翌日から3か月経過すればもらえると勘違いしている人がいますが、この規則を誤って理解している人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。ですが、自己都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定を受けてから即座に失業保険が給付となります。

退職|転職活動で大事なことは希望する企業相手というよりもどちらかと言えば面接係員と…

転職は、最初の第一歩は希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。しっかりと採用してもらうために、第一歩として面接だからといって冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げると出来ればお見合いのような気分でいる望むと良いかもしれません。面接に進むと最初にあなた自身の「人間性」をくまなく見られるので悪い評価になるような言動は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ社会人らしく面接に適した服装で向かいましょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。

安定した生活基盤を求めて正社員として働こうと考えている…

安定的な人生を手に入れるべく「正社員」として働こうと思っている人は少なくないでしょう。ただ、即戦力として働けるようにかなり努力していても、中々正社員としての転職活動そのものが難しいケースも少なくないはずです。契約社員の求人情報があっても、正社員の求人情報に執着しすぎて、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。なかなか、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、派遣社員に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、企業の一部は、実力次第で、2,3年で正規雇用にステップアップができることもあるからです。面接を受ける際に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかをヒアリングしても将来設計にも役立ちます。

退職|これまで私は、職探しは「転職サイト」よりも「ハローワーク」を優先していました。

これまでの私は、「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に通っていました。その理由は、大手「転職サイト」は、いつも都心の求人情報しか掲載していないからです。このため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、求人募集をしている企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域に貢献している企業もあり、安心できます。また、「ハローワークって地味な雰囲気がある」という先入観がある方もいるかもしれません。思いのほか、良い求人もそこそこ掲載されているので数年以内に勤めている会社を辞めたい場合は、お近くのハローワークへ1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトのように執拗な電話やメールが送られてくる心配もありません。

再就職しようとする場合用意する必要がある履歴書に関して・・

転職をする場合準備する必要のある履歴書や職務経歴書に関しては、大体、自筆ではなく、パソコンを用いて作るのが当たり前となっています。日本国内は履歴書はパソコンを用いずペンを使って作成するのが当然と思われることもありますが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトについてであって、実際のところ、転職においては手書きじゃないといけないとまで言い切ることはできません。自筆を高く買う企業もありますけど、そうではない場合がだんだん増加してきますから、パソコンを用いて作った履歴書でも良いとする会社は多いのです。

退職|転職の時の面接でいるスーツの色合いは、新卒の就活の際・・

転職の時の面接でいるスーツの色においては、新卒の方が就活の際にに着用するカラーが安全です。言い換えるならば、黒や紺色の暗い感じの色合いになるわけです。それは転職でも、着用していくビジネススーツの色合いは黒系や紺系のカラーが多数で、そうでない色を着用している方は少数派です。あえて言うならば、グレー系を着ている方がわずかにいるほどで、一般的には黒系や紺系がほとんどを占めているので、人事側からしても黒や紺のスーツが違和感なく見えますから、第一印象という点ではおすすめしたいのです。