再就職のときに行われる面接というのは、中堅企業だっ・・

転職時の採用面接では、中小企業だったら「人事」が面接官となります…

  • 転職の際の採用面接では、中小企業であれば、ほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。例えば、今後仕事を一緒にしていく現場の責任者、簡単に言えば中間管理職である部長や課長が担当することになるでしょう。また営業や事務などの部署に転職する場合は、資格での人の良し悪しを判断しづらいですから、きちっと自身をアピールしていくことがとても必要であります。面接担当者から「この男はしっかり主張するし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。
  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人でその意志が本当に強いものであるなら、辞職したいということを速やかに上司に伝えるべきです。しかし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられます。実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職したいことをはじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際ではなぜか辞められたのはその年の11月です。本当ならは仕事の落ち着いた年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りには進みませんでした。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての前の職場に対して呆れてしまいました。
  • 退職|以前は看護婦と呼んでいた看護師という仕事は、歴史的に・・

  • その昔は看護婦と言われていた看護師は職業として歴史的背景から女性の割合がすごく高い職種です。加えて、気力・体力のかなり消耗が激しい特徴もあります。とうぜん職場環境での対人関係で行き詰まったり、結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスを難しい仕事でもあります。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多いのが現実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に変わらず継続しています。なので、それぞれの医療機関は看護師を欲する「売り手市場」であり、これが転職の希望者が後を絶たない原因になっているのでしょう。
  • 近頃はPCやスマホを使えばネット上では、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものが…

  • 最近PCは便利でネットの世界では、今では転職系のサイトが数多く存在します。サイトから自分の目的に合致した転職先を見付けるために、最初は情報を集めることが欠かせません。こういうサイトをうまく使いこなすことで、よりスムーズな転職が実現します。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大切ですからよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。
  • この頃では、株式・不動産投資などの不労所得で生活資金を得た・・

  • ここ最近は、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような変化もあるせいか、「起業することは不安定だしキケン」といった今までの考えも変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、どうなるかわからない株式投資や自営業よりも会社勤めの方がずっと安定性にすぐれ、人生の正しい道として、世の中に認識されていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」などと言われています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。
  • 20代までに転職2回で、現在、資格をゲットするべく派遣社員として企業に採用されました。

  • 20代で転職を2回した為、現在、資格取得のため、「派遣社員」で勤務しています。フルタイムの勤務とは違うので手取りは安くなりました。しかし、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生時代に資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。きちんと資格を活かしている人を見ると非常に羨ましいと見えてしまいます。自分よりも上手くいっている人と比べ、ガッカリする毎日でしたが、現在では結婚してから、私の生活自体が大きく変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたのでしあわせな生活を送れるようになりました。
  • 退職|昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。現在の安倍政権では、「アベノミクス」や三本の矢で新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界・民間企業側からも新時代となる変化が出つつあります。そのこともあって企業の側でも労働人口の減少による「人員不足」が社会では大きな問題となっています。なお、外国人労働者を現状よりも増加させていく、つもりでいると安倍政権は語っています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響が出てくるのは当然のことといえます。
  • 転職するための期間中は、どうしても、時間が有り余っている・・

  • 転職の間は、知らず知らずのうちに時間に余裕があるため、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。しかしながら、そのような生活はできるだけ避けたほうが良いです。なぜなら、気の緩んだ、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「精神的」にも悪影響があるからです。やがて、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そうなってしまうと、悪いサイクルにはまり次の仕事が見つからなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、給料を第一に考えるからです。給料を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、しないように気を引き締めましょう。
  • たいてい大きな会社は定期採用中心で、転職希望者には向いていません。

  • 大半は大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。しかも都心以外だと転職のチャンスが低くなるでしょう。例外として、製造業に関連する企業に関して言うと、地方の工業団地付近に製造の拠点としていることも多々あります。そういう地方の工場は、事業拡大に伴って人員募集をすることも珍しいことではありません。このタイミングを捉えるのです。そのためには、地方の工場に転職したい場合、希望する企業についての下調べからあらかじめ得ておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人予定がないかマメにチェックしておくと間違いがありません。
  • 転職について考えた場合、その職場の自分の年収について気にする人が…

  • 転職というものをする場合、転職先での年収ばかりに気を取られる人がかなり多くいるでしょう。とうぜん確かに、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として得るべく精を出すはずです。年収がいくらかは自分自身がどれほど評価してもらえているか、としての側面もありますから当然大切と感じるのは当然なのですが、しかし、必要である以上に年収というものに異常にこだわりすぎる生き方というのも虚しいものです。よく見れば年収にあまり反映されない仕事であっても精神的に満たされる可能性があるからです。
  • 長いこと接客業で仕事を続けてきたのですが、加齢ととも…

  • 長期間接客関係で働いていたのですが、年のせいか立ち続ける必要のある仕事は体力的にしんどいため、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを志して活動しました。事務の経験がないとなるとわりと厳しくて、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も取り個人の医院に転職することができました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけで人間関係に関しても複雑。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも帰る時間も遅いのですが、まずはキャリア形成の時期と思って仕事に励みます。
  • 転職を成功させるための採用面接での、よく思い違いがあるので…

  • 転職の際に必須となる採用面接では、勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりをすることです。すると思いのほか採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうならないためにその場を繕うのではなく面接時は、「残業」などの、多くの人がかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に聞いておくと結果的に間違いなく自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「面接の段階で質問をすることで最終選考に響くのではないか」と不安が募るかもしれませんが、けれども、かえって良い結果をもたらす可能性が高いといいます。こういった「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいえ、多くの人が気を遣ってモジモジして質問できません。けれども、あなたが勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。
  • クールビズの格好をして転職の面接に行く際には、さすがにジャケットま…

  • クールビズをして転職の面接会場に行こうとするときには、ジャケットに関しては着用していくことはないとわかるのですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもジャケット同様になしで良いと考えている企業もあるケースもあるにはあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズだろうと身だしなみとしてすべきだとする会社があります。そんな訳で、例えクールビズと言われていたとしてもネクタイにおいては着用から行った方が悪い印象を与えないということはお知らせしておきます。
  • 失業した際に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されませんが・・

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、なんとこれを知らない人が一定数います。仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて遊び続けている人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから慌てて仕事を見つけようとしても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」といった箇所はそこそこわかるはずです。相手によっては、面接担当者から失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、まず受かりません。
  • 退職|はじめて転職を行う場合、重要なのは仕事を変える理由…

  • 人生で初めて転職を行うにあたって、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかをクリアにしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが賢明でしょう。その上で問題解決が可能な会社を決定していきましょう。転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、今の仕事をこなしつつ就職活動をやっていくので、時間と体力とが必要だと考えられます。したがって理由がはっきりとわからないまま転職活動を開始した場合、途中で挫折してしまうことがあります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという感じの強い気持ちがない場合は、転職活動を始めるのは、やめておくのが得策です。
  • 2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、あっという間…

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、慣れもしないあいだに辞めてしまうことを決断する人が意外と多かったりします。何故かと考えてみると私の考えをいうと気持ちも新たに、新たな会社を手に入れたはずなのに「自分自身の想像していた職場と堪えられほどギャップがあって幻滅した」「ルールにどうしても慣れなかった」ということで退職してしまうことが多いようです。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、とにかく事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、給与システム、などいろいろチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。