再就職の際の面接は、中小企業であれば、おおよそ「人事」が面接官ですが、…

再就職の際の採用面接では、中小企業であれば、大体、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが・・

再就職の際の面接では、規模の小さい企業だったらほとんどが「人事」が面接官となりますが、場合によっては違うこともあるようです。たとえば、仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、平たく言えば課長・部長などの役職の人が面接をしてくれることもあります。また営業系や事務系などのジャンルでは、資格による人を判断するのがむずかしいので、きちんと自分をアピールしていくようにするべきです。面接担当から「この男はしっかり自己主張するし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことが大事です。

退職|『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれ・・

『今すぐ転職したい!』と思っていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜならば相談という形で話せば上司に高確率で言いくるめられるので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職する旨を当初、直属の上司へと相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて退職が認められたのは同年の11月です。本来なら、区切りの良い年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、思ったとおりにはいきませんでした。やっぱり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたので非常に失望しました。

退職|看護師は働く者としてやっぱり女性の割合がかなり高い職場です。

昔は看護婦という名前だった看護師というのは仕事としてどうしても女性のとても多い職種です。さらに、気力それに体力の消耗が激しい特徴もあります。であるがゆえに、人間関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり取りづらい仕事といえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、職場を変える人が多い現実があります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。つねにそれぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」であり、それが転職希望者が後を絶たない状態に拍車を掛けています。

近頃PCを使えばネットで見られる世界には要するに「転職に役に立つサイト」に類するもの・・

いわゆるパソコンやスマホで調べればネットで見られる世界には今では「転職サイト」と呼ばれるものがかなりの数存在しているのをご存知でしょうか?そのいっぱいのサイトから自身にピッタリの転職先を見つけるためには、何よりも情報を収集することが必要です。こういう転職サイトを上手く使いこなすことで、よりスムーズな転職先探しが可能です。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかをよそと比較しながら厳しく確かめてみてください。

近頃、株・不動産投資などの不労所得のほか、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

近頃、株・不動産投資などの不労所得を得たり、自営業・起業といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「起業することは不安定であぶない」といったこれまでの考えも変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、株式投資・自営業よりも雇われているほうが堅実でした。そのため人生の花形として、またそれが至極当然のことのように、広く世の中に浸透していました。しかし、そういった成長期は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」などと言われています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

これまで20代前半に転職を数回行い、現在、いくつか資格を取得するた…

20代に転職を2度経験して、現在は資格取得のために派遣社員で働いています。フルタイム勤務ではないので手取りが少なくなってしまいました。しかしその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。実際にそのような人を見てしまうと自分もああなりたかったと感じてしまいます。これまで私は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、ガッカリすることが多かったのですが、現在では結婚をキッカケに過去と比べ生活そのものが大きく変化し、その中で将来の目標も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況につい・・

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。今の安倍政権によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済政策が続々打ち出されています。経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界や民間企業間においてもあたらしい明るい動きが顕著に現れてきております。そういった変化を受け、一般の企業では今度は労働人口減による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。また最近では、「外国人労働者」の数を増加させ人材確保に務めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、国内の雇用や転職といった状況にも、変化していくのは確実です。

退職|転職するための期間中は、無意識のうちに時間に余裕があるた…

転職の間は、つい時間が有り余っている分、だれた生活になりやすいですよね。けれども、そんな風な生活を常態化させるのはキケンです。人というのは、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。時間がたてばたつほど、働く意欲が湧かず、経済的に困る未来がやってきます。こうして、悪いサイクルにはまり次の職場をうまく見つけられなくなります。再就職先を決められないのは、お金を第一に考えるようになるからです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活を目指すためにも、だらけきった生活は、(転職活動中には)不必要です。

一般的観点からすると大手企業は「定期採用」で人材を確保するた…

多くの場合大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから、転職希望者には不向きです。おまけに、都会エリア外だと転職の機会はとても厳しくなるでしょう。ただ、製造業系においては、地方の工業団地で製造の拠点としていることも多々あります。そういった地方の工場は、事業を拡大する際に「人員募集」を行っているので、そういった好機に転職するのもいいでしょう。地方の工場を転職に考えるなら、転職を希望する会社についての予備知識を事前に得ておきましょう。ホームページを見て、スタッフの募集予定はないか、忘れずに確認してみましょう。

転職というものをする場合、そこでの自分の給料について気にする人・・

転職というものをする場合、転職したあとの給与を気にしすぎる人が案外いるでしょう。もちろん多くの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐために励んでいるはずです。年収の額は自身の価値を測る指標という見方もできますから、大切なことは当然ではあります。でも、あまりに年収ばかりを気にかけすぎる生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?年収がさほど期待できない仕事であったとしてもやりがいを感じられることが普通に転がっているからです。

長年にわたって接客業で仕事を行ってきましたが、年齢的…

ずっと接客業で勤務していたのですが、加齢が原因か立ち仕事は体力的に難しくなり、座り仕事であるオフィスワークへ転職することを目標にして活動をしました。事務の経験がないとなるとわりと難しくて、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしようと思い資格試験にも合格し個人クリニックに転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業をしていた頃よりも帰宅時間が遅くなったのですが、今はキャリア形成の時と思って我慢します。

退職|転職候補となる企業での採用面接での多数のひとが思い違いをしているので…

転職の際に必須となる採用面接でのやめておいたほうがよいのは露骨なまでの猫かぶりは、正直なところ逆効果になる可能性があります。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接時は、「産休」といったような、通常ならかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に訊いておくと、自身のためになります。実際には「そんな無神経なそういった質問をすると選考結果に落とされるのではないか」と不安がるかもしれません。だけども、意外なことに、悪い印象を持たれることは最終的にはいい場合が多いようです。これらのことは「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、多くの人が気になっています。とはいえ、多数の人が気を遣いはっきりと聞けないものです。それをあえて踏み込んでおいたほうが、「正直な人だな」ということで思わせることができます。

退職|クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接会場に行こうとする際に・・

クールビズで転職の面接会場に行こうとする場合、ジャケットは着用しなくても良いとわかるのです。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイにおいてもなくても大丈夫だと考えている会社もあるケースもなくはないですが、ことネクタイだけは例えクールビズであろうとつけて行く必要があると思っているところがそこそこあります。そういった訳で、例えクールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては着用いく方が悪い印象を与えないということは認識しておいてください。

退職|失業時にもらえる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要ですが、…

失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、期間に制限があります。失業時までに勤務していた期間によって変わり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから慌てて就職先を見つけようとしてもロクなところが見つからない可能性が高い。会社の面接官も無能では無いので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といったことくらいはおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。もしかすると、失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると不合格となるでしょう。

人生初の転職を行う場合、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を去るのか・・

初めて転職を行うとき、注意しなければいけないのはどうして今の仕事を辞めなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。問題解消ができる会社を決めることになります。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事をこなしつつ就職活動を行うので、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それがためにハッキリした理由がないまま転職活動をしてしまうと、途中で息切れしてしまう場合があります。「必ず転職したい!」「現状をなんとか変えたい!」という熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのがいいでしょう。

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに…

この前、転職したばかりであるにも関わらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がなんとなくよく見受けられます。何故そうなるのかと思うと私の思うところをいうと新たな気持で自分に合った仕事環境で勤務を始めてみたものの、「考えていたものと堪えられほど違っていた」「会社独自のルールになじめない」という原因で去っていくみたいです。可能ならこのような、転職における失敗を繰り返さないために、まずは事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、通勤にかかる時間、などいろいろ調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。