再就職時の面接では、小規模業者であればおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官になります・・

再就職の際に必ず受けることになる面接では、規模の小さい企業であれ…

  • 転職希望者が受ける面接では、規模の小さい企業クラスの場合ほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、どこでもそうとは限りません。たとえば、一緒に仕事をする管理職、つまり課長・部長などの役職の人が担当することもあります。特に、事務系・営業系などのジャンルでは、資格による人の良し悪しを判断しづらいですから、なんといっても自分という人物を売り込んでいくようにしたいものです。面接担当者たちから「この候補者は、きちんと自己主張できるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大切です。
  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自分の意志が強いのであれば…

  • 『今すぐ転職したい!』と思っている人で自分の意志が固いならば辞職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。なぜかというと、ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、手を変え人を変え、結果的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職する旨をはじめに、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月働いて退職が認められたのは同年の11月です。予定では、年度末いっぱいで辞めたかったのに、希望通りには進みませんでした。職場にも人事の采配が必要なのは分かりますが、社員のを希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、心底会社や上司に対して信頼はなくなりました。
  • 退職|昔は看護婦と言われていた看護師は、どうしてか女性比率がすごく大き…

  • 看護婦と呼んでいた看護師は働く者としてどうしても女性のとても多い職種です。さらに、気力や体力のかなり消耗が激しい特徴もあります。であるがゆえに、職場での対人関係の問題や、自分の結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい仕事です。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職される人が多い傾向にあります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態に変わらず継続しています。ずっと、それぞれの医療機関は看護師が足りない「売り手市場」な状態で、転職の増加を後押しする状態に拍車を掛けています。
  • 退職|世の中は便利になったものでパソコンやスマホを使えばわかるけ…

  • いわゆるPCを使えばインターネット上では、いわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在します。その多くのサイトから自身の目的に合った転職先というのを見いだすにはまずは情報が大事ですから収集をしましょう。こういうサイトをしっかり使うことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかをよそと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • この頃では、株・不動産投資などの不労所得のほかに自営業や起業を目指す人も増えています。

  • 今の時代は株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり、個人経営 、起業等、そのような移り変わりもあり、「会社員以外は不安定であぶない」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長時代においては、先行きがみえない個人事業や株式よりも雇われているほうがずっと安定性にすぐれ、人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に広まっていました。そういった時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」とも言い表されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。
  • 20代前半に転職を2回経験し、いまは資格を取る目・・

  • 20代前半に転職を2度行い、そして現在、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務とは違うので手取りが以前よりも少なくなりました。しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時代に資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、しっかりと資格を活かしている人と話すととても羨ましいと見えたりもします。昔の私は、成功している人と自分とのギャップに落ち込む日もありました。今は結婚してから、随分と生活環境が大きく変わり、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、楽しく日々を過ごしています。
  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下で・・

  • 社会的な転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍政権では、「アベノミクス」や「三本の矢」といった多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀による「金融政策」と相まって、財界や民間企業間においても今までとは異なった社会的な変化が増加しつつあります。それもあって民間企業の側でも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」がかなり深刻化しています。ここ何年かの間で外国人労働者を増やしていくつもりでいるつもりでいると現政権は語っています。転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって日本国内の雇用・転職状況も変化していくのは間違いありません。
  • 退職|転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに時間があるため、…

  • 転職するための期間中は、どうしても、時間がある分、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。けれども、そのような生活をするのはお勧めできません。それは、気の緩んだ、だらけた生活をしていると、「精神的」も不健全な状態になるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲が湧かず、生活が苦しくなり困る未来がやってきます。このように、悪いサイクルにはまり次の職場が見つからなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、もらえるお金を第一に考えるためです。お金を第一に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、しないように常に意識を持ちましょう。
  • ほとんどの場合一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • ほとんどの場合大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。加えて、地方では転職の確率が低くなります。ただし、製造業の企業の場合においては、地方の工業団地などに製造工場を構えていることが少なくありません。さらに、そういう工場なら、事業拡大などの際に「中途採用」をしているので、この好機を利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。地方の工場での転職を希望される場合は、希望する会社についての予備知識を事前に仕入れておきましょう。公式サイトにアクセスし、人員募集の予定がないか頻繁に確認すると良いでしょう。
  • 転職を考えるとき、そこでの自身の給与を過剰に気にする人が…

  • 転職を考えるとき、転職先となる職場における給与を気にしすぎる人が案外多くいるでしょう。大部分の人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を手に入れるために働いているでしょう。年収がいくらかは自分がどれほど評価してもらえているか、という面もあるから大切なことは至極当然です。それにしてもあまりに年収額に気にかけすぎるのも寂しい気がしませんか?この世には年収にあまり反映されない仕事であっても精神的に満たされる可能性が多々あるからです。
  • 長きにわたって接客関係でお勤めしてきましたが、年齢を重ねるにつ・・

  • 長きにわたって接客関係で働き続けてきましたが、年齢を重ねると共に立って行う仕事は体力的にハードなため、オフィスワークへ仕事を変えることを視野に入れて動き始めました。事務が未経験だとわりと難しくて、接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格を取得して個人の医院に転職しました。ベテランの先輩ばかりに囲まれて人間関係も複雑。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた時よりも帰宅も遅いわけですが、初めの頃はキャリア形成をするんだと受け入れて頑張ります。
  • 転職の際に欠かせない採用面接での勘違いしている人が多いので・・

  • 転職を成功させるための会社での採用面接でのよく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと過度に猫かぶりすることは、正直なところ採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうなる前に思い切って面接時は、「休暇」など、多数の人がかなり聞きづらいことも思い切って率直に聞いた方が自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経なずけずけと質問をすると、面接で良い結果が期待できないのではないか」と不安がるかもしれませんが、しかし、プラスの結果をもたらすことは結果的には可能性が高いといいます。これらのお金・労働環境に関する内容は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。とはいうものの、多数の人が気を遣いなかなか聞けないものです。けれど、逆手に取って、「こいつは他と違う」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • クールビズをして転職の面接にチャレンジする際には、いくらなんでもジャケット…

  • クールビズの格好をして再就職の面接にチャレンジするときには、ジャケットはさすがに着込まなくても安心であると間違いなく断言できます。ですが、ネクタイはしておいた方が間違いないです。ネクタイの着用はなくてもOKだと考えている企業もある確率もあるにはありますが、ネクタイだけは例えクールビズだろうと着用すべきだと考える企業がまあまああります。そんな訳で、例えクールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイだけは着用いく方が悪い印象を与えることがないということを伝えておきます。
  • 退職|失業者が受け取れる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが・・

  • 失業によって得られる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、給付される期間について規定があります。それまで勤務してきた期間に応じて変わり、90日だったり120日だったりするのですが、なんとこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから慌てて就職先を探しても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」位はそこそこわかるはずです。ヘタをすると、面接の時に失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると採用は極めて難しくなります。
  • 初めて転職を行うのであれば、気を付けなければいけないの・・

  • 生まれてはじめて転職を行う場合、忘れてはいけないのは「現在の仕事を変えたい理由」をはっきりすることです。その理由が根本問題なので、必ずやっておいた方がいいでしょう。そして問題を改善できる企業を決定していってください。転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事を勤めながら就職活動していくので、時間と体力が必要不可欠です。それがために理由がはっきりしないまま転職を試みた場合、途中で息切れしてしまう場合があります。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がないうちは、転職活動をスタートするのはやめておくのが無難です。
  • 退職|ほんの2,3ヶ月まえに、転職したというのに、入ってすぐ・・

  • この前、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに退職してしまう人というのも意外と多かったりします。何故そうなるのかと思うと私の思うところは気持ちも新たに、転職先の職場に飛び込んだものの、「自分の期待していた仕事と違っていた」「雰囲気にどうしても馴染めない」というワケで退職してしまうことが多いといいます。可能ならばこういった転職における失敗を繰り返さないために、とにかく前もっての情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、給与体系、など前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。