就職のため仕事探しをする際に気を付けたほうがよい求人情報…

就職するため仕事探しをするときに気を付けたほうがよい求人・・

就職のため仕事探しをする際に特に注意すべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束される時間が長めのものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることが多々見受けられるます。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間や45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が書いてあります。月の中で残業が発生することが想定されるので事前に給料形態に残業代を入れて計算しておく、といったシステムです。(注・違法ではありません)『みなし残業代20時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。しかし、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』という言葉がない場合もありますので充分に注意を払っておきましょう。

転職することを、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと…

転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたの退職を知ると職場の状況が悪くなる可能性があります。場合によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに転職のことを周囲に言うのは注意が必要です。上記のような状態を避けるために、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすれば、良い状態をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を辞めることができます。加えて、円満退職となったなら、退職後であっても、あなたが困った際には相談できるかもしれません。規模や業種に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりはとても大事なので、退職前のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。

退職|転職サイトで登録したあとに、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

転職サイトでは、登録後、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。このことに対して初めて利用された人は大変ビックリされると思います。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが業務ですので、とても積極的にかまえています。とりわけ大手エージェントは、転職を成功させることによって企業側から報酬がもらえる仕組みなため、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が出るとすかさず、入社を強くすすめてくることが少なくありません。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職しないように気を付けなければいけません。

転職をする際にマークする求人情報は、目安として書いて・・

転職をする際に閲覧することになる求人内容に関しては、おおまかなものとして書かれている可能性がありますから、書いてある内容は全部正確な情報だとは簡単に信じないほうが賢明です。とりわけ生活に大きくかかわってくる給与の金額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?それとも最低限の金額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような評価ができる転職者は少なく、自分で適当にわかったつもりでいると、後になって嫌な思いをする可能性も少なくはないのです。そのような訳で、そうならないためにも、募集内容は参考程度に考えて、そういった大事な事は会社の方に直に連絡を取るのがベストです。

数年前の求人誌には、募集条件の中に「性別」が、当然のように記載されていました。

今までの求人情報では、雇いたい人の「性別」まで当たり前のように書かれていました。でも、男女雇用機会均等法の施行によって、採用時、男女の差別をしてはならないルールが決まり、求人情報に「性別」が無記載となりました。そんな風に時代が変化したものの、募集を出す側としては、性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。従って男性が必要な案件に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、会社側が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうが良いです。

転職活動では、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

転職をする場合、とても重要視されるのが「面接」なのは間違いありません。ふつうの面接では、面接担当者が応募者に対して転職事由や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接終了の直前に次は、転職希望者から、面接担当の人へ聞いておきたかったことなどを質問できます。例えば、「なにか弊社について疑問に感じる点はありませんかね?」と聞いてくれるわけです。と聞かれた際に答えを用意しておらず、何も聞けなくなったりするものです。後で後悔しないためにも、予め面接担当者からの問いに対する、聞きたいことをいくつか考えておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、やってみてください。

女性の再就職において、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは…

女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と今とで若干の変化が見受けられます。かつては面接の場で、結婚観や出産後の考え方などのことに関して、ごく一般的なこととして質問されることがありました。ところが、今現在はそのような内容は、セクハラに該当するとして質問をしない企業が一般化しつつあります。特に大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。しかしながら実際、企業側は、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の姿勢、結婚した後も働きたいのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいとは思っています。自らの人生設計を伝えるためにも、自己ピーアールや志望動機と混ぜながら伝えることで、相手側も考えがわかり、安心できると思うわけです。そういうわけで、質問されていない部分も、先にあなた自身から気遣いながら答えておくのが良いでしょう。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行っている人は少なくありません。でも、忙しく仕事をしながら求人情報の応募に走ったり、面接に臨むのは精神も肉体も苦しいものがあります。今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、他方自分で直接応募した場合も応募した企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても自身の貴重な時間をムダにしてしまうおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と理解しておきましょう。

派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで退職できるものではない・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで辞められるわけではないと実際に転職活動を経験して理解しました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、なるべく早く子供がほしかったので、妊娠するまでの期間のために数年くらい現在の職場でそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、年収は安かったですが時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。でも、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちは大多数のスタッフが派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。なので派遣であっても契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

退職|年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそう・・

今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当ては働いている会社でもし「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取れます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、現在の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れることもあります。このとき、失業手当の金額は会社の辞めた月の近々の給料を軸に失業手当の金額を算出されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

再就職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきた場…

再就職の面接などの場面でもし名刺を手渡されたら、あなたも同様に名刺を差し出す方が良いのかどうかとどちらが正解かわからない場合ほとんどの場合は差し出さなくても良いと知っておくと良いですね。転職のための面接というのは仕事の一部ではなく、職を得るための就職活動の一部です。ですから普通一般的には名刺を交換する時間ではありません。それに、会社の人としてその場にいるのではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。それゆえに、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらとしては、ただ受け取るだけでよくて、相手の方に渡す義務はないと判断できるのです。

退職|今、私は派遣会社に登録して働いています。

今、私は派遣会社に入っています。サイト内でなんとなくよさそうな仕事を見つけ応募したい旨を伝えると「そのお仕事はすでに他の方の採用が内定しています」とお断りされてしまい瞬間的にサイトからお仕事の情報がなくなるのですが、なぜか次の日になればまた載っています。それって結局私ではよくないのだって意味ですよね。そういうことであるならば最初から変に隠さないように正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそうもいかないのでしょうか。それとももしかして存在しない架空の仕事なのでしょうか?

退職|再就職によって仕事先を一新するということは、自身に見合っ…

転職で勤め先を一新するということは、自分自身に合う自身が納得できる転職先を選びたいものです。職場や勤務先を変えることで、自分に適した仕事に出会うかもしれません。とはいうものの、メリットだけがあるわけでななく、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体がままなりません。他の言い方をすると、あなたの力量次第で、天職に就くことができるチャンスがある、ということです。今の社会は、職業選択の自由が権利として認められているので、会社を変えても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある現在は「役に立つ人材が欲しい」が願っている企業もどんどん増加していますので、今の良い時期を有効活用してみてください。

これまで経験したことがない業種などに転業したいと思っている場合に・・

未経験である業界などに転職したいと思っている場合には、自分が以前の会社で培ってきた腕前ややってきたことを生かすことができるという訴えが必要です。その分野で働いたことがない人は経験のない分だけそのジャンルで働いたことがある人よりも実際のところ、足りない部分はありますが、自分が保持しているスキルがその分野でも生かせるということを相手に話すことができれば、勝負になることもあり得ます。したがって、未経験の業界に挑戦する際には、その業種と前の職場でやっていた職務内容とのつながりを探しましょう。

転職を行うにあたって、今勤務している会社辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが・・

転職を行うにあたって、現在勤務している会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もしも自分が望んで退職届を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職であった場合は失業保険をすぐさま受け取れません。手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、この規則を勘違いしてハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果としてハローワークのスタッフと口論していたのを以前見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したケースでは、失業認定を受けたのちすぐさま失業保険をもらえます。

転職は、最初の第一歩は希望先転職先の会社企業というよ…

転職活動は、企業そのものというより、正確には「担当面接官」とのやり取りが大事です。面接で満足いく結果を出すために、ゼッタイに緊張せずに冷静に対応することを心がけましょう。お見合いをする、といった気持ちでいる望むと良いかもしれません。また面接を通じてまず第一にあなたの人となりを判断してもらうので悪い評価になるような言動は注意しぜったいに控えましょう。モラルある社会人らしい綺麗に整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。