就職活動する場合に気を付けて欲しい募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料がよく・・

就職するため職探しをする場合に気を付けて欲しい募集内容は、…

  • 就職するため仕事探しをする場合に特に注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束時間が長めというものです。このような募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが多々見受けられるます。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。月の中で残業が発生することが想定されるので事前に給料に残業代を組み込んで計算しておくというシステムになります。(この仕組みは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代35時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を入れると、この給料です」ということになるわけです。でも、悪質な求人情報では『みなし』という言葉がこともザラですのでよく気を付けてください。
  • もし転職することが、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知る・・

  • もしも転職前、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると職場の状況が悪くなる可能性があります。人間関係によって、問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。さらに、超過勤務をさせられることもあるので、転職を口に出すのはお勧めしません。なので、上記のような状態を回避するため、今現在の仕事場では、いたって真面目に誠実に振る舞いましょう。注意をしておくことで、良い関係を維持したまま、心置きなく会社を辞められます。加えて、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後も、あなたが困った際には相談できるチャンスも手に入るはずです。規模や業界に関係なく、どういった会社であっても、人とのつながりが大事なので、退職前のトラブルは、可能な限り回避しておきましょう。
  • 退職|転職サイトで登録したあとに、しつこく電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトは、一度登録したら、電話・メールで嫌になるぐらい連絡が入ります。このことに対して初めて利用した人はとてもびっくりするケースが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だと考えられるので、かなり積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬を受け取るシステムであることから、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えるケースが目立ちます。また、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が出たその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職しないように心がけるようにしましょう。
  • 転職をする時に見ることになる求人内容に関しては、おおまかなものとし・・

  • 転職を考えている時にチェックすることになる募集事項に関しては、目安として、アバウトに書かれている、という可能性も少なくはありません。なので、掲載されている情報は全部正しい情報だとは迂闊に信頼すのはやめておいたほうが賢明でしょう。なかでも給与の額などにおいては、平均なのか?最低額なのか?最高値なのか?というような見解ができない人のほうが多く自分判断で読み取ってしまうと、悔しい思いをすることになりかねません。ですので、そうならないためにも、求人に載っている情報は一般的なものだと思って、そのような肝心な内容は会社の方に直に確かめてみた方が適切です。
  • 昔の求人誌では、雇用側が求める人材の「性別」が記載されているのがほとんどでした。

  • 以前は求人情報に雇用主が必要とする「性別」について、しっかりと記載されていました。けれど今では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用する際、男女の差別があってはならないとして、応募条件の中身に「性別」を明記できなくなりました。そんな変化があるものの、募集情報を出す企業側は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実際は男性を希望のジャンルに女性が応募したり、女性が必要な案件に男性が来てしまい、といったトラブルもひとごとではないのです。もし、「女性が活躍できる職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが無難です。
  • 退職|転職する際、とても重視されるのがまぎれもなく「面接」になります。

  • 転職をする場合、重視されるのが間違いなく「面接」になります。大半、面接では、面接担当者が応募してきた人に対し、転職に至った動機や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そして、面接が終盤を迎えるあたりで次は、転職希望者から、面接担当者へ疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接官側が、「何か疑問に思うことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が緊張して何も聞けないこともあるかもしれません。こういった場面に備えて、面接の前に面接官からの問いに対し、答えを用意しておくのがベストです。実際に働く前の段階で、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。
  • 女性の再就職については、近年と一昔前では多少の違いがあります。

  • 女性の再就職については、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは多少の違いがあります。一昔前は面接の場で、結婚観や出産後の仕事などに関して、自然に質問されることが珍しくありませんでした。しかし、今はその手の内容は、セクハラに該当するかもしれないので質問しない企業の方が多くなっています。とりわけ大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。そうではあるものの実際、会社側としては、はい・いいえ、だけでなく、その人の価値観、結婚した後も働きたいのか、出産後の細かい予定を把握しておきたいとは思っているはずです。自らの将来設計をわかっておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と並行して伝えることで、相手方にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると考えます。というワケで、質問されてない箇所についても、先にあなたの方から気を遣って話をしておくのが良いでしょう。
  • 退職|転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。とはいっても、忙しく仕事を行いつつ求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともにかなり骨の折れる作業といえます。また、転職活動時は、今の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、書類選考を通過し、面接の段になって辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、他方直接応募していた場合も応募した会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりがない企業は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておきましょう。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年経っ・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職を経験して学びました。新婚生活が落ちついたら早く子供を持ちたかったので、それまでの期間のために約1年半~2年ほど今の部署で仕事をしておきたいと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、年収は少なかったですが、ですが時間的な自由のために、この道を選択しました。しかし、いざ入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。たとえ派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。
  • 今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのな…

  • 転職される人で次の仕事をする前に期間があるのなら、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。勤めている企業側がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ずだれでももらえます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合での退職なら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、勤めている企業の都合や残業時間によってはすぐにもらえる場合もあります。さらに支給される失業手当の金額は会社で最後となる勤務月の直近の給料を基に支給する額を計算するので会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 再就職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を差し出された場…

  • 転職での面接などの時に担当者に名刺を渡された時、あなたも同様に名刺を渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に悩んだ場合は、大体は渡す必要はないと理解しておくと良いですね。面接においては仕事の一部ではなく、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから大方は名刺を交換する時間とは異なります。加えて、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。それゆえ、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらの方は名刺をもらうだけで大丈夫で、相手側に渡すことは必ずしもないと思われます。
  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイトの中でふと気になる仕事を見つけ出し応募しようとすると「そのお仕事はもう別の方に決まりました」と言われてしまい瞬間的にサイトからお仕事情報が消えるのですが、どういうわけか次の日になるとまた情報が掲載されています。これって結局は私だとダメって意味ですよね。そうであるならば最初からカドが立たないように正直に教えてくれるといいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたもしかすると存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • 転職で仕事先を新しく替えるということは、自分に合う再就・・

  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自身に見合った勤め先を見つけたいものです。勤務先を変えることによって、あなたにぴったりの仕事に有りつけることも可能です。けれども、メリットだけがあるわけでななく、転職先にふさわしい能力が必要不可欠です。逆説的に表現すると、あなたの人材的な価値が上がるほど、天職に恵まれる可能性がある、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が権利として認識されているので、転職を決断しても偏見を持たれる心配もありません。人の流動性が高くなりつつある現代は「優秀な人材が欲しい」と願う企業もだんだん多くなっているので、この好機を活かしましょう。
  • 全く経験したことがない分野などに転身したいときには・・

  • これまで経験したことがない分野などに転職したいと考えている場合には、前の職場で身に付けた腕前や経験したことが生かせるといった内容の自己アピールが必要になります。初めて挑む人はその分その分野の経験者よりも事実、損にはなりますが、自分自身が保持している力がそこでも十分に生かすことができるということを相手に話すことができれば、勝負になるケースはあり得ます。そんな訳で、経験が全くない業界に挑戦するときには、その分野と自分がこれまでやってきた仕事とのつながりを発見しましょう。
  • 転職に先立って今勤務している会社辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけない…

  • 転職を行う際、今務めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自らが希望して退職願を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職においては失業保険はすぐには給付されず手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく勘違いして退社した日の翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、この規則をわかっていない人が、本当はもらえるはずだと言い張ってそれが原因となりハローワークの職員と言い争っていたのを過去に見たことがあります。念のため、リストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けたのちすぐさま失業保険を受け取ることができます。
  • 転職活動は、希望先転職先の会社企業というより、具体的には「担当面接官」…

  • 転職活動は、希望する企業とのやりとりというより、人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要といってもいいでしょう。面接で満足いく結果を出すために、はじめに面接の時間になる前に焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。例えれば素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いかもしれません。また面接を介してもっとも最初にあなたの内面的な素質を観てもらうわけですから、余計な誤解を招くような態度や身なりは気をつけて避けましょう。なおかつ社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、かならず転職活動はかなり楽になります。