就職活動において、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

新しい仕事を探すとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェン…

  • 仕事を探すにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」と呼ばれる業者に頼る方法もありますが、もしもそのような業者に登録し転職に成功したとしても、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。ハローワークを経ずに就職しても失業保険は給付されないので注意が必要。これと違って、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらって就職したときは、就業のための準備金として「一時金」を受け取ることができます。インターネットでのエージェントは、私的機関です。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。このような点を押さえていなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、そうならないように注意しましょう。
  • 新しい仕事を探すのに、まずは今の会社を辞職してから転職しようと考える方もいます…

  • 新しい職を探すのに、会社を辞めてからという考えを持っている人もいるようですが、そういった場合ボーナスの支給時期を見積もっておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はたくさん存在しますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが支給される日がもう少しのときには、支給日が過ぎるのを待って会社を去るという考えもおすすめしたいです。ボーナスと言うものは随分多くの額が入るはずなので、絶対もらったほうが良いと明らかなわけですから、会社を辞めるときにはボーナス支給日をまず確認しておいた方が賢いやり方です。
  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり・・

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件による取り締まりが強化されたり、社名の公表がなされるなど厳罰化の流れが続いていますが、まだまだ完璧ではないのが現状です。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。まずは求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、怪しい点について聞いてみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、その場では答えられないなど逃げるような姿勢になることが多くあります。とりわけ「休日」「残業」「給与」に関しては、質問してみると、渋い表情を見せる場合が多くあります。それでも食い下がっていくと、ふてくされたような態度になってくるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、何か違和感を感じたら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。
  • 昔から「石の上にも三年」というコトワザがあります・・

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、現在、「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験する人が増え、身近なものとして捉えている人も多いはずです。ですが、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらとそれを選択するのは考えものです。再就職したいなら、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。ますはじめに、今やっている職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思っている点を10個前後、書き出してみてください。そうすることで、再就職に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時には行動を早めに取り、良い仕事を手に入れられるように頑張っていきましょう。
  • 職を変えた際には、高い確率でそれまでの会社の仕事の美化されます。

  • 転職すると高確率でそれまでの仕事の美化されます。現在の職に向いていないと感じたから、それを解決するべく思い切って再就職を決めたはずなのに、気がつくと、不思議なことに「前職のほうがマシだった」と思ってくるのです。というのは極めて自然なことで、前職は業務をこなすことに慣れていて難なく与えられた仕事ができていたのが、根底にあると思います。けれども「退職なんてしないほうが良かった」と本気でいうほど、前の仕事のほうが全体的な待遇が良い事も考えられます。
  • 転職をする時に面接でほとんど質問されるのが辞めた理由なわけです。

  • 転職をする際に面接でだいたい聞きだされることが前職を辞めたことについてです。このような質問が出た際には話の中心を退職した会社のことにしない方が良いです。会社を退職するに至った経緯が話の中心となって進んでいくと必ず面接において不利なことを含んだ話題になってしまうので。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、なぜ前職を退職したかという点をぜひともこの会社に入社したいという考えがあったからといった感じの話にできたらベストという感じで、今、自分が面接に来ている会社の方に話の中心を持っていきましょう。今面接をしている会社のことであればマイナス面を消し好印象の前の職場を去った理由に聞こえます。
  • 近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えています。「特許」を出すと、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、マスコミで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングっぽい誘いを受けた際には、そのキッカケを考えてみましょう。極稀にヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を払わせようとする会社がありますが、そのような会社は言うまでもなくイカサマであるので引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。
  • 求人をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と思っている人…

  • 求人に関する情報をチェックする時、例えば、デスクワークがしたいからと、製造業をスルーしてしまっていますが、そのような人というのは、「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。事実、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」のお仕事もかなり存在します。ですが、製造業の大半はオフィス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。しかし、自身のエゴをなくすことで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。
  • 派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣会社での仕事が決まりました。就業の初日に派遣会社の営業担当の人と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで落ち合う約束をしていたのですが、約束のお店の前にいないので中にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみると、営業担当者はあろうことか雑誌コーナーにしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのページを開いて閲覧していました。こんな担当者のお仕事なんて人間として恥ずかしいことだと感じて、挨拶することもなく店内から出てすぐさま派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。
  • 転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

  • 転社を度々しないためには、コツが要ります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くするヒントは直ぐに拾うことができます。そんな、時に転職とは違う行動をすることも精神を鍛えられます。その行動とは、ズバリ外国に行くことです。海外に行くと、文化も言葉も大きく異なるので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、今までとは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただし、退職後は精神的に弱くなりがちなので、適度に休んで、回復したあとで行動するようにしましょう。
  • 今ある自分のスキルを有効活用しながら、転職を検討する場合・・

  • 自分のスキルや資格を有効活用しながら、再就職を検討しているなら、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的、転職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。再就職が容易な業界としては、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」が、おなじみですね。それぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて様々な理由により、他の業界へ転職したいと思っているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は決して高くはないのです。したがって、簡単に考えないことが大切です。異業種への再就職される場合は、他の業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 転職する活動の際に「私は経験としてこういう仕事をがんばってきまし・・

  • 今やっている転職する活動中に、「これまでずっとこのような仕事をしました」「過去の仕事によって、こういったスキルを得られました」とそれまでの成功体験などをよく伝わるようにアピールしようと考える人はとても多いです。しかし、転職希望する再スタートを図る会社で「近い将来こういうような仕事をしたい」「斯くの如き内容の業務をするのならできれば貢献できると思う」と将来のプランで自分自身をアピールしていったほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 退職|転職活動をするときに気を付けるすべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで・・

  • 就職するため仕事探しをする場合に特に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長いものです。こういった募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がたいへん多いです。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間という感じで求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料形態に残業代を組み込んでおく、といったシステムになります。(注意・違法ではありません)もし『みなし残業代25時間込』というのは、「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という話になるわけです。しかし、悪質な求人は、この『みなし』という言葉が可能性もあるので気を付けてください。
  • もしも転職前、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知…

  • もし再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ると職場の雰囲気が一変することがあります。働く環境によってこれまで通りに行くこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、転職のことを周囲に言うのは充分に考えものです。上記トラブルを避けるためにも、現在の仕事場では、真面目を装いましょう。そうしておけば、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、会社を退職できるはずです。さらには、円満退職で終えられたなら、転職後にも、何かあったとき、アドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。どのような会社も人とのつながりは大切であるため、退職前のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。
  • 転職サイトに一旦登録すると、電話やメール連絡が執拗に入ります。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。これに対して「転職エージェント」の初心者の方は、とても驚く場合がよくあります。転職エージェントは転職させることが業務だと考えられるので、かなり積極的な姿勢を見せます。特に大手エージェントは、転職を成就させる対価として企業から報酬がもらえるシステムなので、転職希望者の都合よりも企業側を優先的に考えることが珍しくありません。さらに、「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定がとれた瞬間に入社を強引にすすめてくることが少なくありません。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職にしくじらないように気を付けることが必要です。
  • 仕事を探しているときに気にかける求人情報というの・・

  • 仕事を変えようと考えている時に見る募集要項の情報というのは、目安として、アバウトに記載されている可能性も少なくはありません。ですから、そこに書かれていることは何もかもが正しいとは迂闊に信頼すのはやめておいたほうが好ましいでしょう。その中でも特に給与の額などにおいては、全社員を平均した給料なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高の給料であるのか?というような見解ができない転職者も多く、自分の判断でとらえてしまうと、今後、そのことを悔いる確率もあります。なので、悔しい思いをしなくて済むように、募集要項に書かれていることは参考程度に考えて、そういった重要な内容は会社の方に直に確かめるのが好ましいです。