派遣として働く会社が決定しました。

退職|派遣での仕事が決定しました。就業の初日に営業を担当している方…

派遣で働く会社が決まりました。就業1日目に派遣会社の営業担当の方と就業先の近所にあるコンビニで落ち合うことになっていたのですが、担当者がどうしたことか約束をした店の前にいないので中にいるのかもしれないと考え店の中に入ってみると、こともあろうに雑誌コーナーにしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開けて読んでいるのを発見!こんな担当者の仕事なんて我慢できないことだと感じ、声もかけずに気付かれないようにコンビニの外へ出て即座に派遣会社へ辞退の連絡をしました。

退職|退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

退職と転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また、転職以外の行動によっても、精神面を強くすることができます。その行動とは、ズバリ海外に行くことです。外国は、言語、生活様式、文化など、違うことばかりなので、すべてのことが良い刺激となります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。日本に戻ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に向かえば、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはず。ですが、退職後しばらくは精神的にまいっている人も多いので休業期間も必要です。

自分のスキルや資格を活かして転職活動したいと思っているなら、…

今ある自分のスキルや資格を有効活用しつつ、再就職する際は、再就職し易い業界と転職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。転職が容易な業界としては、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」が最たる例です。医療や介護では、看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、諸事情によって、異業種へ再就職してみたいと思う場合は、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。そのため、容易に考えないことが大切です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職|いい転職をしようと転職活動中に、「自分はこれまでこういった職・・

今やっている転職活動をしているときに、「私はこれまでずっとこういった仕事を長く続けてきました」「過去の仕事によって、このような経験に磨きを掛けました」と実績・セールスポイントを強調してアピールしなくちゃと考える人は頻繁に見かけます。でも、希望するその組織で「可能ならばこうありたい」「私が申したような内容の仕事なら積極的に貢献できると思う」と将来のプランを話して自分をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

転職活動をするときに気を付けて欲しい求人の募集内容は…

就職活動中に注意して欲しい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めのものです。こういった募集内容の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が多いのです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間・45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料に残業代を組み込んで計算しておくということです。(なお、これは合法です)例えば求人に『みなし残業代20時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料がもらえます」ということになるわけです。けれども、悪質な求人では、記載しておくべき『みなし』を表記していないこともあるのでしっかり注意をしておきましょう。

転職することを、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと・・

もしも転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると職場の状況が一変するかもしれません。働く環境次第では、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。そればかりでなく、残業時間を増やされることもあるので、うっかり転職のことを口にするのは注意が必要です。そういった状態を回避するため、仕事をしている現場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうすることで、良い空気のまま最高の形で会社を退職することができます。また、何の問題もなく円満退職で終えられたなら、転職後、相談ができるような良好な関係性を持っておくことができます。会社の大きさに関係なく、どこの会社も、人とのつながりは大切であるため、会社を辞める際のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

転職エージェントは一度登録すると、電話・メールが嫌になるぐらい掛かってきます。

転職サイトは一度登録したあとに、電話やメール連絡が呆れるくらい入ります。これに関して初めて利用する人は非常に驚くことが少なくありません。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だと考えられるので、積極的にアプローチしてきます。特に大手エージェントは、転職を成就させることによって企業からお金が入る仕組みであることから、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。その上転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れたその日に、入社を強くすすめてくることが多いです。対抗策として自身の希望や意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意することが必要です。

仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせることに・・

再就職を考えている時に目を光らせることになる求人情報については、参考程度に、アバウトに掲載されている可能性も少なくはありません。ですから、そこに記載されていることは正しいことだとは信じない方が最適でしょう。特に生活に大きくかかわってくる給料の額などにおいては、一般的な値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?というようなジャッジができない時が多く、自分勝手に読み取ってしまうと、後悔する確率もあります。という訳で、そんな風にならないためにも、募集要項は、だいたいのものだと考えて、そのような大切な事は直に確かめてみた方が良いでしょう。

何年か前までは求人誌では、雇用側の希望する「性別・・

数年前の求人情報には、求める人材の「性別」まではっきりと書かれていました。ところが、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、男女差別が採用時にないようにしないといけないルールが敷かれ、募集要項の概要に「性別」が無記載となりました。しかしながら、募集側は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って実は男性希望の会社に女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の企業に男性が来てしまい、でも不採用となる可能性が高くなります。例えば、「女性が活躍している仕事場です」といった内容の案件は、女性を希望しているのだと考えると良いといえます。

転職をするときに比較的重要なのが間違いなく「面接」です。

再就職をするときに比較的重視されるのが間違いなく「面接」になります。大半、面接の際は、応募者に転職に至った理由や仕事の意気込みなどまずは、こちらが質問される側となります。そして必ず、面接官の質問攻めが終わったら今度は、転職希望者から、面接担当者へ疑問点などを質問できます。面接官側が、「我が社について何か聞いておきたいことはありませんか?」と尋ねてくれるわけです。と聞かれたときに緊張のあまり、何も聞けずじまいになるかもしれません。そんなときのために、面接の前に会社や仕事に対しての疑問点などの質問の内容を整理しておきましょう。実際に働く前の段階で、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

退職|女性が再就職するに当たり、今現在とセクハラが問題視される前で…

女性の再就職は、一昔前と現在とでは多少の変化があるようです。一昔前は面接の際に会社側から、結婚の予定や出産予定に関して、質問されることがほとんどでしたが、現在の流れとしては、そういった内容は「セクハラ」と捉えられ、質問を避ける会社が増えています。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として神経質になっています。が、会社側は、YES・NO、といった形ではなく、その女性の考え結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を知っておきたいと思っている事でしょう。あなたの価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と一緒に伝えることで、会社側のモヤモヤも解消できると思います。ということで、たとえ、聞かれていない内容でも、こちら側から企業にとっては必要な情報と捉え、答えておくのが良いです。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。けれども、忙しく働きつつ求人を調べて、その応募手続きをしたり、面接を受ける、というのはハードだといえます。転職活動を行っている間は、現在の会社の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、そうではなく自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると覚えておきましょう。

派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら好きな時にすぐ辞められるというわけではないこ・・

派遣社員であったとしても、1年経ったら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを実際に転職活動を通じて理解しました。結婚生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、子供ができるまでと思い数年ほど現在の部署で仕事をしておきたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員であるために、年収は少なかったですが、時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。でも、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんど派遣社員として10年~15年ほど勤務しているというのです。意外にも派遣であってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

退職|これから転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は…

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当てはあなたが働いている会社側でしっかり「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を手にできます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、3か月の待機期間があるのですが、場合よっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに貰える可能性もあります。なお、受け取れる「失業手当」の金額については、最後となる月の直近の給料を基準にして手当の額を割り出されるので「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

退職|転職の面接などにおいて担当者が名刺を渡してきた場合・・

転職の面接などの場面で名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手に渡した方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだ際は、大方は差し出すことはないと考えておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の延長ではなく、採用活動の一環なので、一般的に考えて名刺をやりとりする場ではありません。それに加えて、会社の者としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。そのため、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいては、ただ受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手側にあげる必要性はまったくないと判断できます。

退職|このところ私は派遣会社に登録をしています。

派遣会社に登録して働いています。インターネットサイトでなんとなく気になる仕事を見つけ応募したい旨を伝えると「その仕事はもう他の方の採用が内定しています」と断られて瞬間的にサイトからお仕事の情報が消えるのですが、次の日には元に戻っています。これは結局私ではダメっていう意味ですよね。そういうことならばカドが立たないくらいにはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それとももしかすると偽の仕事なのでしょうか?