現在は、株式・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり・・

現在は、株・不動産投資の不労所得で儲けたり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。

昨今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生活資金を得たり、個人経営 といった生き方も増えています。そういった変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長の頃の際には、将来が不安定な自営業で生きるよりも組織の一員のほうが安定性にすぐれていました。人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが自然のことのように世の中に認知されてはいました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、現在のような時代は「成熟期」と表現します。今後は、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

20代に転職を2回経験し、今現在は資格取得のため、「派遣社員」を選択しました。

20代に転職を2回経験し、現在、資格の勉強をしながら、「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務ではないのでやはり毎月の収入は安くなりました。しかし、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生の頃に資格を取り、就職に活かせばよかったという後悔もあります。また、資格を活かして働いている方と話すと羨ましいと思ったりもします。これまでは、自分と比べてしまうことが悩みだったのですが、しかし現在は、結婚し、がらりと生活環境もかなり変わり、以前よりもその中で将来の目標も定まったので私も新たな目標に向かっています。

社会的な転職事情ですが、今の安倍政権では、「アベノミク・・

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理による現政権によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界や企業間でも新時代となる変化が出つつあります。それもあって企業の側でも労働人口減による「人材不足」が根深い問題となっています。将来的に外国人の労働者を増やしていくつもりでいると現政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用状況や転職事情も変わっていくのは間違いないでしょう。

転職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているた…

転職先を探している間は、どうしても、時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。だとしても、そんな風な過ごし方を常習化させるのは危険です。というのは、気の緩んだ、だれた生活が当たり前になると、「心」もだらしなくなるからです。気づけば、働く意欲が湧かず、経済的に困ることにもなるでしょう。こうして、生活も仕事も悪循環になり次の仕事をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決められないのは、給料を第一に考えてしまうためです。給料を最優先事項に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活を始める為にダラケタ生活は、転職活動中には必要ないのです。

退職|たいていの場合は大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですか・・

たいてい大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入る事は簡単ではありません。おまけに、都心を離れると転職のチャンスがきびしくなります。でも、製造業関連においては、都市部でない地方の工業団地で製造工場を置いていることも可能性があります。さらに、その地方工場では事業分野の拡大などの際に「人員募集」を積極的に行うので、そういった機会に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する会社についての下調べからあらかじめ仕入れておきましょう。公式サイトに訪問し、求人予定がないかちょくちょく確認すると良いでしょう。

転職というものについて考えた場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人・・

転職というものを考える際、その職場の自分の給与ばかりを気にする人は、わりといるようです。もちろん誰もが仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料として稼ぐべく励んでいるとは思います。だから自分の社会的な価値を知る値という側面もありますから、とうぜん大切なものとして扱うのは当然ではあります。しかしながら、ひどくもらっている年収の額に気にかけすぎる人生というのも寂しい気がしませんか?それより収入に直結しない仕事であってもやりがいを感じられることが少なくないからです。

退職|長い間接客業で勤めてきましたが、加齢が原因か座ることのできない仕事・・

長期間接客業で働き続けてきましたが、年齢を重ねるにつれて立ち続ける仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられる事務の仕事へ転職することを頭に入れて活動しました。事務が未経験となるとなかなか難しく、接客の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格も取って個人医院に転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係を築くのに手間がかかる。夜のシフトばかりさせられ、接客業時代より帰宅時間が遅くなってしまったのですが、最初の頃はキャリア形成の時だと思って仕事を続けます。

退職|転職候補となる面接では、やめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり無理・・

転職を成功させるための会社での採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫をかぶることです。すると残念ながら逆効果になります。ですから、思い切って面接時は、「報酬」といったような、多数の人がかなり質問しづらい内容を勇気を持って尋ねておいた方が、間違いなく自身のためになります。実際には「採用前の段階で、そういった質問をすることで面接結果に不採用になるのではないか」と不安がるかもしれませんが、ですが、プラスの結果になることは少なくないようです。こうした労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいうものの、面接の場では聞かないのも事実です。そこで、逆手に取って、「ほかの人とは違うな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

クールビズスタイルで再就職の面接にチャレンジする場合、…

クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接にチャレンジするときには、いくらなんでジャケットまでは着なくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイは着用していったほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイなしで大丈夫だと思っている企業も存在する可能性はなくはないです。ですが、ことネクタイだけはクールビズだろうとつける必要があると考えている企業がいくつか存在します。という訳で、例えクールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイを着用してから面接に行った方が安全だということは認識しておいてください。

退職|失業した人が受け取れる失業保険は、失業している間もらえるが、…

失業したときに受け取ることができる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、このような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急いで就職先を見つけようとしても好条件のところを探すのは至難の業です。面接に応じる担当者も無能ではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった箇所は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。状況次第では、面接官から失業中何をしていたのか根掘り葉掘り聞かれます。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、不合格となるでしょう。

退職|人生で初めて転職を行うのであれば、頭に入れておかなければいけないの…

最初に転職を行うとき、重要なのはなぜ今の仕事を辞めたいかをクリアにしておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。そして問題解消ができる会社を選んでいってください。既卒者の転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、今の仕事を継続しながら就職活動を続けなくてはならないため、時間と体力が必要でしょう。したがって明確な理由がないまま転職活動を行った場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動にゴーサインを出すことはやめておくのが無難です。

退職|ついこの間、転職したばかりだというのに、わずかしかたっていないのに…

ちょっと前に転職をやっとしたばかりというのに、すぐに辞めてしまう選択してしまう人が思いの外多いといいます。何故かと考えてみると私の思うところをいうとリフレッシュな気持ちで仕事を見つけたというのに、「自分自身の理想としていた職場とだいぶかけ離れていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」といった感じで退職してしまうことが多いようです。可能ならこのような失敗を繰り返さないためには、やはり、情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、など事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

転職活動中はとにかく、とにかくあなたの内心が沈着であ…

転職をする活動を効率的にやっていくには、最初に何よりも自身の心が慌てないことを忘れないようにしたいものです。今の会社で働きながら転職の活動をしている場合、それほどはそうでもありませんが、退職してしまってから行う場合、焦りが出てしまいます。であるので、冷静に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。今後、自分がやってみたい業務や、理想とする職場の雰囲気を明瞭にしてみましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか、改めて冷静に確かめてみましょう。しっかり考えることで良い転職先が容易に見つかるはずです。

退職|私たちの社会的環境において、近い将来着実に短絡的な仕・・

私たちの労働環境は、将来的に一段と短絡的な作業は機械化が進み、明らかにそういう仕事をする労働力はどうしても減少させられてしまいます。というのは、簡単な作業という観点では人間の手を借りるよりも機械のほうが数段に分があるからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動きを延々と反復したりすることは機械では当然何も不自由もありません。人間とは違って泣き言は言わないし、ペースが変わることもなくズルもしないし、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、報酬が発生しないのもメリットといえます。このように、労働力として人を使う理由がまったく無いため、機械に移行していくのも当然といえます。

転職活動を開始するとき、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが、…

転職活動を開始する際、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の「口コミサイト」はかなり利用価値があり、オススメです。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めさせられた社員の報復によってその種の口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、違った角度から見ると、投稿の内容が真実でなければ、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。しかし、現実は『クロ』で「本当のことが書かれているので、はやく炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分関わったらトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと見て良いでしょう。そもそも、本当に善良な会社であればトラブルなんて発生しません。

退職|兄の友人から聞いた話です。就職活動を始めて新卒とし…

こういう転職という話は友達からの話です。新卒の就職活動でぜひとも入社したかった目標であるA社で行われた最終面接を受けながら内定を得ることができず、それから後別の会社で働くことになりました。それから約1年半経った頃に派遣の求人のサイトでたまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、気持ちを抑えることができず当時の会社を即退職し、A社で派遣での勤務を開始、一生懸命頑張ってその先なんとかA社で正社員として働くことができ、現在においては仕事に誇りを持ちながらいきいきと勤務しています。