自分の好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

退職|自分の趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は要注意です。

  • 自分自身の大好きなことを仕事にしたいと思っている方は注意です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私自身、食べることが好きでそれが理由で飲食の世界(レストラン)で勤務していました。そのお店での仕事内容は、そのお店で任されていた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまったのです。そのことが引き金になって、職場を離れることにしたのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べることやその店でメニューとして扱われていた食べ物も嫌いになってしまい、よく似た飲食店には今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた当初、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは素敵ですよね。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり冷静に自分自身に問いただした上で行動するべきです。
  • 退職|これはシフト制の業務についてです。

  • 「シフト制」の業務についてです。決まった曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方をあらかじめ確認しておくべきです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の助っ人として、正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。前にいた女性が土日に必ずでれる人だったので、私も同じような人として扱われてしまいました。なので「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更の必要があり上司に「日曜日に休みたいのです」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。振り返ると「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。
  • 転職先を選ぶとき、当然やりがいのある仕事をすることも重要だけど…

  • 転職を行うなら、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけどそれに加えて手取りが増えることも大切なことなので「年収サイト」に登録をして前もって調査をしています。全く一緒の会社でそして全く同一の職種、経歴であるにも関わらずずいぶん人によって違いがある場合も数多くあり、正直なところ面接の時質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた側も誰だか見通しがついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。
  • 転職エージェントは大規模なものに限って、様々な案件を持ってい・・

  • 「就職エージェント」の大手ほど、たくさんの案件があるという長所がありますが、しかし、同時に転職を希望するライバルも多くいます。そのためあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェントのスタッフ側が「転職が難しい」と判断すれば応募してくれないこともザラですし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいると、そのライバルを優先することもあります。このように大手エージェントでは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱いかなり難しいので、方針を変えて中小クラスのエージェントたちに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないものでしょうか?と尋ねてみると自分の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。
  • 知っている人からの紹介によって転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知人の紹介をキッカケにして転職の先を探すこともあるでしょう。…が、転職をした先の労働環境、労働条件に関する情報について、友人知人からの口コミだけを判断してしまうと後悔するかもしれません。口コミの中でも個人の口コミというのは、どうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。つまり友人・知人から見たら心地よい職場環境であっても、自分自身の主観で見た場合、イマイチな場合かもしれません。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、最終的には自分の目でしっかり確認しておきましょう。
  • 転職活動をやっていると、面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。

  • 転職活動をしていると、面接時に例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機については、隠さずに話しても問題ありませんが、これと違って転職理由についてありのままに伝えるのは得策ではありません。給与の不満、人間関係に対する不満など、面接官に悪い印象を持たれるものです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、慎重に質問されることは避けられないでしょう。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。それにプラスして、「入社したなら、〇〇をしたいです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。
  • 今現在のあなたの職場・仕事内容について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

  • 現在の自らの仕事や業務に関して、少なからず何かしらの不満があるはずです。「自身の持っている資格やスキルを正当に評価されていない」そのため、「年収アップもないし、将来昇進する見込みもない」と言う不服を漏らす人もいます。けれど、そういった不満を持っている人の中には、本人が自分自身の持っている手腕を過大評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と中々就職先が決まらないことになりかねません。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。なので再就職を効率的にしていくためにも、あなた自身のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。
  • 現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしていることの証明が必要になりますが、…

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職探しをしているという証明が必要となります。けれども、「久しぶりに仕事から解放されたし、とりあえずはゆっくりしたい」と思うのが本音でしょう。ということで、真面目に求職活動をしているように、見せる方法があるので紹介します。月一回の「ハローワーク」での面談は必須ですが、その場で求人票を見ることは必ず行わなければいけません。まじめに探す気力がないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワークスタッフとの面談のときに、「納得できる条件の仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見つかりませんでした」と相手に言い、次に期待しましょう。
  • 退職|転職をスムーズに行いたい場合、準備はやらなくてはいけません。

  • 転職を進めるには、然るべき準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、目に映る「服装」は、誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、昨今の、企業面接については形式ばらない服装で良い会社もあるため、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に臨まなくても良いケースもあります。とくに会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接をしたほうが、良いイメージを持ってもらえます。また、フランクに会話が出来るのも魅力です。また、私服を見せるたことで時には面接時に服装について、話が広がることもあるので、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というわけで、転職活動は会社の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • 退職|再就職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計に関して…

  • 転職の面接のときにする腕時計の事についてですが、どう見ても目立つタイプのものはしないほうが好ましいと言えます。腕時計で目立つものというのは高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。逆に安物の腕時計に見られてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真反対の目を惹く、と頭に入れておいてください。面接時の腕時計においてはスーツやネクタイと同じように、ビジネスの場にふさわしい平凡なものをつけた方が良いです。ですが、自分の歳にあっている腕時計ということとても肝心であって、新卒の時に用意した腕時計よりはほんの少しでも高級感のあるものにした方が間違いないとはっきりといえます。
  • 派遣会社を通して働く人が一昔前の規制緩和以降、増えています。

  • 派遣という形で仕事をする人が近頃増加する傾向にあります。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかを面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りにお金を会社に支払うシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースがほとんどです。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、ときには、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることも少なくありません。なお、面接の際にきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、できることなら異なる派遣会社を利用されることをおすすめします。
  • 転職活動をするのなら、気になった求人(業種)を見た・・

  • 将来転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは業種)を見た際に忘れず「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントの情報では、業界に関するマイナス要素について、アドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なネット検索によって一発で実態を知ることができます。そういう面を知らずに入社すると、あとになって後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人募集が出ている理由が「内容がキツイから人が定着してくれない」というケースがかなり多いため、気になる業種や案件に関しては、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。
  • 転職希望者が受ける面接では、小企業だったら概ねその社内の「人事」担当が面接官ですが、…

  • 転職の際の採用面接では、中小企業であればほとんどが人事担当者になりますが、それ以外の場合もあります。たとえば、これから職場でかかわりの深くなる現場の担当者、という具合に役職クラスである部長や課長が面接を担当する可能性もあります。中でも事務系や営業系に転職する際は、資格のみでは人の判断をするのが難しいですから、なんといっても自身をアピールしていくことがとても重要になります。面接官の誰からも「この人は、堂々と発言してるし、頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。
  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで…

  • 『今すぐ転職をしたい!』という願望があって、その意志が強いのであれば、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。しかし、相談という形で話せばもしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、手を変え人を変え、結局、退職までに半年ちかく掛かりました。はじめて直属の上司に相談したのが年度末だったのに、実際ではなぜか退職を受け入れられたのは同年11月です。本当ならは仕事の落ち着いた年度末を区切りにしたかったのに、スムーズに退職できませんでした。企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての前の職場に対してガッカリしました。
  • 看護婦と呼んでいた看護師といえば、歴史的背景から女性の割合が高…

  • 昔は看護婦と言った看護師という職業は、どうしてか女性のたいへん多い職種です。しかも、気力それから体力をかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん職場での対人関係で行き詰まったり、自分の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり難しい職業です。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、人手不足の状況に変わらず継続しています。常にそれぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする状況となっています。
  • 世の中は変化していてスマートフォンを使えばわかるけ・・

  • 最近PCで調べればネットの世界では、今では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが無数に存在しているのをご存知でしょうか?サイトから自身が欲している転職先と思えるのを見つけるには何よりも情報が大事ですから収集から始めましょう。転職サイトを上手く利用することで効率的な転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。