転職したいと考えている会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。

退職|転職したい会社での会社見学に参加するとかなり参考になります。

転職先の会社見学は、非常に勉強になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られるので楽しくなります。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、絶対に見学者には、日常の仕事風景を見せてくれることはありません。典型的なのは、「ブルーワーカー」(肉体労働)です。この分野では、個人のプライドが強いので実際に入社しないと、本当の姿はわからないものです。なので、見学で知った内容がそのまま仕事現場と決めつけないことがとても大切です。加えて、見学の時に仕事体験できる会社はかなり問題がありますから正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。入社していない人にはトラブルが発生しても保証が無いので、仕事体験を勧められても角が立たないように断るとこが大切です。

昨日人材バンクに登録に出向きました。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に出向きました。そのとき私のカウンセリングのために現れた担当の人の雰囲気が見たところ経験不足の社員のようで、こちら側が説明をしていることの5割も理解できていない感じ。さらに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「きちんと強みと弱みを明確化することが大切でしょう」とか、ベテランのように横柄にしゃべるからとても不快でした。カウンセラーは多少は社会人経験がある方にしてほしいと感じます。

転職活動をする際の最後に残る厄介な問題として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。

転職活動をする上での最後の壁として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先がOKしたとしても、現在勤務している会社があなたを手放したくないとして慰留することもよくあります。もしそうなってしまったら、「何が何でも退職する」という強固な信念を持つことが求められます。引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきます。そのあとに、決定権を持っている上司と直接話をし、この退職にはどんな交渉も受けませんと堂々と伝えます。「円満退社」をすることも一つの転職活動です。

就職活動において、年収は大変大事な要素です。

就職活動において、年収は絶対に無視できません。面接の時、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。現在の年収が430万円であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが無難です。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社を直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

転職を、「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしていただきたい…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えてほしい箇所が数点あります。一般的に派遣に関しては、お茶出し、その他雑用等をなどの仕事内容をぼんやりとイメージされる人がおそらく少なくないでしょう。はじめはかく言う私自身もそう勘違いしていました。現在働いている企業に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「電話対応がメインです」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、入社したとたん、まさか「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を指示されました。毎回振り回されますし、はじめの説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。とにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

仕事をするにあたり、心的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、…

仕事のために回復が難しいほど精神的に自分が苦しくなって転職せざるを得ない状況に至ったなら、そのときは、会社と相談ではなく自分の家族と話し合い、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。なぜそのほうが良いのかというと、働くことは当事者であるあなたです。が、しかし身内の問題でもあります。毎月、どんなに給料がいいとしても、精神が追い込まれるまで我慢しながら無理して働くのは健全とはいえません。現在では、経済的に豊かなことよりも、仕事のしやすさを優先する生き方も段々と増えつつあります。ですから気に病むことなく、家族や、あなたの心身の健康を考えていきましょう。

退職|今の時代の企業の労働環境の目まぐるしい変移をについて、全世代の中・・

このようにここ最近の会社や企業の雇用形態の変化に際して、34歳ぐらいまでの若い世代が特に注目しているようです。おそらく、「将来的なキャリアアップ」を見据えようとしているのでしょう。そのため、働き手などの労働市場の「流動化」が著しくなっているため、輪をかけて将来、これらの傾向が高まっていくはずです。労働市場の「流動化」によって労働者の転職は当たり前になり、終身雇用が当たり前とされていた時代には、「会社を辞めて転職」は、それだけでややネガティブに捉えられる傾向が強く、損をしてしまうこともあったのです。けれども、時流の変化とともに現在やっている会社のみに執着する必要もますます無くなってきています。

看護師という仕事の人の他の仕事に転職の原因は人それぞれではないでしょうか。

看護師でありながらそれと違う仕事に転職に至る原因は、人によって違うはずです。看護師からの転職するには「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産さらに子育て加えて親の介護など、さまざまな仕事環境の変化など、これまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「今の給与とキャリアとのバランスに不満がある」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。ですが、転職を決める前に転職したいと、落ちついて冷静に、現状を見つめ直すことも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したうえで決断しておくと間違いありません。

退職|転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込んだ…

転職期間では、自分の好きなことに時間を使ったり、体力を低下させないようにしておくと良いでしょう。採用が決まり、仕事を再開したときに、趣味に没頭していた影響で、無意識の間に集中力が高められます。また体力アップしているために、一緒に働く人たちと比べると疲れない身体になっている、と自ずと認識することができます。ということで、休職中は興味のあるなことに打ち込むことと、体力を維持させるように努力をするのが何より良い事なのです。再就職先が決まり、その会社で同じ趣味の方とめぐりあうことができれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。

もっと良い企業の社員になりたいと転職を希望する人の大・・

今と違った企業に入りたいと転職を希望するとき、「1日でもはやく、内定(採用通知)を手にしたい」と思っているはずです。しかしながら、それで吉報が欲しいあまり、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいはその逆で自分を能力を安く見積もった行動はできるだけ避けておきましょう。焦ってしまう気持ちをブレーキを掛けて、冷静に、そして客観的に、自分の能力にあった職場を探すことに専心しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を見極めましょう。

求人関連の広告には、多くの職場では月収等が記載されています。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん大部分の企業では月の給料等が記載されています。でもこの月収の部分を調べれる時には、注意深く確認する事が大事です。その数字だけ見て納得しないほうが無難です。実は場合によっては、月収のなかに月30時間残業の場合が条件になっているかもしれません。何が問題かというと残業代の金額を入れることで良い案件に見せて、人材を募集している所があるからです。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられます。だから、このような「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

退職|昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司の存・・

勤務していた会社でパワーハラスメントを行う上司に嫌な気分にさせられ、最後には耐えることができなくなりその会社は辞め、同業者である別の企業へ移りました。その会社では気分よく働くことができて非常に満足していましたが、ゆっくりと会社の売上が悪くなり、結局はとある会社に経営統合されることになりました。奇遇にもその統合した会社が驚くなかれ以前働いていた会社で、しかもものすごく嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれほど縁があるのでしょうか。言うまでもなくまた転職をしようと活動を始めようと思っています。

退職|転職を考えているなら、「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしもあなたが転職するのなら、「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておけば、転職時には有効活用することができますから、次の仕事も見つけやすくなります。そんなわけで、在職期間中での資格取得が最適といえます。もしもあなたが将来のために、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、会社を辞めた後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。そのうえ、資格を保有することで転職先の面接の場では面接担当者に「即戦力」と認められ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

新卒で入った会社を辞め、一歩踏み出して転職することにしました。

新卒採用で入社しましたが、転職すると決意しました。会社を辞めたときは、しばらくの間不安な気持ちになりました。ですが、新卒採用で入社した会社を退職し、多数の人が転職をしていることを転職活動をしていく中で学び自然と漠然とした不安が無くなりました。転職を経験すると不思議と肩の荷が下りたかのような気分になり、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが楽しくなりました。いまだに「一通り経験してから」という考えの方も、もちろんいますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の場合は否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。

転職を成功させるためには、計画的な徹底した情報収集が不可欠です。

良い転職する先を見つけるためには、事前の意味のある情報収集をしておきましょう。そうしようと思うのなら最近は会社の名前を知られていない小規模な会社にもかかわらず公式ホームページで会社を紹介している企業がほとんどですから、インターネットの機能を駆使して自分が気になる点を調べておくとそれとその企業のなんだろうと思う点を整理しておくと良いでしょう。また、公式サイトに加え、「転職サイト」を利用してみるのも効率的ではありますが、また、インターネット以外の手段として、何よりも転職の候補にしている企業を自身の目で確かめることも大事なことです。

転職活動では、履歴書と職務経歴書が必要不可欠になってきます。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。会社の大半は履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを判断するため、ともかくこれらの書類が大事なアイテムです。ただ文字を書くだけにとどまらず、内容の充実を図ることも大事です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。さらに、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などかなり具体的に書いていきます。作成に行き詰まったら、転職エージェントを活用したり、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを頼ること転職を成就するための有効な手段です。