転職するため職探しをする場合に注意したほうがよい求人の募集内容は・・

転職するため仕事探しをする場合に気を付けて欲しい募集内容は、…

  • 転職活動する際に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いというものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがたいへん多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間や45時間といった形で求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、前もって給料形態に残業代を組み込む、といったものになります。(なお、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代50時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」ということになるわけです。けれども、悪質な求人情報では『みなし』を記載していないこともザラですのでよく気を付けてください。

  • もし転職することを、今の会社の人たちがあなたの退職を知ると…

  • もしも転職することを、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知るとその状況が悪くなる可能性があります。普段から良好な場合であれば、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、うっかり転職のことを口にするのはお勧めしません。上記トラブルを回避するために、今の職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすれば、良い空気をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を去れるはずです。また、トラブルなく退職できれば、退職後も、あなたが困ったときにアドバイスをもらえる機会にも恵まれるでしょう。規模や業種に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりは大切なので、仕事を辞める前のトラブルは、できるだけ控えましょう。

  • 転職サイトに一旦登録すると、電話・メールが頻繁に掛かってきます。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。これに関して何も知らずに利用しはじめた人はとても驚くかもしれません。転職エージェントは転職を助けることが仕事だと考えられるので、本当に積極的です。中でも大手エージェントは、転職を成就させることで企業から報酬が入る仕組みであるといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多いものです。また、「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れるとすぐに、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。自身の気持ちをハッキリしておき、転職にしくじらないように充分に注意しておきましょう。

  • 仕事を探しているときに閲覧する仕事の情報というの…

  • 再就職をする際に注意を向ける募集事項は、基準的なものとして、アバウトに書かれていることもあります。ですから、そこに書いてある情報はすべて正しいものだと思うのはやめておいたほうが良いでしょう。特に生活に大きくかかわってくる給与面においては、社員を平均して出した金額なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?というような見解ができる人は少なく、自分の勝手な判断でとらえてしまうと、今後、後悔することになる事も少なからずあるでしょう。そのような訳で、悔しい思いをしなくて済むように、募集内容に関しては、うのみにせずに、そういったとても大切な事は直に問い合わせるのが適切です。

  • 何年か前までの求人情報では、雇用主が必要とする人材の「性別」まで…

  • 数年前の求人誌に募集条件の中に「性別」まで、記載されているのが普通でした。ところが今現在では、男女雇用機会均等法が施行され、男女差別が採用時にあってはいけないルールとなり、応募資格の詳細に男女の文字を見ることはなくなりました。とはいうものの、募集側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。ですから、実際は男性必要とするジャンルに、募集に女性がやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といったトラブルは誰にも起こり得ます。もし、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇用主が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうがトラブルを回避できます。

  • 再就職において、重要となるのが間違いなく「面接」です。

  • 再就職する際、重要となるのが間違いなく「面接」というものです。一般的な面接の場合は面接官が当人に対して転職の動機や退職理由などいろんなことを尋ねられると思います。さらに、面接の終了間際に次は、転職希望者から、面接担当の人へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「何か疑問点はありますか?」と。この手の質問が来たときは、緊張状態で、質問を遠慮してしまう可能性もあります。そんなときのために、予め疑問点などの(あなたからの質問を)考えておくのがベストです。冷静に考えてみればいくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

  • 女性の再就職については、現在と一昔前では少なからず、違いがあるようです。

  • 女性が再就職する時、今日と数年前では少なからず、変化があるといいます。過去には面接の場で、結婚観や結婚後の仕事などについて、ごく一般的なこととして女性に質問していました。でも、今ではその手の内容は、セクハラに該当する恐れがあるとして、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。特に大企業ほど、この手の質問をNG質問として扱われています。しかし実際、面接する側はYES・NO、の2択でなく、その女性の姿勢、結婚したあとどうするか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、把握しておきたいとは思っている事でしょう。自分自身の考えをわかってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと混ぜながら表現することで、会社側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うわけです。なので、質問されていない箇所もあなた自身から気遣って答えてみることを考えてみてください。

  • 転職活動を現職と並行する人は少なくありません。

  • 転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。でも、仕事をしつつ求人情報を調べながら応募したり、面接に臨むのは精神面も肉体面も負担が大きいといえるでしょう。転職活動を行っている間は、現職の同僚・上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントを通している場合はそのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自身で直接、応募した場合も相手の会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを認識しておく必要があります。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとして・・

  • 派遣社員だからといっても、自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと実際に転職したことで思い知らされました。私は新婚生活に慣れたらすぐにでも子供を授かりたかったので、それまでの期間のために1年半~2年だけ今のそのまま仕事したかったので就職しました。派遣社員としてだったので、正社員よりも年収は少なかったのですが、仕方なく家庭の時間のために、この道を選択しました。ところが、入社後、一緒に働く人たちの大多数のスタッフが派遣の仕事を10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣であっても契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 退職|年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をする前に期間があるのな…

  • 今年中に転職活動を考えている人で、次までの仕事にある程度期間がある方は可能ならば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。働いている所属する会社がもし雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を受け取れます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、3か月の待機期間があるのですが、働いている会社都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の給料を基準にして失業手当の金額を算出されるため、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 退職|再就職における面接などに関して担当者が名刺を渡してきた時、…

  • 再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を差し出された場合、あなたも名刺を相手に渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に迷ったときは、一般的には渡す必要はないと頭に入れておいてください。転職のための面接というものは仕事の延長上のことではなくて、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから大方は名刺をやりとりする時ではないのです。重ねて、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。という訳で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらは名刺をもらうだけで問題なくて、担当者に相手に渡す必要性は少しもないと思います。

  • 退職|このところ私は派遣の会社に入っています。

  • このところ私は派遣の会社に登録しています。インターネットサイトの中でなにげなくよさそうな仕事を探して問い合わせたところ「残念ながらその仕事は、他の人で話が進んでいます」と言われて一瞬サイト内からも仕事の情報が消滅するのですが、次の日になれば再びその求人募集が掲載されています。これって結局私ではダメだという意味ですよね。そういうことであればカドが立たない程度にはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。あるいはもしかして偽りの仕事なのでしょうか?

  • 再就職して仕事先を新しく替えるということは、自身に合…

  • 再就職で勤め先を一新するということは、自分自身に見合う自分の希望に近い転職先を探したいものです。職種を変えることで、自分に適した仕事に就く可能性もあります。とはいうものの、プラスの面だけではなく、雇用側が必要とする能力がないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い換えると、あなたの才能次第で、天職に恵まれることも可能、ということです。昨今は、職業選択の自由が社会的に普通に認識されているので、転職を決断したとしても偏見を持たれて、居心地の悪い思いをすることもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今は、人手が欲しい会社や職場はだんだん増加しているので、今の良い時期に乗じて転職されるのも良いかもしれません。

  • 退職|初挑戦の分野などに職を変えようとするときには、以前の職場で、自分・・

  • 全くの未経験の業種などに転身したい場合には、以前の仕事で、自分が培ってきた腕前やこれまで経験したことが生かせるという内容の自己主張が必要です。経験がない人は経験していない分だけその業種で働いたことがある人よりも事実、不公平な状態になりますが、自分自身の持っている能力がそこでも十分に生きるということをしっかりと話すことができれば、勝負になる場合も多くあります。ですので、経験が全然ないジャンルに挑戦する際には、その業界とこれまで自分が働いてきた仕事内容とのつながりを徹底的に探しましょう。

  • 転職に先立って今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません…

  • 転職を目前にしているなら、現在働いている会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、あなたの都合で退職届を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」のときは即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後で失業が認定されてから3か月経つこことが必要なのです。であるため、会社を辞めた翌日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワークの担当者と揉めているのを見たことがある。ちなみに、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されてから直ちに失業保険を受け取ることができます。

  • 転職活動は、希望する企業相手というよりも採用担当の面接官と…

  • 転職活動で重要なことは企業とのやりとりよりも採用担当の面接係員との勝負と言ったほうが正しい気がします。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、先ずはあまり意識せずに平常心で対応することを心がけましょう。例えればお見合いをする気持ちで向かうと問題はありません。また面接官はまずはあなたの人となりを判断されるのでマイナスな印象につながる態度は注意しぜったいに控えましょう。そして品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて綺麗に整った服装を意識してください。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。