転職する時にインターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

退職|転職をするに際しては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」…

  • 仕事を探すのに、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」に頼るケースもありますが、もしあなたがそういったエージェントに登録し仕事に就くことができたとしても、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就職しても失業保険とは無関係なので注意が必要。他方、「ハローワーク」によって斡旋された会社に就職した場合は、就業に備える準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。こういった点を知らないでいると、失業中にお金がもらえなくなるため、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • 転職活動をスタートする際、会社を辞めてから転職しようとする人もいます…

  • 新しい仕事を探すのに、今の会社を退社してからという人もいますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときには次のボーナスがいつ入るのかを確かめておきましょう。ボーナスがもらえる会社は星の数ほどありますが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが入る日がもう少しのときには、支給日が過ぎるのを待って辞めるというのも賢明といえます。ボーナスってある程度多くもらえるはずなので、もらわないと損ということも言えるでしょうから、退職の時にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを一度確かめておくとボーナスをもらうのを忘れないと思います。
  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり・・

  • 最近は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、会社名が公開されたりと厳罰に処せられる傾向にありますが、完全には程遠いと思えます。したがって、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目を順番に色々と質問してみましょう。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であれば、明確に返答できなかったり、あるいは、その場で答えられなかったり逃げ腰になります。特に給与や残業や休日に対しては、質問をしつこくしていると、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも質問を続けると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、会社の本当の姿に気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、入社を止めるのが無難でしょう。
  • 昔から「石の上にも三年」という格言があります。

  • 昔から日本には「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともにないものと同然である「終身雇用制度」。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」はとても身近なものになってきました。しかし、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に再就職するつもりなら、適したを図る必要があります。まず、今現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、納得できない点を5~10個ほど、探してみてください。そうしておくと、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、迅速に、今より良い職を手に入れるべく努力していきましょう。
  • 仕事を変えた場合には、大体の場合、以前の仕事は多くの出来事は美化されます。

  • 職を変えた際には、大体の場合、前職の多くは美化された記憶となります。本来は現在の職務に不満を覚えるから、良い方向に進みたいとどうにか転職を決意したはずなのに、昔を思い返すと「前職のほうが良いのでは?」と思い始めるのです。というのも至って普通で、以前の職場では業務に慣れていて、楽にまいにちの業務を淡々とできていたのが、理由にあるでしょう。ところが、「退職しなけりゃよかった」と心底思うほど、過去の会社のほうが仕事に対してのやりがいや労働環境が良い事も考えられます。
  • 転職時の面接で行くと必ずと言っていいほど聞かれるの…

  • 再就職をする時に面接で必ず聞きだされることが前職を辞めた理由についてですが、この質問に答える場合には話の中心を辞職した会社に向けない方が良いです。退職した理由を的に絞り話が進むとほぼ確実に良くない面を含んだ面接になってしまいます。どのように進めればいいかというとなぜ前の会社を辞めたかという点をぜひともこの会社に入りたい理由があったからといった内容に向けていくということで、入りたい会社の方に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、そういった話ならば、好印象の辞職の訳にすることができます。
  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

  • 現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング会社」も増えています。特許を出した経歴がある人は、コンタクトを受けやすくなります。彼らは、特許申請を行った人に加えて、「研究開発」における論文を出した人や、雑誌で紹介されている人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングするネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われる連絡をもらったなら過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングを装って、登録料を請求する会社もありますが、そのような会社はおそらくは嘘ですから騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 求人関連の情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は・・

  • 求人に関する情報を見る際、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そのような人は、「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしていることが少なくありません。実際に、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類される仕事が結構な数あります。ですが、製造業の勤務場所はオフィス街のような環境とは違います。ですから、その点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。しかし、自らのこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。
  • 派遣先の会社が決定しました。最初の出勤日に派遣会社で営業を担当している人と…

  • 派遣先の会社が決定しました。仕事の1日目に営業担当者と就業先近くのコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたのですが、店の前にいなかったので中にいるのかもしれないと思って店内に入ってみたところ、彼は驚くことに雑誌売り場に座り込んで成人雑誌のグラビアページを開いて閲覧しているではないですか。こんな担当の方のお仕事なんて願い下げだと思って、挨拶もせずこっそりとコンビニを出てすぐに派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。
  • 転社を繰り返さないためには、少しコツがいります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。今ではネットを用いてメンタル面を鍛えるのには良い情報は誰でもカンタンに拾えます。そんな、時に転職とは全く異なる行動でも、精神面は強化できます。オススメは、ズバリ「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと日本とは異なった様々な文化があり、大きな刺激を得られます。ですから、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国すると、己の視野の狭さを実感し、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、面接に臨めば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはず。ですが、退職後は精神面が弱くなっているので、元気になるまで休みましょう。
  • 退職|自分のスキルが有利にはたらくように転職を考える際…

  • 今ある自分のスキルや資格を活かしつつ、転職活動を検討する場合は、比較的、転職がしやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなう業界としては、たえず人手不足である医療・介護業界が代表でしょう。医療や介護の業種では看護師や介護士は「資格」が必須で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて仕事のきつさから、他の業界に転職したいと考えているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。ですので、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を希望するなら、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけておきましょう。
  • 退職|やっている転職する活動の際に「私はかつて、このような職・・

  • 励んでいる転職する活動の際に「自分はこれまでこういう内容の仕事を長く続けました」「今までにこういった経験を得られました」と自分自身の実績などを強調してアピールする人はわりと少なくありません。ところが、転職先の新たな職場で「将来、こういった仕事をしたい」「私があげたような内容ならできれば貢献できるに違いない」と未来の姿を話して自分をアピールしていったほうがはるかに効果的だったりします。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。
  • 退職|転職のため仕事探しをするときに特に注意したほうがよい求人の募集内容は…

  • 就職活動をする場合に注意すべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高く、拘束時間が長めというものです。こういった求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースが多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間や45時間といった形で求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料に残業代を組み込むというシステムです。(なお、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代30時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を入れると、これだけの給料です」ということになるわけです。ですが、悪質な求人には『みなし』を意図的に表記してないこともザラですので要注意です。
  • もしも転職することが、今の会社の人たちがあなたの退職を知る・・

  • もし再就職の前に、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の状況が一変するかもしれません。あなたの置かれている立場によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。時には、意図的に残業を押し付けられたりすることもあるので、軽はずみに「転職します」と周囲に伝えるのはお勧めしません。そういったトラブルを回避するため、今現在の仕事場では、真面目に誠実に振る舞いましょう。そうしておけば、良い関係を維持したまま、晴れやかに仕事を辞めることが出来ます。加えて、円満退職に至れば、転職後も、困った際には相談できる機会も出来ます。規模などに関係なく、どのような会社も人との縁はとても重要なので、会社を辞める際のトラブルは、可能な限り控えましょう。
  • 退職|転職エージェントに登録した場合、電話やメール連絡が嫌になるぐらい入ります。

  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。そのため初めて利用した人は結構驚くケースがよくあります。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが目的だといえるので、非常に積極的に行動します。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることで企業から報酬を受け取るシステムのため、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多いものです。彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出た瞬間に、入社の説得をしてくることが多いです。自身の気持ちや意思を明確にしておき、転職に妥協しないように注意することが大事です。
  • 仕事を変えようと考えている時に閲覧する仕事の情報というのは、…

  • 転職を考えている時に目を光らせる募集事項の情報というのは、参考程度に掲載されていることもありますから、記載されていることは何もかもが間違いのないものだと迂闊に信じないほうが賢明です。特に給与面に関しては、平均の金額なのか?最低額なのか?最高額の給料なのか?といった判断ができないことが多く、自分勝手にとらえてしまうと、今後、後悔するかもしれません。そのため、そんな風にならないためにも、求人に記載されている情報はだいたいのものだと考えて、そういったような内容は会社側に直接確認を取ってみた方がよろしいです。