転職において、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント…

退職|仕事探しを行うにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

  • 新しい職を探すとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋してくれる会社がありますが、あなたがそのようなエージェントに登録し仕事に就くことができた場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには失業保険とは無関係なので注意しなければいけません。一方、ハローワークを経て斡旋してもらい、就職できたときは、就業用の準備金として一時金を受け取ることが可能です。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このような点を知っておかないと失業中にお金が入ってこなくなるので、そうならないように気を付けましょう。
  • 転職活動をスタートするときに、まず今の会社を退職してから…

  • 転職活動を行うのに、まずはまず勤務先の会社の退社手続きをしてからとする人たちもいますが、そのような場合には次のボーナスがいつ入るのかを前もって調べておきましょう。ボーナスが支給される企業は山ほどありますが、社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスが手に入る日まで長くないのであれば、それから辞職するという考えもおすすめしたいです。ボーナスは少々大金なので、もらっておかないともったいないとも明らかなわけですから、辞職する際にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを最初に調べておいた方が堅実です。
  • 今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、…

  • 近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、社名が公開されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、完全には程遠いと考えられます。実は、面接で見破ることができます。最初に、求人票などに記載された労働条件をチェックし、怪しい点について堂々と質問しましょう。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、「その場では答えられない」というような逃げようとすることが多いです。特に「給与」「残業」「休日」においては、質問をしつこくしていると、後ろめたさを感じる表情を見せる可能性が高いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、何か違和感を感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。
  • 退職|昔から「石の上にも三年」というコトワザがありますが、…

  • ”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は衰退してきています。転職というのは一般的な事柄となってきています。でも、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。転職しようと考えるなら、タイミングを的確に捉える必要があります。まず第一に、現在の職場、仕事内容について、不満を感じる点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は探しておきましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もし決断したら決断を早めにし、よりキャリアアップできるように、進めることも大事です。
  • 転職後は、高い確率で前の会社の仕事での記憶は大方、美化されます。

  • 転職した際には、高確率で以前の会社の仕事は美化されます。実を言えば現在の待遇に自分に合っていないと感じたから、それを解決するべくせっかく退職を決め、再就職したはずなのに、いつしか不思議と新しい会社よりも「前の仕事のほうが心地良かった」と思うことが増えてきます。それというのは極めて普通のことで、以前の職では日々の業務に慣れていて楽に与えられた業務もこなせていたのが、というのもあります。ところが、「退職なんてしないほうが良かった」と本気で悔やむほど、前の会社のほうがやりがいもやりがいがある場合があります。
  • 転職の面接でほぼ問いかけられるのが前職を退職した原因です。

  • 転職をする際に面接で行くと必ずと言っていいほど聞かれるのが以前勤務していたところを退職した理由についてですが、この質問に答える時には話題を辞めた会社からそらしたほうがベストです。前職を辞めるに至った経緯にスポットを当てると言うまでもなく悪い印象を与える要素を含んだ話の内容になってしまいます。このことを上手く話すには、なぜ前の職場を退職したかという点をぜひともこの職場に入りたい理由があったからという感じに進めていくということで、今、自分が面接している会社に焦点を向けていくと良いでしょう。そのような内容ならば、マイナス面を消し積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由に変えることが可能です。
  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や…

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を取った経験があるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を提出した経験がある人や、雑誌で紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと考えられる連絡があった場合は、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。たまに、ヘッドハンティングと称して、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、たぶんサギであるので引っかからないようにしましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要はありません。
  • 求人に関する情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほ・・

  • 求人関連の情報を見る際、例えば、デスクワークが希望だからと、製造業をチェックしていなかったりします。そういった人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勘違いしている可能性が高いです。実際に、製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理といった「事務系」の役職もかなり存在します。とはいえ、製造業の勤め先はオフィス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですからアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと思うかもしれません。だとしても、自身の執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • 派遣社員として働く会社が決定しました。

  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。最初の勤務日に派遣会社で営業を担当している人と就業場所に近いコンビニエンスストアで合流することになっていたのですが、彼がコンビニの前にいないので中にいるのかもしれないと思い店内に入ったところ、担当者はなんとまあ雑誌売り場の前でしゃがみ込んで成人向けのグラビアページを開いてみているではないですか。こんな人が自分を担当するなんてとてもじゃないけどできないことと判断し、声もかけずに気付かれないようにお店を出てすぐに派遣会社へ辞退の連絡をしました。
  • 転社を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

  • 退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる今ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職と異なる行動をする事もメンタル面を鍛えられます。何かと言うとズバリ「海外旅行」です。海外に行くと、日本とは違う様々な文化があり、刺激をたくさん受けることができます。ですから、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。日本に帰ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。その気持ちを携え、面接に臨めば、これまでとは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ただし、退職後しばらくの間は精神的に弱くなりがちなので、その後のために休業期間も必要です。
  • あなたが持つ現在のスキルや資格を有効活用しつつ、再就職…

  • 今の自分のスキルを有効活用しながら、再就職をしようと考えているのなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。再就職がしやすい業界としては、人手不足が問題視されている「医療・介護」が、代表でしょう。医療・介護の職種では看護師や介護士は「資格」を必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今、看護師や介護士として活躍している人が、様々な事情により、他の業界へ再就職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は現業界よりも少なく、ですので、容易に考えないことが重要です。再就職を本気で考えるのであれば、「医療」「介護」のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。
  • 転職活動の際に「経験としてこういった職場の仕事をがんばってきました…

  • 今がんばっている転職活動中に、「自分はこれまでこういった価値のあるの仕事に尽力しました」「過去の会社の仕事によって、こういった経験を手に入れました」と過去の自分自身の実績などを強調しようとする人は頻繁に目にします。が、転職先となるその組織で「機会があればこのようなことをしてみたい」「これこれの内容の仕事をするのならぜひ貢献できると思う」と未来の姿を話して自分自身を売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。
  • 退職|就職のため仕事探しをするときに気を付けて欲しい求人情報・・

  • 就職のため職探しをする際に注意したほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれている場合が多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間というように求人の内容に時間が書いてあります。毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を入れておく、といったシステムです。(違法ではありません)『みなし残業代45時間込』というのは、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料です」という求人になります。ただし、悪質な求人は、この『みなし』という言葉自体が可能性もあるので気を付けてください。
  • もし転職前、今働いている会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまうと…

  • 再就職の前に、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと、職場の状況が悪くなる可能性があります。働いている会社の環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。加えて、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、軽率に「転職します」と周囲に言うのはお勧めしません。上記のトラブルを避けるために、今所属している職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。そうすることで、良い雰囲気をギリギリまで維持したまま、気持ちよく仕事を辞められるはずです。しかも、円満に退職できたなら、転職後、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえる機会も出来ます。規模や業界に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりがとても重視されるので、会社を辞める前のトラブルは、可能な限り回避してください。
  • 転職サイトは、一度登録したら、電話・メールが何度も掛かってきます。

  • 「転職エージェント」は、一度登録すると、電話やメール連絡が何回も入ります。これに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は非常に驚く場合が多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが業務なので、大変積極的にかまえています。特に大手エージェントは、転職を完了させることで企業からお金がもらえる仕組みなため、転職したい人の都合よりも企業側を優先的に考えるケースが目立ちます。彼らは、成約数を増やしたいがために内定が取れた瞬間に、入社を積極的にすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意しておきましょう。
  • 再就職をする時にチェックする募集事項は、だいたいのも・・

  • 職を変えようとしようとしている時に見る求人情報は、目安として書かれている、ということもあります。ですから、情報として書いてあることをすべて正しいことだとは思わない方が賢明です。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与においては社員を平均した値なのか?それとも最低限の金額なのか?一番高い給料なのか?といった見極めができない人のほうが多く自分勝手に解釈してしまうと、今後、悔いが残ることもあります。そのような訳で、後悔しないようにするためにも、求人に記載されている情報は基準だと思って、そういった重要なことは会社に直に連絡を取るのがベストです。