転職のための採用面接を受けにとある会社に出向きました。

転職の面接を受けに転職したい会社へ赴いたときのこと・・

転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ向かいました。会社にある会議室が空いていないとのことで外のある場所で面接官と待ち合わせをして採用面接が行われ、当該会場で解散をして、面接官もそのまま自宅直帰されるとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が一緒。そのため電車の中においても面接を行った人と一緒にお話をしながらいっしょに帰ることとなって、その結果緊張が解け面接の時よりも話が弾み、それがプラスになったのか何事もなく採用を掴むことができました。

退職|転業を考えているなら、まめに多種多様な企業の情報の詳・・

転身しようと思っているならこまめに多種多様な会社の採用情報の詳細を定期的に調べたり比較したりしておくと転職時の選択に役立ちます。今の職場になにか納得のいかない部分があるケースでは、本腰を入れて転職活動をする際にどこの企業もいいように思えてしまします。そういった状態だと、どの企業を選択していいのか判断が難しくなり、判断を誤る可能性も少なくありません。結果、一瞬で不満が募ってしまうこともあるので会社の良しあしを見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性を重視する企業は、取引している会社の情報を公開していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、その点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。さらに、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。

ある古物商の社員募集にて、書類審査に合格しました。す…

ある古物商の人員募集にて、書類審査に合格しました。すぐに先方から面接日時を告げられました。にもかかわらず、当日、時間通りに行ってみると、どうしたものか相手の面接の準備が全くできていない状況でした。しばらく待って、所長らしき人が面接に応じてくれましたが、始めから終わりまで、たいへんにだらしない態度を見せられ、かろうじて面接が終わりました。ですが、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、待っていられず、自ら問い合わせると、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達で再度連絡をしたところ、「結果は不採用でした」、とすぐに電話を切られてしまったのです。私はしばらく言葉も見つかりませんでしたが、正直、採用されなくて良かったとホッとしています。

転職活動を始めるとき、はじめに、公式サイト、求人票、パンフレットといったもの・・

転職をするにあたってはまず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして関心のある会社を調査するとは思います。とはいっても、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。たとえ公開する場合でも差しさわりのない表現をします。そのような類の会社や社員に関連する情報については、それを事実として見るのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に心地よい言葉を鵜呑みにしてしまうと、「こんなはずじゃない!」とあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、いろいろと言いがかりをつけて辞めさせないように画策しています。要するに「ブラック企業」の求人には注意、ということです。

退職|好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は要注意です。

自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私自身、食べることが好きだったのですが、それが理由で、かつては、飲食の世界(レストラン)に勤めていた期間があります。そのお店での業務内容は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざでとても嫌になりました。そのことが引き金になって、仕事をやめることにしたのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物さえも苦手になり、類似の店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事を始めた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の大好き、を仕事にしたいと思い、それを実現させることは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に自分自身と向き合う必要があります。

退職|シフトの勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフトの仕事に関する話です。毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休む手順については、あらかじめ確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として入ったのですが、そこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が土日は必ず出勤していたので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変わってもらうときは、上司に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い出す度、「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

退職|転職を行うにあたって、もちろん仕事のやりがいアップと一緒…

転職先を決める際、当然仕事のやりがいアップも大事だけど加えて収入が増えることも大事なポイントなので「年収サイト」に登録をしてあらかじめ調査をしています。同じ会社でその上同一の職種、社歴であるにも関わらず人によってとても違いがある場合も複数あって、ぶっちゃけて言うと面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人も誰だろうとだいたい予測できるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

大きな転職エージェントに限って、潤沢な案件を抱えて・・

大手の就職エージェントに限って、多くの案件を扱っている他方、転職を希望するライバルもたくさんいます。それゆえに応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当スタッフが「転職が難しい」と判断すると応募してもらえない可能性もありますし、企業から見て自分よりも有能なライバルがいると、その人を優先して送り込む傾向があります。このように大規模なエージェントの場合、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っており大変難しいので、方針を変更してもっと規模が小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないか、と話しをしておくと転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。

退職|友人からの紹介によって転職先を見つける人もいます。

知っている人からの紹介によって転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。そうはいっても転職先の労働環境、それに労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報をあまり信用しすぎるとあまり面倒なことになるおそれがあります。口コミの中でもそういう口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。それ故に紹介者にとって、働きやすい職場環境だったとしても、自分自身の主観で見た場合、ストレスフルな可能性もあります。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけで判断せず、最後は自分自身の決断を信じるしかありません。

退職|転職活動をしていれば、面接で必ず尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしている際に、面接のときに必ず尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。これらのうち志望動機は、そのままお話しすればよいのですが、これとは違い「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。給料の不満、上司とそりが合わないことなど、面接官によいイメージを与えるものではありません。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持つことが多いので、かなり慎重に質問してきます。不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。そのあと、この企業に入ってこんな仕事をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社に応募しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

今現在のあなたの職場や業務内容に対して、多くの人は不満を感じていると思います。

今の職場や業務内容に対して、大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自身の能力(スキル)を適正に評価してもらえない」だから、「給与は平行線だし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満が多くを占めるでしょう。でも、気持ちは分かりますが、そういった悩みを持った人のなかには自分の持っている手腕を実際よりも過大評価している場合が多いものです。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、就職するまでの期間が長くなることになりかねません。という事態に陥りがちです。そういうわけで転職活動で良い成果を出すためにも、あなた自身のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。

実際に失業保険を給付してもらうためには、職を探していることの証明が必要になりますが…

失業保険の給付においては、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。としても、実際は「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくは仕事をせずにゆっくりしたい」と思うのが正直なところでしょう。なので、しっかり働き先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。月一回のハローワークスタッフとの面談は当然のこととして、その場にて、求人票の閲覧は少なくともしておきましょう。本気になって探す意思がないときには、「求人票」だけ目を通して、ハローワークスタッフとの面談にて、「労働条件のいい仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が意に反してありませんでした」と相手に伝え、次の機会に賭けましょう。

転職を進めるには、然るべき準備はしなければなりません。

転職活動を進めるには、然るべき準備はやらなくてはいけません。そのなかでも、身だしなみ、に含まれる服装は気になりますよね。しかし、近年の面接では、形式ばらない服装が多い企業があるので、しっかりスーツを着て面接に向かわなくてもいいでしょう。とくに会社の創立したての新規の会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、スーツでいかないほうが相手に好印象を与えられます。また、フランクに会話が出来るのも魅力です。さらに私服だと、面接中に、服装について、話もしやすいです。ですから、もしかしたら面接担当者へのアピールにもなります。ということから、今後、転職は会社の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

再就職の面接でつける腕時計について申し上げますが、明らかに目を惹くタイ・・

再就職をする際の面接で使う腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの時計は着用しないほうが安全といえます。この場合の、目立つは高級ブランドの腕時計とか、それとは逆に安っぽいものの印象を持たれてしまうとか、そういった目を惹くということで両極端な意味で目を惹く、ということで認識しておきましょう。転職の面接の際に着用するべき腕時計においてはスーツやネクタイのとらえかたと同様に、ビジネスの場にふさわしい安全なものを選んだ方が好印象です。しかし、自身の年齢にあった腕時計であるということも不可欠なことで、新卒の面接で着けていたものよりはわずかでも高い腕時計にした方が年齢に見合っているとはっきりと断言できます。

派遣社員として仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、増える傾向にあります。

派遣会社を通して仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、増えてきていますが、派遣先が派遣会社にいくら支払い、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをできるだけ面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がかなりあります。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが情報をひた隠しにする業者も多く、ひどいものだと3割しか支払われていなかったというケースも少なくありません。なお、面接の際に答えてくれないような会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、可能な限り異なる派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。

転職活動の際に、気になる求人(もしくは業界)を見るたび…

転職活動をするという時は、良いと思う求人(または職種)を見た際に逐一、「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで調べておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからは業界のマイナス部分について、教えてもらえないのが普通です。ネットで調べればインターネット検索によってカンタンにいとも簡単におおまかな実態を理解できます。そのような実態を理解しないまま、会社に入ると、あとで後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が出ている理由が「仕事の内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」ということも多くを占めるため、気に入った案件や業種については、下調べをしてから応募することを心がけましょう。