転職のための面接に出向いたときのことです。

退職|転職のための面接を受けに転職したい会社へ伺いました。

転職の面接に転職したい会社へ行きました。たまたま会社の会議室や応接室が空きがないとのことで外の会場で会社の人と待ち合わせて面接をし、そのまま解散して、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、偶然にも下車する駅が私と一緒だったのです。それで電車の中においても一緒に話しながらいっしょに帰ることとなり、そのため緊張がなくなって面接より話が弾んで、それが良かったからなのか幸運にも採用を掴むことができました。

再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずに多様な企業の募集…

転職を検討しているのなら、いろいろな企業を日頃からチェックしておくと転職先を大いに選択しやすくなるでしょう。あなたが今の職場に不満足だと感じているケースでは、本格的に転職活動を始めた際にどの会社も魅力的です。そうなってしまうと、どの企業を選択すべきかわからなくなり、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。すると、直ぐに退職の道に進んでしまうので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」も要チェックです。良い企業は、取引先を公表していますし、逆にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、チェックをする目安になります。また、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

退職|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考をクリアしたため、…

とある古物商のお店で、書類選考に受かりました。すぐに先方から、面接日時を教えてもらいました。にもかかわらず、当日、時間通りに指定場所に向かうと、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待って、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、呆れるほど面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接が終わりました。でも、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、もどかしくなり、私から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。仕方なく改めて連絡をした結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用になりました」、とすぐに電話を切ってしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい、しばらく絶句してしまったのですが、本心から、採用されなくてよかったです。

転職するのなら、予め、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したり・・

転職をする場合、まず第一にネット上で転職関係のサイトを見たりして興味のある会社を調べると思います。ですが、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。仮に公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そのような類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞いている方がいいです。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「こんなはずじゃなかったのに・・・」と後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんな難癖をつけて辞めさせないように画策しています。この手のブラック企業には気を付けましょう。

趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意です。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。これは、私が体験したことなのですが、私は、食べることが好きで過去には、飲食の世界(レストラン)で働いていた期間があります。そのお店での業務内容は、その飲食店で私が任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係ですごく嫌になってしまったのです。ということが理由で、職場を去ることになったのですが、その影響で、好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物すら嫌いになり、類似の飲食店にはしばらく経った現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事を始めた当初、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。大好きなことを仕事にしたいと思うのは本当に素敵だとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、真面目に向き合う必要があります。

これはシフト制のある仕事についてです。

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方を聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、私は過去に、産休で休む人の穴埋めとして、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った人が土曜、日曜は休むことなく出勤していたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。

退職|転職先を探すとき、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも大切だ…

転職先を探すにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと一緒に給料のアップも大切なことなので「年収サイト」というところに登録して事前に調べています。全く一緒の会社でそして一緒の職種、社歴なのに人によってずいぶんと違いがある場合も数多くあって、正直に言えば面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見たことがあるようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人も誰だろうとある程度は予測できるのですが、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

就職エージェントの大手に限って、いろんな案件を持ってい…

大規模な転職エージェントに限って、豊富な案件を扱っているというメリットがあるといえますが、その反面、転職希望登録者も大勢います。それゆえに気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフの側が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないこともかなりありますし、あなた以上に転職が成功しやすい別の人がいたとしたら、そちらの人を優先することもあります。つまり大手のエージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており意外と駄目で、策略を変えて比較的規模が小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できませんか?と相談すると自分のために働きかけてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

友人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。

友人による紹介で転職先を探す人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけれど転職した先の労働環境や労働時間などの大切な部分を友人からの口コミだけを過剰に信用するのは問題です。口コミである以上、個人による口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。他の人にとってはとてもよい職場環境に映っても、自分の主観で見た場合、ストレスフルな場合があります。その逆も然りです。ということで、職場環境については口コミを過剰に信用しないように、自分の決断を信じるしかありません。

退職|転職活動を行っていると面接のときに必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をやっていると、面接時に必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、転職理由について正直に伝えるのは得策ではありません。例をあげれば収入に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。おそらく、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持つことが多いので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。そのあと、この企業に入社してこういうことをしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。

今現在の自分の職場・仕事内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

現在の自分の勤め先・仕事内容についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っているスキルや、仕事上での能力をきちんと評価されていない」さらには、「年収は上がらないし、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満を挙げる人がほとんどだと思います。気持ちは理解できます。しかし、そのような悩みが強すぎる人の場合、自分自身の本当の能力を「過大評価」していることが少なくありません。そんな人が転職しようとすると、「自分が活躍するための企業や職種がない」と中々転職先が見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性も少なくありません。ですから再就職をスムーズに行うためにも、あなた自身のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。

現実に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。

現実に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。とはいっても、現実的には「会社を辞めたことだし、とりあえずはゆっくりしたい」というのが本音でしょう。ということで、真面目に求職活動をしているように見せかける方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは当然のこととして、その場にて、求人票の閲覧は最低限必要です。本気で探す気力がないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が意に反して見つかりませんでした」と告げて次の機会を狙いましょう。

転職活動には、相応の準備は必要不可欠です。

転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、とくに、身だしなみ、に含まれる服装は気になっている人も多いと思います。しかしながら、ここ数年の、企業面接に関しては形式ばらない服装が多い企業があるので、ビジネススーツを着て面接に赴く必要はありません。とくに創業間もない会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で面接を受けたほうが、相手に好印象を与えられます。さらに、ざっくばらんに話をしやすくなります。さらに私服であれば、面接中に、洋服について、話が広がることもありますから、うまくいけば面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。というワケで、これから転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職する際に行われる面接を受けるときにする腕時計においては、…

転職する時に行われる面接につけていく腕時計について申し上げますが、明らかに目を惹くような腕時計の着用は避けたほうが最善といえます。この場合の、目立つは明らかに高価なものだったり、といったことだけではなくそれとは逆に安い腕時計の印象を与えるとか、そのような意味であって真反対の目を惹く、ということで覚えておいてください。転職の面接の際に着用するべき腕時計というのはポジションとしてはスーツやネクタイと一緒で、面接するにふさわしい堅実なものをセレクトした方がベストだと言えます。しかしながら、自身の年齢に適しているということも必要な条件であり、新卒の頃に買った腕時計よりはほんの少しでも高級感のあるものにした方が好ましいと言えます。

派遣という形で働く人が近時増えてきていますが、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで…

派遣という形で働く人が近時増加しています。派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを極力面接の際に聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がほとんどです。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示に積極的でない業作も多く、悪質な業者の場合、3割しか労働者に還元しないということもあり得ます。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、可能な限り別の派遣業者のもとで登録されることをオススメします。

退職|今から転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業…

将来的に転職活動をするのなら、気になった求人(もしくは職種)があったら、しっかり「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントからはまずその業界に関するマイナス要素について、知ることができない、と思っておくべきです。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なネット検索によって瞬時に実態を知ることができます。そういう実態を理解しないまま、会社に入ると、あとで落胆してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出されていた理由が「内容がきつく、すぐに人が辞めてしまう」という場合も多くあります。目に留まった業種や案件に関しては、下調べをしてから応募することを心がけましょう。