転職のときに行われる面接というのは、小規模業者クラスの・・

転職のための面接では、小企業だったらおおよそ「人事」が面接官です…

  • 再就職時の採用面接では、零細企業だったら「人事」が面接官となりますが、場合によっては違うこともあります。直接、これから職場でかかわりの深くなる担当者、言い換えれば課長・部長などの中間管理職が面接の場にいることも珍しくありません。特に、事務系や営業系の場合は、資格を通じた人の判断をするのが難しいですから、しっかり自分自身を売り込んでいくことが必要です。面接担当者から「この男はしっかり主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、印象付けることが大事になります。

  • 『転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれ・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、将来の進路がハッキリしているのなら、辞めたいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、ここでは曖昧な表現をすると場合によって言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職することをはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には退職を受け入れられたのは同年11月です。本音を言うと、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思うようにはいきませんでした。職場としても人事的な都合もあるとは思いますが、社員のを要望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に会社や上司に対して愛想が尽きました。

  • 退職|前なら看護婦ですが看護師という仕事は、歴史的背景か・・

  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは務めとしてどうしてか女性比率がすごく高い職種です。また気力や体力を消耗がきついことが日常茶飯事です。それ故に、職場環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産といったそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が難しい職業です。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多い傾向にあります。看護師という職種の労働市場は看護師は、人材不足な状態に陥っています。常にどの医療機関も看護師を求めている「売り手市場」であり、それが転職増加の要因になっているのでしょう。

  • 近頃PCやスマホを見ればネットの世界では、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるも・・

  • 近頃スマートフォンを使えばわかるけどインターネット上には、要するに転職情報を掲載している「転職サイト」が数限りなく存在しているのをご存知でしょうか?その数限りないサイトから自分自身に合った転職先を見付けるためには、なんといっても情報を収集することから始めましょう。このような「転職サイト」をきっちり使うことで、効率的に転職先を探せます。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですからよそと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

  • 近年では、株・不動産投資といった、不労所得で生計を立てた・・

  • 現在では、株・不動産投資の不労所得で稼いだり、独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような変化もあり、「会社員以外は不安定であぶない」といったこれまでの常識も変わってきています。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、どうなるかわからない自営業で生きるよりも雇用されて働くほうが安定していてました。人生のもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認識されてはいました。しかし、そのような時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」などと言われています。将来的には、機械化、自動化が進んで社会においては人手が不要になると言われています。

  • 退職|これまで20代前半に転職を数回行い、現在は資格を取得したいので…

  • 20代のうちに転職を2回経験し、そして今、いくつか資格を取得するため、「派遣社員」を選択しました。フルタイムの勤務とは異なるため、やはり毎月の収入が少なくなってしまいました。しかしその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生時代に取った資格を生かして仕事に活かしたかったという思いもあります。やはり、資格を活かして働いている方と話すと羨ましいと思ってしまいます。前は、自分よりも上手くいっている人と比べ、劣等感を感じていましたが、結婚してから、がらりと生活環境が大きく変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたので自分の人生に満足できるようになりました。

  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。現在の安倍政権では、アベノミクス「三本の矢」といった形で経済政策が複数、展開されています。経済政策共々日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間では次世代の変化が出つつあります。その変化の中で、一般の企業では若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会的な問題として取り上げられています。将来的に「外国人労働者」の割合を今よりも増やしていく、であると安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは確実です。

  • 退職|再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではない…

  • 転職期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。ですが、そういった生活を習慣にしてしまうのはかなりキケンです。なぜかというと、ダラけた生活が当たり前になると、「心」にも悪影響が出やすいためです。そのうち、仕事をしようとする意欲がなくなり、お金に困る状況にも・・・。そうなると、生活も仕事も悪循環になり次の職場を見付けることが難しくなってしまいます。次の仕事を決められないのは、もらえるお金を一番に考えてしまうからです。お金を第一に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。

  • 一般的に大手企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから…

  • 大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。しかも市外地でとなると転職のチャンスはとても少なくなります。ただし、製造業の場合、都市部でない地方の工業団地を製造工場を置いている可能性が高いです。そういう地方の工場に的を絞れば、事業拡大をする際に途中採用することも珍しくありません。このタイミングを利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する会社についての情報をあらかじめ知っておきましょう。その会社のホームページをチェックし、求人がないか頻繁にチェックされることをお勧めします。

  • 転職を考える際、転職先となる職場における自分の年収ばかりを気にする人…

  • 転職というものを考えるとき、転職先での給料ばかりに気を取られる人がわりと多いものです。とうぜん大半の人は、だから生活費を手に入れるべく励むはず。したがって自身の社会的な価値を知る値という面もありますからとうぜん大切なものとして扱うのは当然ではあります。でも、もらっている年収の額ばかりを気にかけすぎる生き方というのも虚しいものです。この世には年収が期待できない業種でったもやりがいを感じられることが少なくないからです。

  • 長きにわたって接客関係で仕事を続けてきましたが、年をとったせいか…

  • 長い間接客業で勤め続けてきましたが、年をとったせいか立ってする仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられるオフィスワークへ仕事を変えることを第一目標として活動しました。事務の経験がないとけっこう難しく、だから接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしようと資格試験にも合格し個人医院に転職をしました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜間のシフトばかりさせられ、接客業をしていた時よりも帰宅も遅いわけですが、まずキャリアを形成する時と観念し頑張ります。

  • 転職の際に欠かせない企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているので・・

  • 転職の際に必須となる企業の面接に関して、してはいけないのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫をかぶることは残念ながら採用を逃してしまいます。ですから、思い切って面接時は、「報酬」といったような、通常ならかなり質問しづらいことを勇気を持って聞いた方が確実にあなたのためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なずけずけとそういった質問をすると最終的に不採用になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。だけども、意外とプラスの結果になることは結果的にはいい場合が多いようです。こういった「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実際には、多くの人が気になっています。その反面、面接に応募した人たちの多くは、聞かないのも事実です。それをあえて尋ねておくことで「ほかの人とは違うな」ということで面接官に印象づけられるのです。

  • クールビズのスタイルで再就職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはや…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に臨む場合、ジャケットはさすがに着なくても大丈夫だと断言できますが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくても大丈夫だと認めている企業も存在するケースもあるにはあります。ですが、ことネクタイは例えクールビズが推奨されていても身だしなみとしてしなければならないと思っているところがいくつか存在します。なので、例えクールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイだけは着用いく方が悪い印象を与えることがないということを伝えておきます。

  • 失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業状態でない人はもらえませんが、…

  • 失業した人がもらえる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが、もらえる期間が決まっています。失業時までに勤務していた期間によって違い、3か月とか1年とかが決まるのだが、世の中にはこの現実を理解していない人がいます。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ職探しをしても好条件の仕事を探すのは至難の業です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況次第では、面接の時に失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。しどろもどろになると合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

  • 人生初の転職を行うのであれば、忘れてはならないのはどうして今の仕事を去らなければいけないのかを…

  • 生まれてはじめて転職をする際、大切なのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないのかを明確化しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。その上で問題解消が見込める企業を選択してみてください。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、働きつつ、就職活動を続けるので、時間・体力に余裕がないと難航します。それがために理由がはっきりとわからないまま転職を試みた場合、途中で息切れしてしまいます。「どうしても転職したい!」「現状に変化を加えたい!」という強い気持ちがなければ、転職活動を本格的に始めることは待っておいたほうが良いでしょう。

  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたというのに、あっという…

  • この前、転職したばかりだというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人が思いの外多いものです。何故そうかと思うと私の思うところはリフレッシュな気持ちで良い仕事で勤務を始めてみたものの、「自分の理想としていた仕事と堪えられほど違っていた」「こんなはずが・・・」というワケで別の仕事を探すみたいです。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないためには、初歩として、前もっての情報集めは徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、給与体系、などいろいろ事前に調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。