転職の採用面接を受けにとある会社に伺ったときのことです。

転職のための面接を受けに転職したい会社へ赴きました。

転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ赴きました。会社の部屋が空いておらず社外の会場で面接官と待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散し、面接担当者も会社には帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ビックリしたのは自宅からの最寄駅が同じ。ですから電車内においても面接を行った人と一緒に話しながらいっしょに帰宅することになり、おかけですっかりリラックスして面接より話が弾み、それがプラスに働いたのか問題なく採用も手に入れることができました。

転業を近いうちにするつもりなら、頻繁にたくさんの企業の採用情・・

再就職を検討しているのなら、いろいろな企業の情報の詳細をチェックしておくと転身時の選択にとても役立ちます。あなたが現在の仕事に不満足だと、転職活動する際に、どの企業も魅力的に見えてしまいます。そんな状況に陥ると、どこを選んだらよいのか迷ってしまい、会社選びに失敗してしまいます。よって、直ぐに退職しなくてはならなくなるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。透明性を重んじる会社は取引先を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりなので確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループ名で調べ、確認しておくのも手です。

退職|ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査を通・・

とある古物商にて、書類審査を通過しました。すぐに相手方から面接日時を告げられました。しかしながら、面接日当日、行ってみると、行き違いがあったのか全く面接が予定されていませんでした。しばらく待っていると、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、たいへんにだらしない態度を見せられ、グダグダな状態で面接が終わりました。だが、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、いてもたってもいられず、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、再度電話をしたところ、「残念ですが不採用になりました」、とそう言われてすぐ、電話を切られました。あまりのことに呆れ返ってしまい、しばらく絶句してしまったのですが、本心から、不採用でよかったです。

転職をする場合、まず第一にハローワークの求人票を閲覧したり…

転職活動では、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を見たりしてその会社のことを調査するのですが、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す達人です。仮に公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の社長の方針や社員の感想については、すべてを事実だと考えるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも書かれていたことを信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、様々な難癖をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。この種のブラック企業には注意が必要です。

退職|自分の得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意です。

得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、かつては、料理店(レストラン)で働いていたことがあります。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で私が担当していた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係にすごく悩まされました。ということが引き金になって、職場を去ることになったのですが、同時に、あんなに好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物すら嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めた当初、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。好きなことを仕事にしたいと思い、実現できるのは本当に素敵なことだとは思います。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、改めて向き合ってから行動するべきです。

シフトの仕事についてです。一定の曜日に仕事できる人を募集する求人…

これはシフトのある仕事についての話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集している求人をよく見ますが、休む手順やシフトの出し方については面接時にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、過去に私は出産のため抜けた人の代役として、正社員として就職したのですが、「土日」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った女性が土日は休むことなく出勤していたので、私もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返してみると「本当によく耐えたな」と。

転職先を決めるにあたって、仕事におけるやりがいアップも重要だけ・・

転職をするにあたって、当然仕事におけるやりがいアップと一緒にそれにとどまらず給料が増えることも大切なので「年収サイト」というところに登録をしてあらかじめ研究をしています。全く一緒の会社でそして全く同じ職種、経歴なのに人によって広い違いがあることも複数あり、正直に言えば面接の時質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトをよく見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間も誰だかだいたいは察しがついているのですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

退職|転職エージェントは大手であるほど、様々な案件を抱えてい・・

大規模な転職エージェントに限って、いろんな案件を持っているという長所がありますが、それと同時に競合する転職希望者もたくさんいる可能性が高いです。それがためにあなたが、気になる企業を探し出しても、転職エージェントの担当者が「転職の望みが薄い」と判断すると応募してくれないことも多々ありますし、企業から見てあなたよりも有能な人がいると、その人を優先しやすいのです。要するに大規模な転職エージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱いけっこう難しいので、考えを変えて中小規模のエージェントたちに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか、と尋ねておくと自分のために行動してくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

退職|知人からの紹介によって転職先を探すこともあるでしょう。

友人や知人からの紹介を通じて転職の先を見つける人もいます。とはいっても転職した先の労働環境、それから労働条件といった部分について知人からの口コミだけを鵜呑みに判断するのはあまり問題です。当然ながら、そういう口コミはどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。つまり友人の立場ではかなり良い働く場所に思えても、、あなた自身には、ストレスだらけの環境、、、という可能性だってあるのです。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミのみで判断せずに、自身の目でチェックしておくようにしましょう。

転職活動中に、例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていて面接で「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。これらのうち志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり「転職理由」を、率直に伝えると問題があるかもしれません。収入面の不満、上司と相性が悪いことなど、採用担当者に好印象を与えるものではありません。もっとも、自分が不利になることをそのまま話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して現職の不満を相手に言わないためには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。さらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

今現在の自身の職場や業務の中身について不満に感じていることの中に、…

今の自らの勤め先・仕事内容について少なからず何かしらの不満があるはずです。「自身のスキルや、仕事上での能力をきちんと評価してもらえない」よって、「給料アップも、将来昇進する見込みもない」といった内容が多くを占めると思います。ですが、気持ちは理解できます。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには自分のスキル・能力を実際よりも「過大評価」しているケースが多いものです。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と仕事をしないブランク期間が長引くおそれがあります。という事態を招く可能性があります。なので転職活動に当たっては自身のスキルや能力を客観的に見つめることが大切です。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることが条件になります。

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を探していることが必要なのです。とはいっても、実際は「会社を辞めたことだし、しばらくは遊んでいたい」と思うのが現実だと思います。きちんと仕事探しをしているように思わせる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行って担当職員と面談するのは必要ですが、その場で「求人票」を確認することを必ず行わなければいけません。まじめに探す気持ちがないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が無かった」と告げて次に期待しましょう。

再就職にあたってそれなりの準備はしなければなりません。

転職する場合、相応の準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも身だしなみ、に含まれる服装は重要なことだと感じてしまいます。でも、今の企業面接では私服を許可している会社もあるので、スーツを着て面接に行く必要はありません。とくに会社の創立したての新規の会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも印象が良くなります。さらに、ざっくばらんに話をしやすくなります。さらに私服であれば、面接のなかで、ファッションで、相手との話が広がる可能性もありますから、ポイントが残るでしょう。ということで、転職にトライするなら「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

退職|再就職の面接を受ける時につけていく腕時計について申し上げます…

再就職の面接で着用する腕時計は、目を惹くようなものはしていかないほうが良いです。腕時計で目立つものというのはブランドの腕時計とか、といった意味合いだけではなくそれとは反対に安い腕時計に見えるとか、そういう目を惹くということで両極端な意味で目立つ、ということで理解しておいてください。再就職の面接時の腕時計についてはネクタイやスーツと同じで、面接するにふさわしい堅実なものを選択した方が確実です。そうはいっても、自身の年齢にあっている腕時計ということもとても重要で、新卒の就活の頃に着けていたものよりはわずかであっても高いものにした方が好ましいとはっきりと断言できます。

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が近時増加する傾向にあります。

働くのに派遣会社に登録する人が一昔前の規制緩和以降、増加する傾向にあります。今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかをなるべく面接時に質問しておきましょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらう仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースがかなりあります。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしない派遣業者も多く、ひどいケースでは、2割しか支払われていなかったということも多くあります。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでその派遣会社で働くことを断念するのが賢明です。

退職|転職活動しているとき、気になる求人(業界)を見つけたと・・

今後転職活動をするのなら、気になった求人(または職種)を見付けるたびに絶対「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、業界のマイナスにあたる箇所は、知らせてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索を活用することですぐに本来の姿を理解できるでしょう。そういったチェックを怠りながら入社してしまうと、あとから後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出されていた理由が「内容がキツイから人が辞めて穴が開く」といった場合も多くあります。気になる案件・業種については、下調べをしてから応募しましょう。