転職の面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。

転職のための採用面接にある会社に行ったときのことです。

  • 転職時の面接にある会社に行きました。たまたま会社の部屋が空いていないということで社外のとある場所で面接官と待ち合わせをして採用面接を行って、その場所で解散し、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、驚くことに自宅最寄駅が私と一緒。ですから電車内でも彼と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰宅することとなり、そのためすっかりリラックスして面接しているよりも話が弾み、それが原因か無事に採用を勝ち取りました。
  • 転業を予定しているのなら、いろいろな企業の情報を普段からチェックしてお…

  • 転職を考えているなら、労を惜しまず頻繁に企業の募集案内を日常的に調べておくと再就職先をかなり選択しやすくなるでしょう。今の職場に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、本格的に転職活動を始めたときに、どんな会社でも魅力的に思えてしまいます。そんな状況に陥ると、どこを選択すべきか迷いが出てしまい判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。ヘタをすると、最終的にはごく短期間で退職してしまうおそれもあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。良い会社は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前で調べ、確認しておくのも手です。
  • とある古物商の求人にて、書類選考に合格しました。2、3日し・・

  • とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。その後担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。しばらく待って、所長らしき人物が面接担当をしてくれたのですが、最初から最後まで、面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接が終了しました。ところが、予定日になっても結果連絡が一切来ず、こちらから問い合わせると「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方なくもう一度連絡をした結果、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とすぐに電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ果てて言葉を失いましたが、内心、不採用で良かったと感じています。
  • 退職|転職活動では、始める前に、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりして…

  • 転職活動をするとき、まず、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして気になる会社を調べるでしょう。ですが、その会社が情報を載せるにあたっては、専属「コンサルタント」の手が入っている、と理解しておくべきです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠すプロでもあります。たとえ公開する場合でも遠回しな表現に徹します。そういった「社長インタビュー」などに関しては、額面通りに捉えるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。
  • 趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。

  • 得意なことや好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意です。これは、私の実体験になるのですが、私の場合、もともと食べることが趣味でそれが高じて、過去には、飲食の世界(レストラン)に勤めていた時期があります。そのお店での仕事内容は、そのお店で私が担当していた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまいました。ということが引き金となり、退職する羽目になりましたが、その結果、あんなに大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌いになってしまい、よく似た飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることはステキだと思います。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、真剣に向き合う必要があります。
  • これはシフト制のある仕事についてです。

  • これはシフトの仕事に関する話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をよく見るのですが、シフトの提出方法、休み方については面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。それはなぜかというと、以前わたしは産休で休む人の代役として、正社員として勤めることになったのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った人が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出す度、異常な職場だったんだと思います。
  • 転職先を探すにあたって、仕事のやりがいアップも大事だけ・・

  • 転職にあたっては、もちろん仕事のやりがいのアップと共にそれだけでなく給料アップも重要なポイントになりますから「年収比較サイト」というところに登録して前もって調査をしています。同じ会社で加えて全く同じ職種、経歴であるにも関わらず人によってとても違いがある場合も数多くあり、ぶっちゃけ面接の時質問をしたことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物も誰だろうとだいたいは予測はついているんですけどね、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。
  • 大手転職エージェントは多数の案件を抱えているといえます…

  • 転職エージェントは大規模であるほど、多種多様な案件を取り扱っているというメリットがありますが、その反面、転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。したがって気になる企業を探し出したとしても、そのエージェント担当者が難しいと判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、その人を優先して売り込もうとするのです。要するに大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱い意外と駄目で、方針を変更して中小規模のエージェントたちに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と相談すると自分の利益を考えて仕事してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも良いかもしれません。
  • 人の紹介をキッカケにして転職する先を見つける人もいます。

  • 人の紹介で転職する先を見つける人もいます。そうはいっても転職の先の労働環境、その他の労働条件などを紹介者の口コミをあんまり信用しすぎるとあまり良くはありません。言うまでもなく、個人の口コミというのはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。他の人にとってはとてもよい職場環境に映っても、自分の価値観に照らし合わせたときには、イライラするだけの場合があります。でもその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけに頼らずに、最後は自分の決断を信じるしかありません。
  • 退職|転職活動を行っていて面接時に例外なく尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動で面接時に例外なく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由について隠さずに話すのは得策ではありません。たとえば収入面の不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に好印象を与えるものではありません。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この会社に入ってこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、そのために御社を選択しました、と志望動機にすり替えてしまうのです。
  • 退職|現在のあなたの職場や仕事に対する不満に思っていることの中に…

  • 今現在の自身の勤め先や仕事の中身について大半の人は、少なからず何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや、仕事上での能力を正確に評価してくれない」よって、「給与アップもないし、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満が割合的に多くを占めています。そんな風に感じている人の中には、本人が自分自身の持っている実力を過大評価しているケースが少なくありません。仮に、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と中々就職先が決まらないおそれがあります。おそれがあるので、注意が必要です。転職活動で成果をだすためには、あなた自身のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。
  • 退職|実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることが必要なのです。そうだとしても、実際は「今まで忙しすぎたので、自由にしばらく過ごしたい」というのが現実でしょう。心から職を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月、「ハローワーク」に行くのは避けようがありませんが、その場で求人票の閲覧は必ず行ってください。真摯に探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事ややっていけそうに思える仕事が意に反して無かった」と相手に伝え、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 退職|再就職にあたって準備はやらなくてはいけません。

  • 再就職にあたって然るべき準備は必要不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、特に目に見える「服装」は気になっても仕方がないと思います。ですが、現在の採用面接については私服を許可している企業もあるので、ガッチリとスーツで決めて面接に赴く必要はありません。とくに会社の創立したての新規の企業などは、お堅いルールもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話をしやすくなります。そして私服だと、面接時に、洋服の話題に発展しやすいですから、うまくいけば面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • 再就職をする際の面接のときにする腕時計ですが、どう見ても目立つようなタイプの…

  • 転職時の面接のときにする腕時計のことなのですが、どう見ても目立つ腕時計はつけて行かない方が悪い印象にはなりません。この場合の、目立つは見るからに高価なものだったり、といったことだけではないのです。反対に安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう真逆の目を惹く、ということで認識しておいてください。転職の面接の際に着用するべき腕時計についてもスーツやネクタイと一緒で、ふさわしいものをセレクトした方がベストだと言えます。しかし、自身の歳にあったものというのも不可欠なことで、新卒の頃に面接時に準備した腕時計よりはほんの少しでも高価なも腕時計にした方が間違いないということは言えます。
  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が近時は増えてきていますが…

  • 派遣会社に登録した上で働く人が規制緩和以来、多くなっていますが、派遣先の会社から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでその中で何割が自分に入るのかを極力面接の際に確認しておいた方が無難でしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに手数料を徴収する仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷い場合は、3割しか労働者に還元しないという場合も珍しくありません。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、できることなら異なる派遣会社を利用されることを推奨します。
  • 退職|転職活動しているとき、気になった求人(もしくは職種・・

  • 今から転職活動をするという時は、気になる求人(OR 業界)があれば、必ず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントでは、業界に関するマイナス要素について、知らせてもらえません。ネットで調べれば簡易的なネット検索によってすぐに実態を知ることができます。そのような検索をしないまま、入社した場合、直後に後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が出されていた理由が「業務内容が厳しく、人が辞めて穴が開く」というケースも多いので、気になった案件について、注意したほうが賢明です。