転職先の見学は、すごく参考になります。

転職したいと考えている会社での見学に参加するとすごく勉強になります。

  • 転職先の見学ができれば、すごく勉強になります。とくに、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、楽しくなります。が、「職人」がいる会社見学は、ほとんど見学者には、普段通りの働き方を見せてはくれないものです。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので実際に入社してみないと、本来の姿は伺えません。なので、仕事=見学で知った内容と考えないことが重要なのです。また、会社見学時に仕事体験させてくれる会社は、倫理的にアウトですし、選択肢に入れるのはおすすめしません。雇用契約を結んでいない人には何かあった時のそれに対する保障が無いので、担当者から勧められても丁重に断っておくようにしましょう。

  • 一昨日転職のために人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 先日人材バンクへ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも学生と見間違うほどの若い社員で、こちらが説明をしていることの半分ほどもわかっていない模様。おまけに「キャリアデザインを考え直す必要があります」とか「もっと自分の強みを明確にしていくことが重要です」等、一人前のことを横柄に話すからすごく不愉快でした。カウンセリングをする人はそこそこ仕事の経験がある人にしてほしいと思います。

  • 転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、現在の仕事を辞めることがあります。

  • 転職活動をする上での最後に残る壁として、今の会社の退職があります。転職先の会社が採用の内定を出しても、今いる企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。もしそうなってしまったら、負けることなく退職する、という強固な気持ちをもつことが大切でしょう。仮に引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきましょう。その後、決定権を持つ上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動において大切な要素となってきます。

  • 就職活動において、カギになるのは年収です。

  • 就職活動において、年収は非常に大事な要素です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、仮に一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現職での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、年収400万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はまずあり得ません。現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう

  • 退職|転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人・・

  • 転職する場合、派遣社員」で考えている人にぜひチェックしてもらいたいポイントが数点あります。一般的に派遣社員に関しては、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」「その他雑用」のような仕事をなんとなく考えてしまった方が多々ありますよね。実はかく言う私もそう勘違いしていました。現在の職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したときに「お願いしたい業務は電話対応になります」と面接で派遣会社の担当者からも聞いていました。が、働き始めると、「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役をやってくれと言われました。特別な知識もなく、はじめの説明と大きな食い違いがあるのでかなりきついです。現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • 退職|仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的に相当につらくなってしま…

  • 働くにあたって回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況となったなら、そのときは、職場の人に相談するよりも自身の家族に相談したうえで、退職するか判断した方が良いです。なぜなら、働くのはあなた自身のためでもありますが、家族の問題ともいえます。毎月、納得のいく高い給料をもらっていたからといって、精神的にボロボロになるほど我慢して仕事を続けることは好ましい状態とは言えません。近年は、働く本人が働きやすいことを優先したって良いはずです。ですから、あなた自身の家族や、あなた自らの心身をいたわりましょう。

  • 現在の企業の雇用事情の変移において、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い人・・

  • 現在の企業の雇用事情の変化において、働きざかりの世代の中で若年層ほど敏感に感じ取っているようです。自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。ですので、労働者・サラリーマンの労働市場の「流動化」が顕著となっているので、それに応じて後々転職への関心度が強まっていくでしょう。労働力の「流動化」が進むことで仕事を変えることは身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、転職者にはそのことだけで良くないイメージがつき実際に転職するのが難しい時代でもありました。しかしながら、時流の変化とともに現在やっている会社のみに執着する必要も減少しているように感じられます。

  • 看護師という職の人のそれ以外の仕事に転職の原因は人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師のそれ以外の職業に転職に至る原因は、その人によりけりです。看護師からの転職には「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産そして子育てそれから親の介護など、環境の種々の変化など、これまでと同じような仕事が難しくなってしまった」「現在の稼ぎに不満がある」というような悩みがあり決して他人ごとではないはずです。しかしながら、それでも「どうして、転職しないとダメなのか?」と、今一度時間を掛けて客観視してみることもしてみてください。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考し、決断してみてください。

  • 退職|転職期間中は、自分の好きなことに打ち込むことに加・・

  • 転職期間中は、趣味に打ち込むことに加え、体力の向上を意識しておくと良いと思います。採用が決まり、復帰した時に、趣味に没頭していたことで、知らない間に集中する力が養われます。そしてまた、体力アップしているために、他の社員さんに比べると疲れにくいということを自覚します。そのため、退職後は趣味に没頭することと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。転職後、職場にてあなたと共通の趣味の人と巡り会えれば、話題に花が咲きます。ですから、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • 退職|今と違った企業がいいと転職活動をしている中の場合に…

  • もっと良い企業につきたいと転職をする活動をしている人の大半は「早く、内定を手にしたい」と考えてしまうはずです。が、そういう気持ちで採用通知が得たいばかりに、自分をより大きく見せたり、またその逆で自分を過小評価するかのような言動は出来るだけ避けておきましょう。焦燥感を抑え、冷静かつ客観的に自分に最適の職場を見つけることに専念しましょう。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を賢く見極めていきましょう。

  • 退職|求人についての広告には、ほとんどの場合、たいていの会社で…

  • 求人関連の情報では、大部分の場合は多くの職場では月の給料が記載されているはずです。でもこの月収の箇所を見る時には、しっかり確認する事が大事です。値だけでわかってしまわないほうが良いです。そのわけは企業によっては、月収の内訳で「毎月30時間分の残業」が含まれているおそれもあります。要するに残業代の金額を入れて金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。また「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている所もあったります。ですから、そうやって応募者を増やそうとする会社には興味を持たないほうが賢明です。

  • 昔務めていた会社で嫌で反りが合わない上司に神経を使い・・

  • 初めて働いた会社でパワハラを行う上司に嫌な目に合わされ、とうとう耐えきれなくなりその会社は辞め、同業他社に乗り換えました。その会社ではパワーハラスメントもなく本当に満足のいく日々でしたが、緩やかに会社の収益が少なくなり、最後にはある会社に経営統合されることとなりました。経営統合の相手は驚くなかれ以前勤務していた会社で、その上感じの悪かった上司が再び私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どれほど縁があるのでしょう。言うまでもありませんが再び転職活動をやり始めています。

  • もし将来、転職をするつもりなら、先に資格を取得することでステップアップできます。

  • もし近い将来、転職するのなら、事前に資格を取得することでステップアップできます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取っておくのがベストです。転職の際に有利に働くので選べる企業が増えることで選択肢が増えます。こういった理由から、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも最適といえます。将来のために、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、退職後も前向きな姿勢で転職に挑むことができます。おまけに、資格を保有することで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で即戦力になる人材だと判断され、以前の職場より待遇アップも期待できます。

  • 退職|新卒で入社した会社を去り、一歩踏み出して転職を決意しました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職することにしました。会社を辞めた後は、しばらく不安で悩みました。でも、社会人となって数年してから仕事を辞めて、多数の人が転職をしていることを私自身が転職したことで知り、無意識のうちに将来の不安がなくなりました。転職をするとなんだか肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分の好きなこと」を探すのことが毎日が見違えるように変化しました。なかには「続けてこそ意味がある」という転職する行為を咎める意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私の場合、転職を決断して良かったと思います。

  • 転職をスムーズなものにするには、最初に情報を収集することが必須です。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、戦略を立てながら行動するようにしましょう。そうしようと思うのならこの頃は企業の名前を聞いたことのない中小零細企業であろうとも公式ホームページで企業のことをわかる場合が当たり前になっているから、ネット検索で自分の知りたい情報を手に入れるとまたその企業についてよくわからない点を整理しておくと転職に役立つはずです。公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのも意外な発見があるはずです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。希望している職場を自分の目で見て確かめることも大事なことです。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書が重要になってきます。

  • 転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。大多数の会社は履歴書だけでなく職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類の作成が大切といえるでしょう。ただ穴を埋めさえすればいいというわけではなく、記載内容が充実していることも重要です。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記入します。また、過去以外にも、現職で挙げた実績も価値があります。売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく記しましょう。作成に行き詰まったら、転職エージェントを活用したり、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを利用することも一つの手です。