転職先を探している期間中は、自身の趣味に没頭した・・

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、…

  • 転職期間のあいだは、趣味に時間を費やしたり、体力を低下させないようにしておくと良いと思います。仕事を始めた際に、趣味に没頭してたことによって知らない間に集中力が上がります。加えて、体力アップしているために、他の社員さんよりも疲れない身体になっている、と自覚します。そのため、退職してからの生活は、自分が興味のあるなことに集中することと、体力を維持させるように努力をするのが何より良い事なのです。勤め先が決まり、その職場であなたと同じ趣味の方と知り合えたのなら、話が盛り上がります。ですから気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 今と違った企業につきたいと転職活動をする人の大半は「できるだけ早く…

  • 違った職場の社員になりたいと転職をする活動中の人というのは、「ほんのちょっとでも早く、内定をもらいたい」と考えてしまいがちです。しかしながら、採用通知が得たいばかり、自身の能力に関して嘘をついたり、またその反対に自分を安売りするような売り込みはゼッタイにしないでください。大事なのは焦燥感をガマンして、冷静になりつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を見極めましょう。
  • 求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん大部分の会社では…

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜんまともな職場では月にもらえるお金が明記されています。だけれどもこの月収の欄を頭に入れる時には、しっかり確認する事が必要です。数字だけ見てわかってしまわないほうが良いです。実は会社によっては、月収の中身に月30時間残業の場合を含んでいるかもしれません。そういうことは残業代の金額を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。さらに「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている企業もあります。だから、そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。
  • 退職|昔働いていた会社でのことですがつらく当たる上司に悩みを抱え、…

  • 働いていた会社でパワハラを行う上司に憂鬱な気分にさせられ、ついに我慢することができなくなってその会社は辞め、同業者である別の企業に転職をしました。その会社では上との関係も良好で仕事ができ非常に満足した日々でしたが、だんだんと会社の業績が落ち込んで、経営統合されることになりました。そしてその経営統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、加えて大変嫌いだった上司がもう一度私の上司となることに。どれだけ縁があるのでしょう。当たり前ですが新たな転職先を探す活動を開始しています。
  • もしあなたが将来、転職したいと考えているなら、資格を取得することで有利になります。

  • もし転職を予定しているのなら、前もって「資格」を取得しておいたほうが有利になります。また、仕事を続けているうちに、資格を取ると転職活動の際でそれを生かせることができるので、転職先の候補が増えるのです。であるため、在任期間中が資格取得においての一番最適です。将来を見据え、このあと役立つ資格を持っておくと、会社を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。そればかりでなく、資格を取ることができれば、面接のときには担当者に戦力として使えるとみなされ、今までより待遇アップも期待できるでしょう。
  • 退職|新卒採用で入社しましたが、心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして転職することになりました。会社を辞めた後は、長い間不安で辛い時期もありました。でも、社会人になって数年後には仕事を辞めて、多数の人が転職をしていることを自身が転職活動をしたことで分かり、無意識のうちに不安が消えて、安心しました。また1回でも転職をすると何か、気持ちが楽になった気がして、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「続けてこその仕事」というような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが正しいとは限りません。私は転職を決断して良かったと思います。
  • 退職|満足できる転職を希望しているのなら、最初に情報収集が必須です。

  • 転職をスムーズなものにするには、最初から意味のある情報を集めることをしておきましょう。ですから今では中小クラスらしくもなく公式サイトで会社を紹介している会社が当たり前になっているので、ネットで色々と必要事項を手に入れるとそれとその会社の疑問点などを整理しておくと転職の助けになってくれます。加えて公式ホームページの他に、「転職サイト」にログインするのもお勧めです。さらに、インターネット以外の方法として、何よりも転職候補にしている職場を自身でチェックしてみることも大切です。
  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必須です。

  • 転職活動においては、履歴書と職務経歴書が大事です。ほとんどの会社は履歴書及び職務経歴書の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類の作成が大事なポイントといえるでしょう。単に必要事項を埋めるだけにとどまらず、内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書き綴りましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、残業を何時間減らして売上は何%増やした、などわかりやすく書くのが望ましいです。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用することも満足のいく転職をするための有効な手段だといえます。
  • 転職のための面接にある会社に出向いたときのことです。

  • 転職時の採用面接に転職希望の会社へ赴きました。その日に限ってその会社の会議室が空きがないというわけで社外のある場所で面接官と待ち合わせで面接を行い、その場所で解散し、面接官も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車の中でも面接官と一緒に話しながら帰宅することになり、すっかり緊張がほぐれ面接しているよりも話が弾み、それが原因かなんと採用を掴み取ることができました。
  • 転職しようと思っているなら多種多様な会社の情報を定期的にチェックすることが・・

  • 転業しようと思っているなら頻繁にたくさんの会社の募集案内を日常的にチェックしておけば就職先の選択をするときにかなり役立ちます。あなたが今の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、いざ転職活動をする際、どこの会社もいいように思えてしまします。そんな状況下では、どこを選択していいのかわからなくなり、判断を間違えてしまいかねません。すると、最終的には早々に転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に正しい判断ができる目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引している会社の情報を公開していますし、反対にそういった会社ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからその点もチェックしてみましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。
  • 退職|とある古物商にて、書類審査に受かりました。2、3日して…

  • とある古物商の求人に応募し、書類審査に受かりました。すぐに面接の日時について担当者から連絡をもらい、しかしながら、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。所長らしき人が面接に応じてくれたものの、終始面倒くさそうな態度を見せて何とか面接が終了しました。ところが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも来ず、そんなわけでもう一度問い合わせたところ意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話を切られてしまいました。私は呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、不採用で良かったと感じています。
  • 転職をする際は、まず第一に求人票を見たり、ネット上の公式サイトを閲覧したりし・・

  • 転職活動では、前もって、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして興味のある会社をチェックするとは思います。しかし、その会社が情報を公開する際には、専属「コンサルタント」の指導が入っている、という事実を理解しておいた方が良いでしょう。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。たとえ公表したとしても遠回しな表現に徹します。そのような会社や社員に関連する情報については、馬鹿正直に信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に鵜呑みにして入社した場合、「聞いていた話と違うじゃないか」と後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、あれこれと難癖をつけて辞めさせないように考えています。この手のブラック企業には注意しましょう。
  • 自分の好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は気をつけた方が良いです。

  • 自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に体験したことなのですが、私は、もともと食べることが大好きで前に、料理店で働いていたことがあります。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この仕事内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざにすごく悩まされました。ということが原因で、退職しましたが、その影響からか、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店で扱っていた食べ物も嫌になってしまい、よく似た飲食店は現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いた頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。得意なことや好きなことを仕事にしたいと夢見るのは悪いことではありません。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、まじめに自分自身に問いただした上で行動するべきです。
  • 退職|これはシフトのある仕事についてです。

  • シフトがある仕事についての話です。特定の曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方については面接の際に確認しておきましょう。それはどうしてかというと、過去に私は産休で休む人の助っ人として、正社員の仕事についたのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、上の人に「日曜日に休みたいのです」と私から交渉しないといけませんでした。立場は同じなのに、土日は一人だけなんて・・・。思い返すとよくやってこれたなと思います。
  • 転職ならば、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと一・・

  • 転職先を選ぶ際、仕事のやりがいアップと一緒にそれに加えて収入アップも大切なことなので「年収サイト」に登録して事前に調べています。全く同じ会社でその上同一の職種、経歴なのに人によってとても違いがあることも少なくなく、ぶっちゃけた話面接の際質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトを見たことがあるようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人も誰なのか予測できるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料だと覚悟しておいてください」とのことでした。
  • 退職|「就職エージェント」の大手になると、多数の案件が…

  • 大規模な転職エージェントほど、たくさんの案件を持っているという長所がありますが、同時に転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。そのため応募希望の会社があっても、転職エージェントのスタッフ側が「可能性が薄い」と判断すると応募してもらえない場合もあります。さらに、会社から見て自分よりも有能な人がいると、その人を優先して売り込もうとするのです。要するに大手のエージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱いかなり難しいので、発想を変えて中小規模のエージェントたちに対し、応募したい企業や案件について相談し、応募できませんか?と相談してみると、転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。