転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やすことに加え・・

退職|転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やすほか…

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに打ち込むほか、体力づくりを意識しておくと良いと思います。再就職先が決まり、いざ仕事復帰した時に、趣味に集中していたことによって無意識の間に集中する力が高まっているのです。そしてまた、体力を補っている事で、その場の社員さんと比較すると疲れない体になっているということを認識することができます。というワケで、退職したら自分が興味のあることに没頭することと、体力アップを図ることをするのが何より良い事なのです。転職後、働き出した会社であなたと同じ趣味の方と巡り会えれば、直ぐに親しくなることができるので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

退職|新しい会社の社員になりたいと転職活動をしているときの場合…

もっと良い企業がいいと転職活動をする場合は「ちょっとでも早く内定(採用通知)が手にしたい」と思っているはずです。が、その気持ちが強くて良い知らせが欲しいあまり、自分の能力を高く偽ったり、あるいは反対に自分を安売りするようなことは、ゼッタイに避けておきましょう。そうではなくて、焦る気持ちをブレーキを掛けて、冷静になりつつ、自分の能力にあった職場を探すことに専念しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を選択してみましょう。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場・・

求人についての情報誌やサイトを見てみると、ほとんどの場合、普通の企業では月の収入が明記されています。でもこの月収の欄を見る時には、深く確認する事が大切です。数字だけを見てわかってしまわないほうが無難です。何故かというと場合によっては、月収の額の中身が「毎月20時間分の残業」が含まれているおそれもあります。何があるかというと残業代の金額を含めて計算することで金額が高く見えるようにしていることも珍しくありません。また、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあったります。そういうわけで、こういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社はスルーしておくのが無難といえます。

昔働いていた会社でのことですが怒りっぽい上司に心をすり減ら…

勤めていた会社で意地の悪い上司に悩み、耐えることができなくなりその会社は辞め、別の同業者の会社に転職をしました。気分よく仕事ができて満足のいく日々でしたが、ゆっくりと会社の収益が落ち込み、経営統合されました。その経営統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、その上ものすごく嫌いだった上司がまた私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょう。もちろん新規の転職活動をし始めています。

もし転職したいと考えているなら、「資格」取得は考えておいて損はありません。

もしもあなたが転職を考えているのなら、「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、仕事をしているあいだに資格取得をしておくと、転職時にそれを有効活用できるので、新しい仕事を見つけやすくなります。そんなわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっとも好ましいタイミングといえます。もしもあなたが再就職を考えているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても心残りもなく、前に進んでいけます。加えて、資格を保有することで面接のときには担当者に即戦力になる人材だと認められ、これまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

退職|新卒で入社した会社を離れ、悩んだ結果、転職しました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、悩んだ結果、転職しました。会社を退職する前は、相当に不安な日々もありました。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを自らの転職活動で知り、いつの間にか気が楽になりました。なにより1回転職したことで何か、肩の荷が下りたような感じがして、自分の好きな仕事を再確認できて嬉しくなっていきました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」という意見も多々ありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私自身、転職を決断して良かったです。

退職|満足できる転職するを希望しているのなら、あらかじめ・・

満足できる転職を希望しているのなら、前もって徹底した情報を集めることが不可欠です。そうするには近年は企業の名前を知られていない中小零細企業らしくもなく公式サイトに会社の紹介を書いている企業がよくあるので、ネットを利用して自分の気になる点を手に入れるとまたその会社のよくわからない点等をチェックしておくと転職に役立つはずです。さらに公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用するのもお勧めです。実際に何よりも転職候補にしている職場を自身で判断してみましょう。

退職|転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必須といえるでしょう。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠です。多くの企業は履歴書に加えて職務経歴の記載内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、これらの書類の作成が大事といえます。ただ必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容を魅力的なものにすることも大事です。「職務経歴書」は、これまでの職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記入しましょう。また、現在の職場で挙げた実績を、たとえば売上を前年比○パーセントアップさせた、などかなり具体的に書いていきます。難しいと思う場合は、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分の価値を高められるように転職エージェントを頼ること満足のいく転職をするための一つの手です。

転職したい会社の採用面接にとある会社に伺いました。

転職の採用面接を受けるため転職希望の会社へ行ったときのことです。たまたま会社にある部屋が空いておらず外部の場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接をして、当該会場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったのですが、ところが自宅からの最寄駅が同じ。それで電車の中でもずっとお話しながらいっしょに帰ることになって、そのため緊張がなくなって面接より話が弾み、それが原因か何事もないまま採用をゲットすることができました。

転業を検討しているのなら、こまめに多様な会社の採用情報の…

転身を検討しているのなら、たくさんの企業の情報の詳細を普段からチェックしておけば転身時の選択に役立ちます。現在の職場に何かしらの不満がある場合、いざ転職活動をはじめたとき、どの企業もいいように見えます。そのようになると、どこを選ぶべきか困ってしまいかねず、判断を大きく間違えてしまう可能性もあります。雑な行動を取ると、最終的にはごく短期間で退職しなくてはならなくなるので、会社の良しあしを見極める目を養っておいたほうが良いのです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなく転職したい会社の取引している会社にも目を向けてみましょう。良い会社は、取引先情報を開示していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。さらに、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前を調べ、詳細に目を通してみてください。

とある古物商の求人にて、書類審査を通過しました。すぐ・・

とある古物商の求人にて、書類選考をパスしました。2、3日して先方から面接日時を告げられました。けれども、当日、指定された場所へ行ってみると、なぜか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。待たされたのち、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、非常にけだるい表情を見せ、ひとまず面接が終了しました。ですが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、いてもたってもいられず、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日、送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。仕方がないのでふたたび、問い合わせたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用とします」、とその直後、電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ果てて言葉を失いましたが、素直に、不採用で良かったと感じています。

退職|転職をするにあたってはまず、求人雑誌やウェブ上の求人情報を閲覧したり…

転職活動をするいあたっては、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したりして関心のある会社を調査するはずです。とはいっても、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントが主導していることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。たとえ公開したとしても遠回しな表現に徹します。そういったコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそれを鵜呑みにするのではなく、疑いながら読むべきでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」とあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、言いがかりをつけながら退社できないように策を練ってきます。この種のブラック企業には注意しましょう。

自分の好きな分野の仕事に就きたいと考えている方は注意が必要です。

自分自身の好き、を仕事にしたいという風に考えている方は注意です。私が実際に体験したことなのですが、私自身、食べることが本当に好きでそれが理由で、前に、飲食業界で仕事をしていたことがあります。そのお店での業務は、その飲食店で担当していた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざに疲れてしまいました。ということが原因で、退職することになったのですが、その影響からか、食べること、そしてその飲食店で扱っていた食べ物さえも苦手になり、似たような飲食店は現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分自身の大好き、を仕事にしたいと思い、実現させることは本当に素敵ですよね。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、真剣に判断する必要があります。

退職|シフトがある仕事についての話です。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの出し方、休み方については確認しておいたほうが良いです。それはなぜかというと、過去に私は出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として仕事をすることになったのですが、土曜、日曜が固定シフトで新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。産休に入った女性が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出すと「よく耐えた」と自分でも驚きです。

退職|転職先を選ぶのに、もちろんやりがいのある仕事か考えるとも大事だけ・・

転職ならば、当然仕事のやりがいアップと一緒に加えて収入が上がることも大事なポイントになるので「年収サイト」というサイトに登録をしてあらかじめ調べています。同じ会社でしかも全く同じ職種、社歴であるのに人によって広く幅がある場合も多くあり、ぶっちゃけて言うと面接の時質問したことがあります。面接をした方も一緒のサイトを見ていたようで「高い収入で書いているのは、書いた人物も誰だろうとある程度は予想はついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方だと思ってください」とのことでした。

「就職エージェント」大手には、様々な案件を持って…

大手転職エージェントは多くの案件を扱っているといえますが、一方、転職希望の登録者(ライバル)も多くいます。それがためにあなたが、気になる企業を見つけても、転職エージェントの担当スタッフが望みがないと判断すれば応募してもらえないこともありますし、会社から見て自分よりも有能だと評価される人がいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。つまり大手の転職エージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱い非常に難しいので、少し規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないものでしょうか?と問い合わせてみると自分のために行動してくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。