転職後は、だいたいの場合は前の会社の仕事はほとんどは美化された記憶となります。

転職したケースでは、高確率で前の会社の仕事の美化されます。

  • 転職すると、高い確率で以前の会社の仕事での記憶は大方、美化されます。本当は今の職に納得できない点があるから、そういった思いを解消するために再就職すことになったのに、気付けば転職後の会社よりも「前の仕事のほうがマシだった」と感じます。それというのは普通で、以前の職場では仕事の手順に慣れていて、楽に毎日の仕事もしていたのも根底にあると思います。だが実際は「辞めるべきではなかった」と悔やむほど、前の仕事のほうが人間関係や自分に合っていた場合も考えられます。
  • 再就職をする際で行くと必ずと言っていいほど聞きだされることが…

  • 再就職をする時に面接で決まっているかのように質問されるのは以前勤務していたところを辞めた理由なわけですが、このような質問に答える際には辞めた会社に話題の中心を当てない方が無難です。退職した経緯が的にされてしまうとどうしても悪い印象を与える要素を取り込んだ内容になってしまいますから。この点を上手に進めていくには前の会社を辞職したのはこの職場に必ず入社したかった理由があるという感じの話に持っていくべきであり、入りたい会社に話の中心を持っていきましょう。こういった内容ならば好印象の退職理由に聞こえます。
  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ…

  • 近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティング会社も増えてきました。特許を取った経歴のある人は、連絡が来やすくなります。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を書いた実績のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かしらの「功績」を残したと思しき人に狙いを定めて、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのための理由にしています。もしも、あなたがいかにもヘッドハンティングのような話をされたときには、心当たりを考えてみてください。たまに、ヘッドハンディングだと思わせて、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、そのような業者はおそらくは嘘であるので気を付けましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を払う必要などありません。
  • 退職|求人を見る際、オフィス系の仕事が希望だからと、製造業を見逃してしまっています。

  • 求人情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業はチェックしない人がいますが、そのような人のほとんどは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勘違いしている場合もあります。現に、製造業の求人でも、現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される仕事がたくさんあります。ですが、製造業の大半はオフィス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そこがマイナスに感じられるかもしれません。だとしても、自分のこだわりを捨てることによって人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • 派遣として働く会社が決まりました。

  • 派遣のお仕事が決まりました。勤務初日に派遣会社の営業の担当の方と就業先の近くのコンビニで待ち合わせたら、担当者がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいないので店内にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたところ、彼は驚くことに雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいやらしいグラビアのページを開けて見ているところを発見!こんな担当の人のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことと考えて、その場で声をかけず店内から出て即座に派遣会社に辞退の連絡を入れました。
  • 退職|転社を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。

  • 退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の現在ではメンタル面を鍛えるコツはいつでも知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることもメンタルを鍛えられます。その最たる例は「外国に行くこと」ですね。海外旅行に行くと、言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、刺激が山ほどあります。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま面接に向かえば、今までの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはずです。ですが、退職直後はメンタルが弱気になりやすいので、回復したあとで行動するようにしましょう。
  • 退職|今あるスキルを活かして転職活動を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種…

  • 今の自分のスキルを活用しながら就職活動を検討する場合は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、再就職が難しい業界がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職がむずかしくないジャンルは、常に人手不足になっている医療や介護系の業種が代表でしょう。医療・介護は、看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていてとある事情によって異業種に転職したいと考えているのなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。ですから、容易に考えない事が必要です。再就職を希望するなら、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておきましょう。
  • いい転職をしようと転職する活動中に、「自分は経験とし…

  • 転職する活動で「自分は今までずっとこういった内容の仕事をしてきました」「過去の仕事によって、このような経験を身につけました」と自分の成功体験などを十分にアピールしなくちゃと考える人はわりと少なくありません。が、転職先の新たな会社で「そのうちこういった仕事をしたい」「私が話したような業務なら積極的に貢献したい」と未来の姿を話して自身をアピールする方がよっぽど効果があります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。
  • 退職|転職活動時に注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高め・・

  • 就職活動中に注意して欲しい求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースが多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間・45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間が書いてあります。毎月この程度の残業が想定されるので、給料形態に残業代を入れて計算しておくというシステムになります。(注意・合法です)もしも『みなし残業代30時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料がもらえます」という話になります。ですが、悪質な求人にはこの『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、注意をしておきましょう。
  • もしも転職することが、今の会社にいる人たちがそのことを知ってしまう・・

  • 再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの退職を知ると職場の状況が一変するかもしれません。労働環境によっては、やっかみや意地悪される可能性もあります。ひどいケースでは、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに「転職します」と周囲に言うのは考えものです。そのような状態を回避するため、仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。転職が決まる前と同じ態度でいることで、良い雰囲気を最後まで保ちつつ、心置きなく仕事を辞めることができます。そして、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後に、何かあったとき、アドバイスをもらえる機会も出来ます。どのような会社も人とのつながりはとても大切であるため、辞める時のトラブルだけは、できるだけ起こさないようにしたいものです。
  • 転職サイトは、一度登録したら、執拗に電話やメールをしてきます。

  • 転職サイトに一旦登録すれば、電話やメール連絡が何回も入ります。これについて初めて利用する人はとてもびっくりするケースが多いです。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが目的とされるので、非常に積極的に行動します。中でも特に大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業からお金をもらえるシステムといえるので、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが少なくありません。また、彼らは、成約数を増やしたいがために内定がとれた瞬間に入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、安易な妥協をしないように注意することが重要です。
  • 転職を考えている際に見ることになる募集要項について…

  • 職を変えようとしようとしている時に閲覧する募集要項については、基準的なものとして記載されていることもあります。なので、書いてある内容は正しいことだとは簡単に信頼するのはやめておいたほうがよろしいでしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬に関しては平均なのか?最低限保証されている給料であるのか?最高の給料であるのか?という見極めができる転職者は少なく、自分で適当に決め込んでしまうと、今後、後悔することになる事いなるかもしれません。それゆえ、悔いることのないように、募集要項の情報というのは、目安だと思って、そういったようなたいへん肝心な内容は直接確認を取ってみた方がベストです。
  • 退職|何年か前までの求人情報には、募集条件の中に「性別」について、…

  • 数年前は求人情報では、募集要項の中に「性別」が、当たり前のように記載されていました。しかしながら最近では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、男女の求人や、採用での差別をあってはいけないルールが決まり、募集要項の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった時代になったのですが、求人を出す雇い主としては、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。実際問題、男性を欲しい業種に女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまい、といった問題も無関係ではありません。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」といった内容なら、希望しているのは女性だと捉えておいたほうが無難です。
  • 転職活動では、比較的重要なのが「面接」なのは間違いありません。

  • 再就職では、かなり重要視されるのが「面接」です。多くの場合面接の際は面接担当者が応募者に対して、転職事由や退職理由など色々なことを質問されると思います。そしてほぼ100%、面接の終了間際に転職希望者から、面接担当の人へ疑問点などを質問できます。面接官側が、「何か弊社について質問はありますか?」と聞いてくれるわけです。そういった質問をされたとき、面接者本人が緊張しすぎて慌ててしまうと思います。そうならないためにも、面接を受ける前に面接担当者からの質問に対する、答えを準備しておくのがベストです。よく考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 女性の転職において、一昔前と今日とでは少し状況に違いがあったりします。

  • 女性が転職するに当たり、一昔前と今現在とは少なからず、変化が見受けられます。かつては会社側から既婚者なら出産の予定などについて、当たり前のように質問されることが多々ありました。ところが、最近では、そういったデリケートな内容はセクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業の方が多くなっています。世間に名の知れた大きな会社の場合は、全面的に避ける傾向にあります。が実際、企業側は、YES・NO、といった形ではなく、その女性が、結婚後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいとは思っているはずです。自身の将来設計を知っておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRと混ぜながら伝えることで、面接担当官にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えられます。なので、聞かれていない内容でも、あなた自身から気を遣って答えておくのが良いでしょう。
  • 転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。

  • 今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。しかしながら、仕事を行いながら求人を調べて応募したり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも消耗が激しいといえます。加えて、転職活動中は、現在の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、書類選考を通過し、面接が決定した後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、そうではなく自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と理解しておきましょう。