転職時の採用面接に出向いたときのことです。

転職の面接を受けにある会社に伺ったときのことです。

転職のための面接を受けに希望先の会社へ訪ねました。その会社の部屋が空きがないということで会社の外で面接担当者と待ち合わせて面接が行われて、そのまま解散して、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったのですが、奇遇にも下車する駅が私と一緒だったのです。なので電車内でもずっと会話をしながら帰宅することとなって、すっかり打ち解けて面接しているよりもお話が弾んで、それがプラスに働いたのか問題なく採用も勝ち取りました。

再就職するつもりなら、いろいろな会社の情報を普段からチェックすること…

転職を検討しているのなら、まめに色々な会社の採用情報の詳細を普段から調べておくと転身時の選択にかなり役立ちます。あなたが現在の職場にやりがいを感じていないケースでは、本腰を入れて転職活動を始めたときにどこの企業も魅力的に思えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どの会社を選択するべきか、迷いが出てしまい選択を間違える可能性も高くなります。その結果、早々に退職しなくてはならなくなるので、前もって会社を見る目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重んじる企業は取引先を公表していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、チェックをする目安になります。さらに、会社によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格したので…

ある古物商の会社で書類審査に合格しました。2、3日して面接の日時について担当者から連絡をもらい、けれど、面接日当日、指定場所まで行ってみると、どういうわけか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、終始呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、やっとのことで面接を終えました。でも、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、気になったので、こちらから問い合わせると「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達でそこで再度問い合わせたところ、どういうことなのか、「残念ですが不採用になりました」、とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。私はしばらく言葉を失いましたが、内心、採用されなくて良かったと感じています。

退職|転職を行うにあたっては、はじめに、求人雑誌を見たりし・・

転職活動を行うとき、前もって、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりして関心のある会社をチェックするとは思います。ですが、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社に不都合な情報を隠すプロでもあります。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。そのような類の「社長インタビュー」などに関しては、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。鵜呑みにして会社に入ってしまった場合、期待していたことと全く違うとあとになってから後悔しかねません。たちの悪い会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけて退社できないようにしようとします。この種のブラック企業には注意しましょう。

趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。

趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私は、もともと食べることが趣味だったのですが、それが理由で、以前は、料理店(レストラン)で働いていました。そのお店での仕事内容は、そのレストランで任されていた業務は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざに悩まされました。そのことが引き金となって職場を去ることにしたのですが、その結果、好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店はしばらく経った現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。大好きな分野の仕事に就きたいと夢をみるのは素敵なことです。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に判断する必要があります。

これはシフトのある仕事についてです。

これはシフト制の勤務形態がある仕事についての話です。一定の曜日に勤務できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休む手順については、面接の際にチェックしておきましょう。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の穴埋めとして、正社員としての仕事をはじめたのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った女性が「土日」に必ず出勤することができたので、私自身も同じような人として扱われてしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。今思えば「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

転職先を探すにあたって、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと一緒に…

転職にあたっては、もちろんやりがいのある仕事をすることも大切だけど年収が上がることも重要なポイントになりますから「年収サイト」というサイトに登録して事前に調べています。同一の会社でそして全く同じ職種、社歴なのに人によってとても違いがある場合も少なくなく、ぶっちゃけ面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトをチェックしていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた人物について誰だかそこそこは察しがついているのですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。

大手転職エージェントは潤沢な案件を扱っているといえますが・・

大手の就職エージェントに限って、いろんな案件があるというメリットがあるといえますが、それと同時に転職を希望するライバルも多いです。あなたが気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフの側が「可能性が薄い」と判断すれば応募してくれないことも多々ありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価される人がいると、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。要するに大手のエージェントは、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い応募することが困難なので、発想を変えて比較的規模が小さいエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できませんか?と話しをしてみると、転職希望者のために仕事してくれることもあるので、そのような活用も一つの手でしょう。

友人や知人の紹介をキッカケにして転職する先を探す人もいるでしょう。

知人からの紹介を通じて転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけれど転職した先の労働環境やまた労働時間などの大切な部分を友人からの口コミ情報のみであんまり信用しすぎるとあとでトラブルになるおそれがあります。どうしてもある特定の人の口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに紹介者から見たらベストな働く場所だとしても、あなた自身には、まったくそう思えない可能性だってあるのです。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミだけで判断せず、最後は自分の目で確かめておくことも大切です。

転職活動をしている際に、面接のときに絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職のための活動を行っていて高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これと違って転職理由についてストレートに話すのは問題です。報酬に対する不満、上司と相性が悪いことなど、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業はそういった点を気にかけているため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。加えて、この企業に入ってこんな貢献をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、その希望が叶うのは御社しかありません、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

退職|今現在のあなたの職場や業務内容について何かしらの不満を感じることがあるはずです。

今現在の自分の勤め先や仕事に対する大半の人は不満を感じていると思います。「自分の持っている能力(スキル)をきちんと評価してもらえない」あるいは、「月給アップも、昇進する可能性も見いだせない」と言う愚痴を漏らす人もいます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自分の本当の能力を「過大評価」していることが多かったりします。万が一、自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と中々転職先が見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招く可能性も少なくありません。再就職をスムーズに行うためにも、実際の自身のスキルや能力を把握することが大切です。

失業保険の給付においては、職探しをしていることの証明が必要になりますが、…

現実に失業保険の給付を受けるためには、仕事を探していることを理解してもらわなければいけません。とはいっても、現実的には「会社に行かなくてもいいし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」と考えるのが正直なところでしょう。なので、本当に就業先を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一度ハローワークに行くのは言うまでもなく必要ですが、求人票の閲覧は少なくともしておきましょう。本腰を入れて探す意思がないときには、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「労働条件のいい仕事や自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が見当たりませんでした」と告げて次の機会を探すという手もあります。

転職活動する場合、それなりの準備は必要不可欠です。

転職にあたって準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は気になっている人も多いと思います。けれど、近年の採用面接に関しては私服を許可している会社もあるので、ビジネススーツを着込んで出向かなくても良いでしょう。会社の創立したての新規の会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で面接をした方が、相手先に印象をあたえます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服だと面接時に、洋服について、話もしやすいですから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。これから転職にトライするなら「創業年数」で選択し、(ベンチャー系などの)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

転職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計に関しては、…

再就職の面接につけていく腕時計に関しては、明らかに目立つタイプのものは着用は避けたほうが安全です。目立つ腕時計を詳しく言えばブランドの腕時計とか、といったことだけではないのです。反対に、明らかに安物に見られてしまうとか、そういった意味であって両極端で目立つ、ということで考えておきましょう。再就職の面接の際の腕時計においてはポジション的にはスーツやネクタイのとらえかたと同様に、面接するにふさわしい適切なものを選択した方が良いです。けれども、自身の年齢にあっているということも肝心であって、新卒時にしていたものよりはほんの少しでも高価なものにした方が転職の面接においてははっきりといえます。

派遣会社を介して仕事をする人が徐々に増加する傾向にあります。

派遣会社を利用して仕事をする人が規制緩和の後、増加しています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、そのうちどれだけがあなたに入るのかを極力面接時に質問しておきましょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料をもらうシステムといえますが、派遣会社の大半は、派遣労働者の取り分をあいまいにしていて、公開していることは少ないです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしないところも多く、酷い業者では、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることも決して少ないとはいえません。面接時、まともに回答してもらえない派遣業者は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、極力違う派遣業者を利用されることを推奨します。

転職活動をされているのなら、良いと思う求人(もしくは業界…

将来転職活動をするという時は、気になる求人(OR 業種)を見つけたときに100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントからはその業界に関するマイナス点は知ることは不可能です。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索によってカンタンにその実態を知ることができます。そういう実態を理解しないまま、会社に入ると、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「内容がきつく、なかなか人が定着しない」ということも少なくないため、目に留まった案件・業種については、注意してください。