転職時の面接で面接官から「転職理由をお聞かせください…

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接担当から「転職理由をお聞かせください」と聞かれることは間違いありません。そのとき、どのような理由であれ、「労働環境」「人づきあい」についての不満やトラブルを絡めた受け答えは、できればしないほうが良いでしょう。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスをダメにしてしまいかねません。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することがとても大切です。、正直な理由でなくとも、「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」といったような未来形での話ぶりが良い印象を持ってもらえるのです。

    退職|新しく就いた勤め先でこれまでに培われてきた実力を存分に発揮できれば…

  • 新しい勤め先で、自身の過去のスキルが生かせれば、即戦力として高く評価されて、割と早く仕事場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている雇い主としてもそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ問題なければ、簡単だといえます。加えてこれまでの働いていた職場と近い仕事内容なら確率はおおいにあります。ですが、そこそこスキルがあるといっても大手企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)はいつの世になっても、相当な競争率となるのは間違いないでしょう。

    派遣で会社で働いています。労働契約法のからみで残念なが…

  • ある会社に派遣されて働いています。派遣法と労働契約法により残念ですが長く勤務してきた就業先での仕事がもうすぐ終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先で正規社員の待遇をつかんだ人もいるのですが採用された理由としては正直なところ仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方がうまくてそれが採用の決め手となったみたい。仕事を行う能力よりもおじさん転がしの能力の方が大事なのかなーと選考に漏れた別の派遣の同僚と職場で文句を言う毎日です。

    退職|雇用期間中なら、可能であれば、社内の人間にバレないよう・・

  • 在職期間にあるときは、可能であれば、周囲に悟られないよう、(私の転職活動では)就労期間中に転身する気持ちのみを早いタイミングで周りの人間に話したことがあります。が、その後求人を見て回ったものの、予想に反して就職先も時期などさえも無鉄砲に決まらずいつの間にか時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには一方の当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」といった、本末転倒な事態になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験し、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

    転職活動をするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント・・

  • 転職時、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を使う方法もありますが、もしあなたがそういったところに登録した結果新しい仕事を見つけることができたとしても、失業保険を受け取ることはできないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても失業保険の給付対象にはならないので気をつけなければいけません。他方、「ハローワーク」を介して斡旋してもらって就職したときは、就業のための準備金として一時金を得ることができます。ウェブ上のエージェントは、私的機関です。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは何の関係もありません。このようなことを押さえていなければ、失業中に給付金を手に入られないので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

    転職をするのに、とにかく会社を辞めてからと考える方もいますが・・

  • 仕事を変えようとするときに、まずは今勤務している会社を辞職した後で転職しようと考える方もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスが入る時期を気にかけておきましょう。ボーナスが支給される企業はいっぱいあるわけですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスの支給の日まで数か月しかないのなら、ボーナスを手に入れてから退職届を提出するという考えも悪くないです。ボーナスだとそこそこ大きな額なので、もらわなきゃ損ということも明白ですから、辞職する際にはボーナスが支給される時期について確実に頭に入れておく方が堅実です。

    近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、…

  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、社名の公表がなされるなど罰則もそれなりに強化されていますが、完全とはいえません。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。とりあえず、求人票などに記載された労働条件に目を通して、それらをもとにあれこれ質問していきましょう。「ブラック企業」の場合、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げようとします。中でも給与や残業や休日に対しては、詳しく聞いていくと、渋い顔をするケースが多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、会社の本当の姿に気づきます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

    古来より「石の上にも三年」というコトワザがあります・・

  • 昔から”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。昨今、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。でも、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらとそれを選択するのは考えものです。転職しようと考えるなら、タイミングを捉える必要があります。基本として、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思っている点を10個前後、探しておきましょう。そうすることで、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、躊躇することなく、良い職を手に入れられるように努めることも大切です。

    転職すると高確率で前職はほとんどの記憶は美化されます。

  • 仕事を変えると、だいたいの場合は前の会社の仕事は多くの出来事は美化されます。現在の仕事に合意できない点があるから、そういった思いを解消するためにどうにか再就職を決意したはずなのに、いつの間にか不思議と転職した会社よりも「前のほうがよかった」と感じることが増えてきます。というのは至極当然で、前職は日々の業務を把握していて、難なくやるべき業務ができていたのが、もっとも大きい理由ですが、実際は「やっぱり転職なんてしなけりゃよかった」と真剣に感じるほど、前の仕事の方が待遇や自分に合っていたケースもあります。

    退職|転職で面接で高い確率で質問されるのが辞職したのかということです。

  • 再就職する場合の面接でほとんど追求されることが前職を辞めたわけについてです。このような質問に回答する時には話題を退職した会社にしない方がベストです。退職理由が話の中心となって進んでいくとどうしても面接において不利なことを伴った話になってしまいます。どういう風に話せばいいかと言えば、どうして前の職場を退職したのかという事をこの職場に絶対に入社したいと思っていたからといった感じの話に進めるべきであり、自己アピールもかねて入りたい会社の方に内容を傾けていきましょう。面接を行っている会社の話であれば好印象を与えることができる以前の会社を辞めた訳にすることができます。

    退職|今日、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増加しています。

  • 最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えています。「特許」を出した人などは、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に限らず、研究開発で論文を書いた経験がある人や、メディアで話題になった人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしも、あなたがヘッドハンティングに関する勧誘をされた場合は、そういったことが無かったか思い出してみましょう。まれにヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の会社は高い確率で詐欺なので、引っかからないように気を付けましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を払う必要などありません。

    退職|求人をチェックする場合、オフィス系の仕事がしたいから…

  • 求人サイトをチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほど製造業を見逃してしまっています。そういった人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と誤解している可能性が高いです。製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、総務・経理と言った 人材 や資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される職もかなり存在します。製造業の勤務場所自体、オフィス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、そこがデメリットに感じられるかもしれません。ですが、自身のこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

    退職|派遣先の会社が決まりました。勤務初日に営業を担当している人・・

  • 派遣社員としてある会社で働くことになりました。勤務初日に営業を担当している方と派遣先の会社に近いコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、どういうわけか約束のお店の前にいないから店の中にいるのだろうと考え店内に入っていくと、彼はなんと雑誌コーナー前の通路に座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けて閲覧しているではないですか。こんな担当者のお仕事なんて我慢できないことだと思って、そこで声をかけることなく気付かれないようにコンビニを出てすぐに派遣会社へ辞退をする旨の連絡を入れました。

    転職を繰り返さないためには、コツが要ります。

  • 退職と転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。ネット社会の今ではメンタル面を鍛えるコツはいつでも知ることができます。さらに、転職とは関係のない行動をすることも精神面を鍛えることができます。たとえばズバリ「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。この状態で面接を行えば、これまでとは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。しかしながら、退職直後は精神面がダメージを受けやすいのでよく休むようにしましょう。

    自身のスキルが有利にはたらくように就職活動をするつもりな・・

  • 今あるスキルや資格を活かしつつ、転職を検討しているなら、比較的、再就職しやすい業種と比較的、再就職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。すんなりと転職がかなう職種としては、慢性的に人手不足である医療・介護業界が代表でしょう。医療・介護の職種では看護師および介護士の「資格」が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今現在、医療従事者として勤務している人が、様々な事情により、異業種に転職する事を考える場合、要注意です。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は少なくなります。なので、容易に考えないことが大切です。転職をされるのであれば、他の業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけておきましょう。

    退職|励んでいる転職活動時、「私は振り返るとこういう内容…

  • やっている転職活動の際、「これまでこういう職場の仕事を長く続けました」「過去の仕事によって、こういった経験を手に入れました」とそれまでの自身の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールしなくちゃと考える人は少なくありません。ですが、転職先となる新しい職場で「そのうちこういったことに挑戦したい」「斯くの如き内容の業務なら貢献できると思う」と将来のプランで売り込むほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。