転職時の面接の際に人事担当から「転職理由をお聞かせください…

転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、かなりの確率で質問されます。この時、どんな訳があっても、前の職場の労働環境や人間関係についての愚痴やトラブルを絡めた返しは、極力控えたほうがいいでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用される可能性を逃してしまうことになります。ですから面接では「ポジティブ」な返答に徹するのが肝要で、あくまで「新しい職場ではこれまでの自分のキャリアをしっかり生かし、真面目に取り組んでいきます。」といったようなアピールの仕方が担当者には受けます。

退職|新しく就いた職場でこれまでの能力を活かせられれば、即戦力として仕事をすることがで…

再就職した会社でそれまでのスキル・キャリア活かせられれば、即戦力として高く評価されて、早々に職場で存在感を得られるでしょう。人を雇おうとしている雇用した側としてもそういった人材は常に欲しがるものですから、企業側が判断しても即戦力となる転職は簡単だといえます。更にかつての業務内容と同じような仕事なら見込みはおおいにあります。でも、なかなかの実力があるといっても一流企業の事務系の仕事や、公務員の募集などは、時代や景気に関係なく相当な競争率だと覚悟しておきましょう。

派遣社員として勤務しています。

派遣というかたちで働いています。派遣法とかのからみで残念なことに長期間勤務していた企業での勤務があと数か月で終了します。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣で働いている会社で正規社員の待遇を獲得した人もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言って仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらい方が上手な人でそれで採用された気配。業務上のスキルよりもおじさんにゴマをするスキルの方が大事なのかなーと抜擢されなかった別の派遣仲間と職場で愚痴る毎日です。

退職|在職期間中なら、なるべくバレないよう(私の経験談で・・

就労期間にあるときは、可能であれば、会社内の人に悟られないよう、(私の転職活動では)在職期間中に転社する考えのみ早期に周りの人に仄めかしたことがあります。とはいえ、それから、求人情報を散々あれこれ見ていったものの、就職先やタイミングすら無計画なまま決まらないまま、いつの間にか時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには社内では業務の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たあと、次の就職先を探す流れになりました。

転職をするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン・・

転職をするに際しては、インターネットでのエージェントを利用するケースもありますが、その種のエージェントに登録し就職先をうまく見つけた場合でも、失業保険とは何の関係もありません。ハローワークを経ずに就職が決まったとしても給付されないので注意すべきです。他方、ハローワークにより斡旋してもらった会社に就職したときは、就業に備える準備金として一時金を受け取ることができます。インターネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。こういった点を知らないでいると、失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

転職をしようとするときに、とにかく今勤務している会社を辞職した・・

新しい職を探すのに、現在働いている会社を完全に辞めてからとする人たちもいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスをもらえる日について気にかけておきましょう。ボーナスが支給される会社は多いですが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが出る日まで少ししかないのなら、支給日が過ぎるのを待って退職届を提出するというのも賢いやり方です。ボーナスは月々の給与と比べて大金なので、もらっておかないともったいないとも考えることもできるでしょうから、転職しようと思ったら会社がいつボーナスを支給するかについて確認するのを怠らないようにするのが賢明なやり方です。

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり、…

今日では、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、まだまだ完全ではないのが現状です。だから、面接で見破る必要があります。とりあえず、求人票などに記載された労働条件をチェックし、ひとつひとつの項目について、遠慮せずに質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、その場での回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。とりわけ「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳しく聞いていくと、困った表情をする可能性が高いです。それでも食い下がると、ふてくされたかのような態度を見せるので、化けの皮が剥がれるようになります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

日本には昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは身近なものとして捉えている人も多いはずです。けれども、当たり前に転職が可能だと思い込み軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。実際に再就職しようと考えるなら、タイミングを捉える必要があります。とりあえず、現在の職場・仕事について全般的に、なにが嫌なのか、およそ10個、リストアップしてみてください。そうしておくと、再就職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、決断を遅らせることなく、より良い仕事ができるように努めることも大切です。

仕事を変えた場合には、高い確率でそれまでの仕事の大方は美化された記憶となります。

転職したケースでは、大体の場合、以前の会社の仕事のほとんどの出来事は美化されます。本当は現在の仕事に満足できないから、次の仕事を探して思い切って再就職を決めたはずなのに、気がつくと、不思議なことに転職した会社よりも「前職のほうがマシだった」と感じるのです。というのも極めて自然なことで、前職は業務をこなすことに慣れきっていて今よりも簡単に毎日仕事がたやすくこなせていたのが、もっとも理由にあるでしょう。ところが、「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と悔やむほど、前の仕事のほうが報酬も環境がいい場合もあります。

再就職する場合の面接でほぼ100%質問されるのが前職を辞め・・

転職をする際に面接で必ず尋ねられることが前に働いていた会社を辞職した理由なわけです。この質問になった時には話の内容を退職した会社に向けない方がベストです。前職を辞めた理由が話の中心になると言うまでもなく悪い印象を与える要素を含んだ話題になってしまいます。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、前職を退職したのはこの会社になにがなんでも入りたい理由があったからといった内容にするべきであり、自己アピールもかねて面接に来た方の会社へ話の中心を持っていきましょう。転職理由でも、その会社の内容であればマイナスではなく好印象の以前の会社を辞めた理由になります。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

今日、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。「特許」を申請した人は、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許出願を行った人に限らず、研究開発で論文を出した人、メディアによって注目を浴びた人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングっぽい連絡があった場合は、思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティング名目で登録料を取ろうとする会社があるのですが、その手の業者は間違いなく嘘であるので注意しておきましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

求人関連の情報を見る際、「事務系の仕事をしたい」という人・・

求人に関係する情報を見る場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業をチェックしていなかったりしますが、そんな人は「製造業は製造マンの求人だけだ」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。現に、製造業での求人募集でも、経理、人事、総務などのスタッフ募集から、購買、営業管理などの「事務系」に関する仕事もかなりの数あります。でも、製造業の仕事場自体、オフィス街から外れた地域にあるのでそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。そうであったとしても、自身の執着をなくすことで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。

派遣先が決定しました。就業初日に営業の担当の方と派遣先の会社近く…

派遣社員としてある会社で働くことになりました。就業の初日に営業の担当の人と就業先の近くのコンビニで落ち合うことになっていたのですが、彼がどうしたことか約束をしたお店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思ってコンビニの中に入ってみたら担当者は驚くことに雑誌の所に座り込んでいやらしいグラビアページを開けて読んでいるではないですか。自分の担当者がここまで酷いのは勘弁と判断し、そこで声をかけずに気付かれないように店内から出て直ちに派遣会社に辞退の連絡をしました。

転社を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。今現在は、ネットがあるのでメンタル面を強くする自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。そして、転職と異なる行動をする事もメンタルを鍛えられます。その最たる例はズバリ「海外旅行」ですね。海外に旅行に行くと文化も言葉も違うので、刺激を受けることばかりです。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職直後はメンタルが弱気になりやすいので、その後のために適度に休みましょう。

自分のスキルや資格を活かして再就職を検討しているなら、…

自身のスキルや資格を活かしつつ、再就職を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と比較的、転職が難しい業種がある事を事前に知っておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、たえず人材不足がいわれている医療や介護系のジャンルがその最たる例です。看護師、介護士の「資格」が必須なため、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今現在、医療従事者として働いている人が、仕事に対しての不満によって、異業種に転職しようと思う場合は、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」ではない業界は、働き手の流動性は現業界よりも少なく、そのため、安易に考えない事が必要です。転職される場合は、なかなか厳しいものになると覚悟しておいたほうがよさそうです。

やっている転職活動で「自分はこれまでずっとこのような職場…

今がんばっている転職する活動時、「今まで、こういう内容の仕事をしました」「過去の仕事によって、こういったスキルを得られました」と過去の自分の成功体験やセールスポイントをがっしりアピールする人はしばしば見かけます。しかし、転職先となる新たな場所で「こういったことに挑戦したい」「こういうような内容の仕事をするのならできれば参加したい」と将来のプランを話して自身をアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。