転職活動をする場合に気を付けるすべき求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高・・

退職|就職活動する場合に気を付けるすべき求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高め・・

就職のため仕事探しをするときに注意して欲しい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。こういった案件は、給料に『みなし残業代』が含まれている場合が少なくありません。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間や45時間といった感じで求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、最初から給料に残業代を組み込んでおく、といったものです。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代20時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」という話になります。でも、悪質な求人は、この『みなし』という言葉がこともあるので充分に注意を払っておきましょう。

もし転職前、現在の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしま・・

転職する前には、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ると職場の空気がガラリと変わるかもしれません。今までの周囲との関係によっては、これまで通りに行くこともありますが、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。そればかりでなく、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。そういった状態を避けるために、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い状態をギリギリまで維持したまま、晴れやかに会社を去ることができます。さらには、何の問題もなく円満退職に至れば、転職後に、相談ができるチャンスも手に入るはずです。業界や規模に関係なく、何処の会社も人とのつながりはとても大切なので、退職前のトラブルだけは、可能な限り起こさないようにしたいものです。

「転職エージェント」は、一度登録すると、執拗に電話やメールをしてきます。

転職エージェントは一度登録すると、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。これに関して転職初心者は大変ビックリすると思います。転職エージェントは転職させることが役割だとされるので、大変積極的な姿勢でいます。その中でも大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬を受け取る仕組みであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることがよくあります。その上彼らは、成約数を増加させたいがために、内定が出たその日に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。対抗策として自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職しないように注意することが重要です。

再就職をする時にチェックすることになる求人内容に関しては…

再就職を考えている際に注視する求人情報に関しては、通常のものとして書かれていることもあり得ますので、記載されていることはすべて正しい情報だとは思い込まない方がいいと思います。その中でも特に報酬の金額などに関しては、平均的な額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?という見極めができないことが多く、自らの勝手な判断で理解したつもりでいると、後々そのことを悔いる事もあるでしょう。ですから、悔いることのないように、求人情報に関しては、目安だと思って、そういったたいへん大事な事は直に連絡を取るのが良いでしょう。

今までは求人誌に雇用主が必要とする「性別」につい…

何年か前までは求人誌では、雇用主が必要とする人材の「性別」までしっかりと記載されていました。ですが最近では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が雇用の際にないようにしないといけないルールが敷かれ、応募条件に「性別」を明記できなくなりました。しかし募集情報を出す側は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実問題として、男性必要な案件に募集に女性がやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまったり、といった問題も無関係ではありません。たとえば、「女性が活躍している職場です」といった内容の案件は、会社側が働き手は女性を必要としている、と読むのが良いです。

退職|転職をする場合、比較的重要視されるのが間違いなく「面接」というものです。

再就職をするときにかなり重要視されるのが「面接」というものです。大半、面接では面接担当者が応募者に対し、転職を決めた経緯や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、そして必ず、面接を終えるあたりで転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わります。面接担当者から「弊社について何か疑問に感じることはありませんか?」と。と尋ねられた際に面接者本人が気持ちの準備もできていないし、慌ててしまうこともあるかもしれません。こんな時の為に、予め面接官からの問いに際し、質問の内容を用意しておくのがベストです。すべてを把握していない職場ですし、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、やってみてください。

女性が転職する時、今現在とセクハラが問題視される前で・・

女性が再就職するに当たり、一昔前と今とで若干、状況に違いがあったりします。かつては面接のなかで会社側から、結婚の予定や結婚後の予定について当たり前のように女性たちへ質問していました。ですが、最近では、そのようなデリケートな内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない企業の方が多くなっています。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、かなり神経質になっています。ただし実際、企業側は、はい・いいえ、だけでなく、その女性の姿勢結婚後も働きたい、出産後の具体的な対応を知っておきたいとは思っているものです。自分の考えをわかってもらうためにも、自己PRや志望した動機と一緒に言い表すことで、企業側にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると考えられます。なので、聞かれていない箇所もこちらから気遣って話を進めていきましょう。

転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。

転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。しかしながら、仕事を行いながら求人案件を求めて奔走したり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも大変だといえるでしょう。加えて、転職活動中は、今の仕事の同僚・上司たちにもバレないように振る舞わなくてはなりません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると意識しておきましょう。

退職|派遣社員になっても自身の好きなタイミングで辞められるワケではな・・

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職を通じて感じました。私は結婚生活が落ちついたら、できればすぐに子供を授かりたかったので、妊娠するまでと思い1年半~2年だけ仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であるために、正社員より年収は少なかったですが、ですが派遣社員という道を選びました。ところが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんど10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣であったとしても、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気付かされ、困ってしまいました。

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

近いうちに転職予定がある人で、次までの仕事にある程度期間がある方は可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては働いている会社がしっかり「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに貰える可能性もあります。このとき、受け取れる「失業手当」の金額については、会社の仕事を辞めた月の給料を基準に算出されるので、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

退職|再就職の時の面接などの際に担当者が名刺を手渡してきたら…

再就職の面接などにおいて面接担当者が名刺を渡してきた時、あなたも同じように相手の方に名刺を渡すべきか?と対応の仕方に迷った際は、大体の場合は差し出さないもの、と理解しておいてください。面接というものは仕事の延長ではなく、職に就くための就職活動の一環なわけですから、ほとんどは名刺をやりとりする時とは異なります。加えて、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。要するに、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらに関しては受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手の方に渡すことは少しもないと判断できるのです。

退職|派遣の会社に登録しています。ウェブサイト内でふと気になる仕事・・

今、私は派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトでなんとなく自分に向いていそうな仕事を探し出して問い合わせを行ってみると「その仕事はもう他の方の採用が内定しています」と断られて一瞬サイト内からも仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか翌日にはまた載っています。これは結局私ではダメだって意味ですよね。それなら初めからトラブルにならない程度に正直に伝えてくれれば助かるのですが、それを行うのは困難なのでしょう。はたまたもしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?

退職|転職することで職場を新しく換えるということは、自分自身に適す…

再就職によって勤め先を新しく替えるということは、自分自身に適する理想に近い場所に再就職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、あなたにぴったりの仕事に就く可能性もあります。が、苦しいことも少なからずあって、雇用側が必要とするスキルが求められます。逆をいうと、あなたの才能次第で、天職に恵まれる可能性も高くなる、ということです。今の時代は「職業選択の自由」が社会的に認識されているので、転職しても問題も生じないでしょう。事実、終身雇用が死語となりつつある今現在では「スキルのある人材が欲しい」と感じている企業も増加していますので、この好機を有効に使ってみてください。

未経験である業種などに転業したいと考えている場合には・・

全くの未経験である分野などに転職を考えるときには、自分の以前の仕事で身についた能力や今までの経験が生きるというアピールが必要になります。働いたことのない業界の場合、経験していない分その業種で今まで働いてきた人たちよりも事実、不利になりますけど、自分が保持しているスキルがそのジャンルでも発揮できるということを話せれば、戦える場合もあり得ます。という訳で、経験のないジャンルにチャレンジする際には、その分野と自分がこれまでやってきた職務との関連をできる限り考えましょう。

退職|転職をするために現在働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です・・

転職するにあたって、今勤務している会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もし自分から退職届を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職においては即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が確認されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って退社日の翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。この規則を理解していない人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してハローワークのスタッフと揉めているのを見たことがある。加えて、自分側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業認定を受けたのち直ちに失業保険が給付されます。

退職|転職のための活動は企業そのものというより、具体的には「担当面接官」と…

転職のための活動は希望している企業そのものよりも、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが大事です。面接で良い印象を与えるために、第一歩として面接の時間になる前に焦らずに対応することを心がけましょう。例えればお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと問題はありません。とくに面接を通じて第一にあなたの「人間性」をチェックされるので悪い評価になるような行動は気をつけてやめましょう。また社会人らしい身だしなみや服装を整えながら、ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、きっと自ずと良い結果を出せるはずです。