近年では、株・不動産投資といった、不労所得で生活資金を得た…

退職|この頃では、株・不動産投資などの不労所得で儲けた・・

ここ最近は、株式・不動産投資の不労所得で生活資金を得たり、個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。そういった変化に伴い、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった今までの常識も変わりつつあります。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、先の見えない自営業という生き方よりも雇用されて働いているほうが大いに堅実であり、人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、広く世の中に浸透していました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、今は、「成熟期」などと付けられています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

20代までに転職2回で、今現在は資格を取るべく派遣社員として働いています。

20代前半で転職を2回した為、そして現在、資格を取る目的で「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務ではないのでやはり給料は以前よりも少ないです。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。思い返すと、学生時にもっと資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。資格を活かして働いている方と話すとなんだか羨ましく見えてしまいます。前までは、自分と他人を比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、現在は結婚をキッカケに私の生活自体が大きく変わり、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、充実した日々を過ごせています。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。今の安倍内閣では「アベノミクス」「三本の矢」など、新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って日銀による金融政策と、たがいに作用しあって、財界・企業間でも今までにない社会的な変化が増加しつつあります。そのこともあって一般の企業では今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」がとても大きな社会問題となっています。なお、「外国人労働者」の総数を増やして人材確保に務めていく前提と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないのに…

転職期間中は、無意識のうちに時間があるため、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。が、そうした生活を習慣にするのはキケンです。なぜなら、気の緩んだ、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「精神的」にも悪影響があるからです。気づけば、働く気力がわかず、経済的に困る未来がやってきます。そうすると、悪いサイクルがさらにつづき、再就職先をうまく見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、給料を一番に考えてしまうからです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を始める為にだれた生活は、(転職活動中には)不必要です。

一般的に大企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの…

多くの場合大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。そればかりか、都会以外だとその機会は容易ではないでしょう。例外として、製造業の会社に関して言うと、都市部でない地方の工業団地付近に製造工場を構えていることが少なくありません。さらに、そういう地方工場では事業分野の拡大とともに人員募集をすることも珍しくありません。このチャンスに転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場での転職を考えているなら、希望する企業の情報をあらかじめ知っておきましょう。ホームページに訪問し、人員募集の有無など、定期的に確認しておきましょう。

転職というものをする場合、そこでの自分の給料について気にする・・

転職について考えた場合、転職したあとの自分の給与について気にする人がわりと多くの方のようです。とうぜん大多数は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として手に入れるべく励むとは思います。年収の額は自身の社会的な価値を知る値という面もありますから大切と感じるのは無理もありません。しかし、必要である以上に年収額ばかりを固執しすぎる生き方というのも寂しい気がしませんか?この世には収入に直結しない仕事であっても精神的な充実を得られることがゼロではないからです。

ずっと接客業で務めていたのですが、歳をとるにつれて立ち仕事・・

ずっと接客業で勤務していたのですが、年齢的に立って行わなければいけない仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを考えて行動にうつりました。事務が未経験だとなかなか採用してもらえず、接客の経験が役に立つ受付兼医療事務をしたいと資格も獲得し個人の病院に転職することができました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業時代よりも帰りも遅いわけですが、初めの頃はキャリアの形成時期と観念し頑張ります。

転職時の会社での採用面接での多数のひとが思い違いをしているのですが…

転職のための採用面接での、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、残念なことに悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために例に挙げるならば面接の際は「給与」などの、多数の人がかなり質問しづらいことを勇気を出し訊いておくと、最終的に絶対に自身のためにもなります。実際には「入社前の段階でずけずけとそういった質問をすると結果が不採用になるのではないか」と危惧するかもしれません。だけども、かえって悪い印象を持たれることは最終的には可能性が高いのです。こうした労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。とはいえ、面接応募者の多くは、聞かないのも事実です。それを一歩踏み出しておくと、「正直な人だな」ということで自己アピールになるのです。

退職|クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接場に出向くときに…

クールビズのスタイルで転職の面接会場に行こうとする際には、いくらなんでもジャケットは着用しなくても大丈夫だと断言できます。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が好印象です。タイの着用はなくても大丈夫だとする会社も存在するケースもなくはないですが、ネクタイに関してだけはクールビズであろうと身だしなみとしてつける必要があると考えている会社が存在するわけです。なので、クールビズの恰好でもネクタイだけは必ず着用いく方がベストだということはお知らせしておきます。

退職|失業することによって得られる失業保険は、失業中でなければ給付されません・・

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業していることが給付の必要条件ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、90とか120日とか決定されるのですが、これを知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り焦りつつ仕事を探してもろくな結果とならない可能性が高いです。会社の面接官もバカでは無いので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容はそこそこ察しがつくでしょう。状況によっては、面接の際にそういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて困難になります。

人生ではじめて転職を行うなら、なぜ今の仕事を辞める必要があるのかについて…

生まれてはじめて転職を行う際、注意すべきことはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかについて明確化しておく必要があります。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。その後問題を改善できるであろう会社を選択してみてください。既卒者の転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事を続けながら就職活動をしていくため、時間と体力とが必要だと考えられます。理由を明確にせず転職を試みた場合、途中で息切れしてしまう場合があります。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという感じの強い気持ちがない場合は、転職活動を始めるのは、保留にしておいた方が良いです。

このあいだ転職したというのに、あっという間に退職を選択してしまう人…

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、慣れもしないあいだに辞めてしまう選択してしまう人が意外にも少なくないのです。何故そうかと思うと私の思うところをいうとリフレッシュな気持ちで自分自身に合った職場を見つけたものの、「自分自身の期待していたものとけっこうかけ離れていた」「職場の雰囲気にどうしても馴染めない」と考えてしまって退職を決意することが珍しくないといいます。こういった転職における失敗を繰り返さないために、はやり事前の情報集めを徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、などあれこれ調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

退職|転職をする活動を行う際は、まず必ず自身の心のうちが沈着であ・・

転職活動をしているときは、まずとにかくあなたの心のうちが慌てないことをとても忘れないようにしましょう。会社で働きながら転職をするための活動をするのであれば、それほどはそうでもありませんが、退職をした後にする場合はどうしても内心が焦ってしまいます。その点を踏まえ、気持ちを抑えつつ、活動するように意識しましょう。今後、自分がやってみたいことや、理想とする職場のイメージを具体的にしてみてください。そして、実際の職場とのそれらが合致しているか、しっかり、冷静に考えてみてください。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで満足いく転職が実現します。

近い将来、労働力という観点において一段と思考を必要としない作業は…

近い将来、私たちの労働環境においてみるみるうちに思考を必要としない労働は機械化が進行し、その移り変わりによってマンパワーはどう考えても減少していきます。なぜかというと単純労働は機械で作業するほうが圧倒的にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同一の動きをずっとリピートしたりすることは機械には問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って言い訳もしないし、ペースが変わることもなく誤魔化すこともないし、正確だし均一だし、加えて、「人件費」が発生しないのも違いですね。このように、生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械にシフトされるもの必然ともいえますね。

転職する場合は、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、…

転職する場合、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に有益です。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、異なる角度から見ると、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。ですが、真実はクロで「真実が知られてしまっては困るから、潰そう」という話かもしれません。口コミサイトも囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いのは、それだけ、入社してから不利益になる覚悟をしなければいけないと判断して良いでしょう。そもそも、善良企業の場合トラブルは発生しません。

こういう転職というのは兄の友人から聞いた話です。

この話は友人の話です。大学生のときの就職活動で死んでも入社したかった憧れの対象であるA社の最終面接で不採用になって、そのため嫌々ながら違う会社に就職しました。1年経ったぐらいに派遣の求人サイトをチェックする中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、じっとしていられなくなりその時の会社をすぐに辞めて、派遣社員としてA社で働き始めました。やったな、と思った行動です。死ぬ気で頑張ってそれから先計画通りにA社で正社員として仕事をすることができ、現在はやりがいを持って明るく仕事をしています。