近頃、株・不動産投資といった、不労所得で生活資金を得たり…

今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得、ま…

  • この頃では、株・不動産投資などといった不労所得、もしくは個人事業、起業等、そういった背景もあり、「起業はキケンだ」といった常識も変わりつつあります。高度経済成長を遂げていた頃に関しては、どう転ぶかわからない個人事業よりも組織の一員のほうが安定性にすぐれていました。そのため人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認知されてはいました。しかし、そういった時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」という名が言い表されています。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み社会においては人手が必要なくなると言われています。
  • 退職|20代で転職を2回した為、そして現在、資格をゲットする・・

  • 20代前半で転職を2回した為、いまは資格を取るべく「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務ではないのでやはり毎月の収入は安くなりました。しかしその分、心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時に資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。やはり、しっかりと資格を活かしている人と話すとなんだか羨ましく感じてしまいます。今まで私は、うまくいってる人と自分と比べて、劣等感を感じていましたが、今は結婚してから、私の生活環境も大きく変化し、そのなかで将来の進路も定まったのでまいにち充実しています。
  • 退職|近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍内閣ではアベノミクスや三本の矢で新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策に連れ立って金融政策ともあいまって財界・企業といった民間側からも新時代となる社会的な変化が巻き起こりつつあります。そういった変化が加わったことで、企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「働き手が足りないこと」が社会問題化しつつあります。ちなみに「外国人労働者」の比率を現状よりも増加させていく、前提と現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の転職問題も幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。
  • 転職活動中は、ついつい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、…

  • 転職活動中は、ついつい緊張感のない、だれた生活になってしまいます。だとしても、そんな過ごし方はおすすめしません。というのは、気の緩んだ、だらけた生活をしていると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。そのうち、仕事をしようとする気力も失い、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。こうして、悪いサイクルにはまり転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。転職先をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えてしまうからです。給料を最優先に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラけた姿勢は、しないように気を引き締めましょう。
  • 退職|大手企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。

  • 一般的に大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望者には不向きです。さらに、地方ではその見込みがさらに狭まります。ですが製造業系においては、都市部でない地方の工業団地の近所に製造工場を持っていることもとても多いです。さらに、その地方工場では事業拡大などの際に「人員募集」をしていることがよくあるので、そのチャンスに転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場での転職をされる場合は、希望する企業の情報をはじめましょう。公式サイトにアクセスして、求人予定の有無など、暇があれば確認してみましょう。
  • 転職をする場合、そこでの年収ばかりに気を取られる人が…

  • 転職というものについて考えた場合、そこでの年収ばかりに気を取られる人がそこそこ多くいるようです。とうぜん大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を稼ぐために精を出していると思います。だから年収がいくらかは自分の評価としての側面もありますから大切なのは否定できません。しかし、年収に異常にこだわりすぎるのも寂しいものです。この世には収入に直結しない仕事であってもやりがいを感じられることが大いにあるものだからです。
  • 長期間接客関係で働いてきましたが、年齢を重ねるにつれ…

  • 長期間接客関係で勤め続けてきたのですが、歳をとると共に立って行わなければいけない仕事は体力的に耐えられず、事務の仕事へ転職することを考えて動きました。事務未経験の場合けっこう厳しくて、それなら接客の要素もある受付兼医療事務をやろうと考え資格を取得して個人医院に転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰りも遅いわけですが、今はキャリアを形成する時期だと思って我慢します。
  • 転職を成功させるための会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですが…

  • 転職時の面接に関して、よく思い違いがあるのですが良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりすることは、予想に反して悪い結果につながります。そうなる前に思い切って面接時は、「育休」など、普通はかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に尋ねておいた方が、間違いなく自分のためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なそのような質問をすることで選考結果に響くのではないか」と不安がるかもしれませんが、ところが、意外なことに、プラスに作用することは最終的には可能性が高いのです。この手の労働環境やお金に関する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。とはいうものの、多くの人が気を遣ってなかなか聞けないものです。それをほんの少し勇気を出して質問することで「勇気のある人だな」ということで思わせることができます。
  • クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接にチャレンジする場…

  • クールビズをして再就職の面接を受けに行く場合、ジャケットは着用していくことはないとはっきりと分かりますが、ネクタイはしておいた方が安心です。ネクタイの着用はなくても良いと考えている会社も存在する場合もあるにはありますが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズでも身だしなみとしてすべきだとする企業が存在するわけです。それゆえ、例えクールビズの恰好ではネクタイは必ず着用していった方が安全であるということをわかっておいてください。
  • 失業者に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になります・・

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、ずっと給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間によって異なり、90日とか120日とか設定されるのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると勘違いして「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急に仕事を見つけようとしても条件のよい仕事を探すのは難しいです。転職先の面接官もアホウではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」位はそこそこ察しがつくでしょう。もしかすると、面接担当者からその手の質問をされることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。
  • 退職|人生初の転職を行う際、忘れてはならないのはどうして今の仕事を辞めたい…

  • 初めて転職をするのであれば、注意すべきことはどうして今の仕事を去らなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきでしょう。その上で問題を改善できるであろう会社を選択していくのです。転職活動は、新卒時の就職活動とは違って、今の仕事を行いながら就職活動行わなくてはならないことから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。それゆえ理由が明確にされないまま転職しようとした場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという強い気持ちがなければ、転職活動をスタートするのは保留にしておいた方が良いです。
  • ちょっと前に転職をやっとしたばかりだというのに、わずかしかたっていない・・

  • ちょっと前に転職したというのに、わずかしかたっていないのに辞めてしまうという届を提出する人がけっこう多かったりします。何故かと考えてみると私見ですが新たな気持で素晴らしい環境を手に入れたものの、「自分自身の想像していた職場とかけ離れていた」「職場が受け入れられなかった」ということが理由で退職を決意することが多いようです。できればこういった転職における失敗をしないためには、やはり、前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。職場内の環境、業務におけるルール、昇給システム、などいろいろ調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 転職をする活動をしている最中は、ゼッタイにあなたの内心が…

  • 転職をする活動を成功させるには、最初に必ず自分の内心が静かであることをとても忘れないようにしたいものです。まだ会社を辞めないで転職をするための活動される場合は、それほどは気にしなくても良いですが、退職したら行う際は、かなり焦燥感が出てしまいがちです。その点を踏まえ、慎重に活動するように意識しましょう。今後、自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージなどをハッキリさせておきましょう。候補の職場と比較してみて、それらが合致してるか、徹底的に見極めることが重要なのです。時間を掛けて判断することで満足いく転職が実現します。
  • 近い将来、社会では今以上に思考を必要としない仕事は機械に入れ替わ…

  • 近い将来、労働力という観点において着々と簡単な労働は機械化が進歩していき結果、マンパワーはどう考えても減らされてしまいます。というのも、思考を必要としない仕事は人が作業するよりも機械でやったほうが比べられないほど強いからです。数を数えたり同じ作業をリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って不平不満を言わないし、疲れることがありません。また、不正行為をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。加えて、給与が発生しません。このように、人間を使う意味がまったくなさすぎます。機械化の流れは無理はありません。
  • 転職するときには、様々な方法で情報を集めるのが通常だと思います・・

  • 転職活動を開始するにあたって、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になりました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせとしてその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、ウソの書き込みなら、書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。でも、実際には『クロ』で「マズイと考えはやく炎上をしずめよう」と考えているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、その分入社後に厄介事が降りかかるおそれのあると判断して良いはずです。人もそうですが、善良な会社には煙なんて立ちません。
  • こういう転職というのは従兄からの話です。

  • この話は友人の話です。就職活動を始めて新卒の時になにがなんでも入りたかった目標であるA社で行われた最終面接で内定が得られず、それから先泣く泣く別の会社で働くことになりました。その後3年経った頃に派遣の求人サイトをチェックしていた時偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、気持ちを抑えることができずその時働いていた会社を即座に辞めて、A社での派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。必死のパッチで頑張ってそれから先計画通りにA社で正社員になり、現在ではやりがいを感じつつ楽しそうに働いています。