近頃、株・不動産投資をはじめとした不労所得や独立といった生き方も社会的に人気を集めています。

ここ最近は、株・不動産投資などの不労所得、もしくは起業といった生き方も増えています。

  • 昨今では、株・不動産投資などの不労所得で収入を得たり、個人経営 といった形で生きる方法も人気です。そのような世の中の変化もあり、「起業することは不安定であぶない」というわけではなくなってきているようです。高度経済成長時代に関しては、将来が不安定な株式投資、自営業といった稼ぎ方よりも会社勤めの方がはるかに安定性がありました。人のあるべき形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認知されてはいました。そういった時代は終わり、現代では「成熟期」と言われています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、社会においては人手が必要なくなると言われています。
  • 退職|20代の時点で転職を2回し、そして現在、資格取得のため、…

  • 私は20代の時点で転職を2回し、現在は資格を取得したいので「派遣社員」で働くことにしました。常勤の勤務を選択しなかったのでどうしても毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、仕事に活かしたかったという思いもあります。実際に、そういった人を見る度、非常に羨ましいと思ってしまいます。前までは、自分と比べてしまうことが劣等感を感じていましたが、しかし今は、結婚を契機に随分と生活環境もかなり変わり、前よりも明確にやりたいことを見つけたので自ずと生活が充実するようになりました。
  • 政治による影響がでつつある転職事情ですが、今の安倍内閣によって・・

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。今の安倍内閣によって、「アベノミクス」や三本の矢で新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策が日銀による「金融政策」と相まって、財界や企業間でも今までとは違う社会的な変化が具現化されてきています。そういった変化が加わったことで、企業サイドでも今度は労働人口減による「人材不足」がかなり深刻な社会問題となっています。ここ何年かの間で「外国人の労働者」の割合を高めていくであると現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで国内の雇用や転職状況にも、変化していくのは間違いありません。
  • 再就職先を探している間は、知らず知らずのうちに時間があるため、…

  • 転職するための期間中は、無意識のうちに時間に余裕がある分、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。が、そうした生活はキケンです。それは、気の緩んだ、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。時間がたてばたつほど、働く意欲が湧かず、お金が回らなくなって困ることにもなるでしょう。そうして、負のサイクルができてしまい、次の勤め先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先をハッキリ決められないのは、給料を一番に考えてしてしまうからです。給料を最優先に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職しようと思っていたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活を始める為にダラダラした生活は、意識して避けるようにしてください。
  • 一般的に見て大きな会社は「定期採用」がメインなので・・

  • ほとんどの場合大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望者には不向きです。それに、都心を離れるとその確率はたいへん小さくなります。とはいえ製造業に関連する企業においては、都市部でない地方の工業団地で工場展開している事もはずです。また、そういう地方の工場に的を絞れば、事業分野の拡大をする際に人員募集をする事がよくあります。この好機を利用するのがベストです。地方の工場を転職に考える場合、希望する会社についての予備知識をまえもって仕入れておきましょう。その会社のホームページをチェックし、人員募集の予定がないか暇があれば確認してみてください。
  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場にお…

  • 転職というものをする場合、その職場の給料について気にしすぎる人がそこそこいるようです。誰もが仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として得るために仕事を選択すると思います。だから年収がどれだけかは自分自身の仕事に対する評価という見方もできますから、とうぜん大切なことは当然なのですが、ですが、あまりに年収の額に執着しすぎる生き方というのも寂しいものです。年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性がゼロではないからです。
  • 長年にわたって接客業で勤めてきましたが、年をとったせい…

  • 長く接客関係で仕事を続けてきたのですが、年齢的に立ってする仕事は体力的にきついため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを志して動きました。事務の経験がないとなるとわりと厳しく、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も獲得して個人病院に転職することができました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係が大変。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業時代よりも家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、今はキャリアの形成時と考えて仕事に励みます。
  • 退職|転職の際に欠かせない採用面接での多数のひとが思い違いをしているので・・

  • 転職先での採用面接での多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫をかぶることは予想に反して採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接の際は「給与システム」などの、通常ならかなり質問しにくい内容を勇気を持って尋ねておいた方が、確実に自身のためにもなります。実際には「採用前の段階で、そういった内容を無神経に尋ねたら、最終的に不利になるのではないか」と不安が募るかもしれません。ですが、かえってマイナスの結果をもたらすことは結果的には可能性が高いのです。この手の労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。しかしながら、面接に応募した人たちの多くは、聞かないのも事実です。しかしながら、勇気を出し一歩踏み込めば「正直な人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。
  • 退職|クールビズ(軽装)の服装で転職の面接に行く際には、やっぱりジャケットまで…

  • クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接を受けに行く際には、ジャケットまでは着用しなくても良いと間違いなく分かります。ですが、ネクタイは着用したほうが間違いありません。ネクタイはなくても良いと考えている会社も存在するケースもなくはないですが、ネクタイに関してだけは例えクールビズであっても身だしなみとしてすべきだとしている会社がまあまああります。ですから、クールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイは着用していった方がベストだということは伝えておきます。
  • 失業者がもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが…

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、期間に制限があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、90日とか120日とか決められるのですがなんとこのような事実を理解していない人が少なくありません。期間の制限がないと勘違いしていつまでも遊んでいる人を見かけるが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急に就職先を探しても好条件のところを探すのは困難です。会社の面接官もバカでは無いので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった箇所は大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。運が悪ければ、面接の時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用されることはまずありません。
  • 最初に転職を行う場合、頭に入れておくべきなのは仕事を変える理・・

  • 初めて転職をするにあたって、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を去るのかを明確化しておくことだと考えられます。その理由の有無が転職の今後を決めるといっても過言ではありません。その後問題を解消できそうな企業を選んでいきましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事を勤めながら転職活動しなくてはならないことから、時間と体力が必要だといえます。だから理由を明確にせず転職活動を開始した場合、途中で行き詰まってしまう場合があります。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がないうちは、転職活動を始めるのは、やめておくのがいいでしょう。
  • 退職|この前、転職をやっとしたばかりであるにもかかわら・・

  • 2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、何ヶ月もたっていないのに退職してしまう人というのもけっこう少なくないのです。何故そうかと考えてみると新たな気持で新しい仕事環境を見つけたというのに、「自分自身の理想としていた職場とかなりギャップがあって幻滅した」「雰囲気が受け入れられなかった」と考えてしまって退職してしまうのだとか。このような、転職における失敗を繰り返さないために、初歩として、事前の情報集めを欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場独自のルール、給与体系、など事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 転職をするための活動を成功させるには、必ず自分の心のうち・・

  • 転職活動を効率的にやっていくには、とにかく自身の心が急がないということを忘れないようにしたいものです。まだ会社を辞めないで転職の活動される場合は、たいして気にする必要はありませんが、退職後にする場合にはかなり心のうちが焦燥感が出てしまいがちです。であるので、慎重に活動を続けましょう。将来、自分がやってみたいことや、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そして、実際の職場とのそれらが合致してるか、再度、冷静になって確かめてみましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 私たちの労働環境は、この先、シンプルな作業は機械で対処されるように…

  • 近い将来、段々と簡単な仕事は機械で済まされるようになり結果として、必要な人手はどうしても縮小していきます。単純労働に関しては人間が作業するよりも機械で作業するほうが圧倒的に強いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順を反復したりすることは機械には何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って言い訳もしないし、ペースが変わらないし、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できる強みもあります。さらには人と違って、給料を渡す必要もありません。こういったことから、労働力として人間を使う意味が到底なさすぎます。機械化が無理もありません。
  • 退職|転職時は、いろんな方法で情報を収集することが多いと思いますが、…

  • 転職活動を行うとき、色々情報収集されるとは思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に有益です。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせでそういった口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の視点から見ると、ウソの書き込みであれば書かれた会社側が何ら気にする必要もないはずです。でも、実態は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、なんとか火消ししたい」という話かもしれません。口コミサイトも炎上が原因でアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、それだけトラブルが発生する覚悟をする必要があるとみなしていいでしょう。そもそも、善良な会社にはトラブルは起こりません。
  • 退職|この話は知り合いの話です。学生時の就職活動でなにがなんでも勤めたかっ・・

  • こういう転職ができたという話は知り合いから聞いた話です。新卒で入社を強く望んでいた目標であるA社の最終面接で不採用になって、それから先やむを得ず別の会社につきました。2年経過した頃に派遣の求人サイトをチェックしていた際奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、どうにかしたくなりその時の会社を即座に退職し、A社で派遣での勤務を開始、やったな、と思った行動です。一生懸命頑張ってその後なんとかA社で正社員として働くことができ、現在ではやりがいを感じつつ明るく勤務しています。