退職|「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される案件の数が多いため・・

転職サイトは大きなサイトの方が掲載数も豊富なので、入社したい2つか3つの会社を・・

  • 転職サイトは有名なサイトの方が掲載される転職情報が多いため、興味のある2つか3つの会社を、転職サイト登録しておき、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、加えて自動で案件の連絡が入るようにしておくと簡単に情報を集めることができます。だとしても、最初に限っては登録するのに本当に手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録初日は時間が多少掛かるため、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備をしっかり行うことを心がけましょう。

  • 再就職の面接に関してですが会社側からクールビズで良い・・

  • 転職の面接において会社側からクールビズで良いとと事前に連絡が来るケースもありますが、クールビズで面接に行くのは実際は悪い印象を与えるのでは?とマイナスに考える人もいます。そのような思いを懐に抱え込んでしまっている人たちに関しては、会社側からクールビズを指定された面接の際は伝えられた内容をそのまま実行したほうが大丈夫です。混乱して、汗をかく時期にクールビズではなくスーツを着込んでいくと面接担当者にに不自然に思われますから、クールビズでお越しくださいと伝えられたらクールビズで大丈夫なのです。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 転職先にて、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。ことさら、入社したはじめの年度は、ほとんどの場合「研修期間」を含んでいるというのがケースが少なくありません。自分のときは、なんとか新しい職を見つけることができたのに、悲しいことに前いた会社での年間報酬と見たところ同額ということがありました。そればかりか、仕事内容はとてもキツく、とても責任を伴い初年度をクリアするのにかなり苦労しました。そういった経験から、転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、状況が許す限りやれるだけ転職以前から貯蓄しておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 私が仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのです…

  • 自分が転職を考えていた時期に何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルも多種多様でたいていの場合、物足らないと感じるアドバイザーばかりでした。私にとってはかなり重要なことなのにもっと心して向かい合ってほしいという感情が募り、それが引き金となって自分自身がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。資格取得のためにはお金もかかりましたし勉強の面に関しても大変なわけですが、お仕事を探している人から信用される人になるべく努力しています。

  • 退職|転職先での会社見学に参加するとたいへん勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社での見学に参加すると非常に勉強になります。そういった会社のなかでも、技術を必要とされる業種なら、職人技を間近で見られて楽しみです。そのような「職人」がいる会社見学は、例外なく見学者には、日常の仕事現場を見せてくれることは少ないです。典型的なのは、ブルーワーカーなどの業種です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に仕事を始めてみるまでは、本当の働き方が出ません。ですから、会社見学で見たものをすべてだと決めつけないことが大切です。また、会社見学時に仕事体験ができる会社はかなり問題がありますから良い会社とは言えません。入社していない人間には、仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障など一切ありません。万が一、勧められても丁重に断るのが無難です。

  • 退職|先週転職のために人材バンクに登録に出向きました。

  • 新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に行きました。そのとき登録時のカウンセリングに出てきた担当の方がどうも新入社員のようで、私が説明していることの半分も彼は理解ができていない模様。にもかかわらず「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「きちんと強みと弱みを知っておくことが大事です」等、一人前の話を横柄にのたまうのでとっても不愉快でした。カウンセリングをする人はある程度能力のある社員に、してほしいと感じます。

  • 転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問として、「今の会社の退職」があげられると思います。転職先の企業を決めたとしても、現在、所属している企業があなたを引き留めるというのも起こりがちなことです。そのようなケースでは、負けることなく退職する、という強固な気持ちをもつことが大切でしょう。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくっておきましょう。そのあとで、決定権のある上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、堂々と伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動において大切なポイントになってきます。

  • 就職活動において、年収は大変大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接の際、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。実際の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を正直に申告し、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげると、年収400万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば通常あり得ません。今、430万円の年収であるのなら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされることもあるので、注意しましょう

  • 転職する場合、派遣社員」で考えている人に覚えていただきた・・

  • 転職の際、「派遣社員」を選択しようと考えている人に覚えていただきたい箇所があります。まず派遣というと、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をのような業務内容をなんとなく連想する人が多々ありますよね。はじめは私自身もかつてはそう思っていました。現在勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「担当業務は電話対応になります」と入社前に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、いざ仕事に就くと、「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、要求されました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とはかなり違っていたので非常に困っています。とりあえず、ひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 退職|仕事によって心的にとても苦しくなってしまい、転職しなくてはいけない状況に至ったなら・・

  • 仕事のせいで心的にまいってしまい転職せざるを得ない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、身内と話し合い、退職するかどうかの判断をした方が良いです。働くことは当事者であるあなたですが、家族の問題でもあります。毎月、どれだけ高給をもらっていたとしても、精神的ダメージを負うほど仕事をするのは好ましいわけがありません。今の時代は、経済的に豊かなことよりも、働きやすさを優先する生き方も徐々に増加傾向にあります。あなたの家族とともに、あなたの心も大切にしましょう。

  • 最近の会社や企業の労働背景の激しい変移をにおいて、全世代の中…

  • ここ数年の労働環境の目まぐるしい変移をについて、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど敏感に感じ取っているようです。大方、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。就業者といった人たちの労働市場の「流動化」が年々大きくなっているので、さらに今後、益々若年層以外の層にも転職の関心度が増加すると思われます。このような状況下の中、転身することはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」機能していた頃は、転職者はそれだけで若干ネガティブなイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんありました。社会が変化し現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も特に無いように思います。

  • 看護師でありながらそれ以外の仕事に転職する原因はその人によって違うはずです。

  • 看護師という職の人のそれと違う職業に「転職しよう」と思う理由はその人によりけりです。ちょっとみると看護師の転職するには「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してから家事のことがいろいろとあって出産それから子育てそれから家族の介護など、仕事環境の種々の変化など、今までのような仕事が難しくなってしまった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満がある」というような問題が抱えているのかもしれません。しかしながら、実際に転職される前に「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、改めてじっくりと再度、現状認識をしてみることも忘れずにやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみて、決断してみましょう。

  • 転職期間のあいだは、趣味に打ち込むほか、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると…

  • 転職先を探している期間は、「趣味」に没頭することに加え、体力の向上を意識しておくと良いと思います。会社が決まり、いざ仕事復帰した際に、趣味に興じていたことによって無意識の間に集中しやすい体質になっています。そしてまた、体力づくりも同時にできているため、他の社員さんたちに比べるとスタミナがあると認識します。ということで、休職中は自分の好きなことに打ち込むことと、体力アップを図ることをするのが何より良い事なのです。将来、その職場のなかで同様の趣味の人と知り合えたなら、会話も弾みます。ですから、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 今と違った企業の社員になりたいと転職希望者の人というのは・・

  • 今と違った会社がいいと転職活動をしている場合、「ほんの少しでもはやく、内定(採用通知)をもらいたい」といった気持ちが強くなってきます。でも、通知が欲しいあまり、自分自身の能力に関して嘘をついたり、あるいはその反対に自分を能力を安く見積もった言動は出来るだけ避けましょう。大事なのは焦る感情にぐっと抑えて、落ちついて自分に最適の職場を見つけることにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経験が活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を選択してみましょう。

  • 求人関連の情報では、大部分の場合はまともな会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。

  • 求人関連の情報では、たいていの会社では月の収入が記載されているはずです。この月収の項目については、注意深く確認する事が必要です。その数字だけ見て判断しないほうが良いです。というのはひょっとすると、月収の金額の中に「毎月30時間分の残業」が含まれているおそれもあります。残業代を含めて好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。このほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあります。そういうわけで、そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社ははじめから相手にしないほうが無難です。

  • 就業していた会社で感じの悪い上司に困惑してしまい、ついに…

  • 新卒で採用された会社で嫌な上司に嫌な気分にさせられ、我慢の限界を超えてその会社を退職し、同じフィールドの他社に移りました。そこでは上との関係も良好で働くことができきわめて満足のいく日々でしたが、月日の経過とともに会社の業績が悪くなり、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。そして経営統合したのはなんと前いた会社で、おまけに大変嫌いだった上司が再び私の上司になることに。いったいこれはどれだけ縁があるのでしょうか。当然ながら新たな転職活動を始めています。