退職|かつては求人誌では、募集要項の中に「性別」が、ハッキリと記載されていました。

昔の求人情報では、募集要項の中に「性別」について、当然のように書かれていました。

  • 前の求人誌に「性別」が当然のように記載されていました。ですが現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、男女差別が雇用の際にしてはならないルールができて、求人情報の概要に男女の性別を記載しないようになりました。そういった時代になったのですが、求人募集をしている会社は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。現実問題として、男性が必要としている業種に、女性が募集にやってきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。例として、「女性が活躍している職場です」といった内容なら、会社側が「女性」を必要としている、と捉えておく良いです。
  • 転職時、かなり重視されるのが「面接」です。

  • 再就職において、重視されるのがまぎれもなく「面接」である。一般的な面接では、面接官が応募してきた人に対し、転職の動機や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、面白いことに面接の終わり頃になりますと、次は、面接希望者側からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。担当者から、「我が社について何か疑問点はありますか?」と。こういったときは、気持ちの準備ができず、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。こんな時の為に、面接の前に面接官からの質問に際し、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 女性の再就職において、数年前とここ最近とでは少なからず、違いがあるようです。

  • 女性の転職に際して、ここ最近と数年前では多少の変化が見受けられます。かつては、結婚観や結婚後の仕事についてごく一般的なこととして質問されることが多々ありました。しかし、近年では、そういったデリケートな内容は「セクハラ」と捉えられ、質問しない会社が増えています。そして、特に大企業ほど、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。ただし、企業側としては、〇か×かの2択ではなく、その女性が「結婚後も働きたいのか」出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思っているものです。自分自身の人生設計を理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに話すことで相手側の疑問も解消できると考えます。ですので、聞かれていない内容でも、先にあなたの側から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくとよいでしょう。
  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。しかしながら、忙しく仕事を続けながら求人をチェックして応募したり、面接に挑む、というのはハードといえるでしょう。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司に隠す必要があります。軽い気持ちで応募する、という人がいますが、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにしても自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行くつもりのない企業は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておく必要があります。
  • 派遣社員であっても、1年ごとに好きなタイミングで退職できるわけではないと…

  • 派遣社員だからといって自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと実際に転職活動を経験して思い知らされました。結婚した後、生活が落ちついたら、早く子供がほしかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、1年半~2年くらい今の職場でそのまま仕事したかったので就職しました。派遣社員としてだったので、月収は少なかったですが、家庭の時間が得られるのでガマンしました。ところが、入社したあと、一緒に働く人たちの大多数が10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。結論として派遣社員であっても契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。
  • 今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、…

  • 今から転職活動をする人のなかで、次の仕事をはじめるまでに期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては今働いている会社側が雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、場合よっては会社都合での退職や、残業時間によっては、ただちにもらえる場合もあります。ちなみに、支給される「失業手当」の額は、辞めた月の近々の給料をもとに計算されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 転職の面接などの場面で担当者が名刺を渡してきた場合・・

  • 転職の面接などの場面で担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも同様に名刺を渡した方が良いのかどうかと悩んだときは、大方は差し出す必要はないと知っておくと良いですね。転職のための面接というのは仕事の延長ではなく、仕事を得るための採用活動の一環なので、大体の場合は名刺を交換する時ではないのです。さらに、会社の人としてその場にいるのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。それゆえに、もし相手から名刺を差し出されても、あなたは、ただもらうだけでよくて、相手側に渡す義務はまったくないと思われます。
  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。ウェブサイトを見ていてなにげなくよさそうな仕事を見つけて聞いてみると「その仕事はすでに別の方の採用が内定しています」とお断りされてしまい瞬間的にサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか翌日にはもう一度載っています。これは結局私ではダメっていう意味ですよね。それならカドが立たない程度にはっきりと伝えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。そうでなければ客寄せのための偽りの仕事なのでしょうか?
  • 退職|転職して仕事先を一新するということは、自分に合う再就・・

  • 転職することで職場を新しく換えるということは、自身に見合った新たな就職先に転職したいものです。職種を変えることで、あなたにうってつけの仕事に就くことができるかもしれません。しかし、メリットだけがあるわけでななく、即戦力となりうるスキルがないと、転職自体が難しいです。言い方をかえると、あなたの技量次第で「天職」に出会える可能性がある、ということです。今は、職業選択の自由が普通に常識として認知されているので、転職を選択しても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある今は、「価値ある人材が欲しい」と思っている企業もだんだん多くなっているので、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。
  • 経験のない分野などに職を変えようとするときには、前の業界で、自…

  • これまで経験したことがない業界などに転業したいときには、自分の以前の仕事で身に付けたスキルやこれまでやってきたことを生かすことができるといった内容の自己アピールが必要です。その分野で経験をしたことがないという人はその分だけその分野を経験している人よりも実際のところ、損にはなりますが、自らの持っている能力がその業界においても発揮できるということを伝えることができれば、勝負になることも考えられます。以上のことを踏まえ経験のないジャンルにチャレンジする場合は、その業種と今まで自分が経験してきた仕事とのつながりをできる限り見付けましょう。
  • 転職を予定しているのなら現在働いている会社を辞める・・

  • 転職に先立ち今働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もし自分の都合により退職届を書いて退社する、いわゆる「依願退職」の際にはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月待たないといけないのです。よく勘違いして会社を辞めた翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。実際にこの間違いを犯した人が、手続きに不手際があると勘違いしてそれが原因となりハローワークの職員さんとトラブルを起こしているのを見たことがあります。念のため、労働者側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定を受けたのちすぐさま失業保険が給付になります。
  • 転職は、最初の第一歩は企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」と…

  • 転職活動で大事なことは企業とのやりとりよりも人事や採用担当の面接係員とのやり取りが大事といってもいいでしょう。其のためには、ゼッタイに面接だからといって焦らずに対応しましょう。例えれば「お見合いする」と捉えておく望むと良いと思います。更に大事なことは面接係員はまずはあなたの人柄や人間性を評価してもらうので悪い印象を与える態度は注意し避けましょう。なおかつ良識ある社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に良い印象を残せれば、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 安定した暮らしを送ろうと正規社員になりたいと思っている人…

  • 安定した人生を手に入れるべく正規の雇用社員になりたいと思っている人はかなりいらっしゃるはずです。けれど、頑張っていても、正社員として雇い入れてもらうことがうまくいかない可能性もあります。契約社員の求人募集があっても、正規雇用の求人募集に固執し、時間だけが過ぎていく、といった人が最近は多いようです。もしも、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、派遣社員の求人募集もチェックしてみましょう。正社員を募集していない企業であっても、会社に貢献する度合いが高ければ、数年で正規雇用への転身を図れるようにしている所があるからです。ですから採用面接時に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかを質問しても将来設計も組みやすくなります。
  • これまで私は、転職サイトを利用するよりも、私はハローワーク派でした。

  • これまでの私は、職探しは「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」に通っていました。というのも大抵の転職サイトは、いつも都心の求人情報しかないからです。そのために、求人を探す際は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、掲載されている企業や給料といった条件は見劣りしますが、昔から地域密着という点では安心して面接に進むことができます。「ハローワークはなんか地味だなぁ」と誤解している人が多いかもしれません。思いのほか、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、転職するべきか検討中の方は、お近くのハローワークに足を運んでみてください。転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話やメールが繰り返し来ることもありません。
  • 再就職しようとする時に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書においてですが・・

  • 転職をする時に準備しないといけない履歴書などについてですが、大方はパソコンを用いて作るのが一般的となっています。現在の日本社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなくペンを使って作成するというのが普通だと捉えられていることもよくありますが、それは新卒時の就職活動やアルバイトやパートについてであって、実際のところ、転職の時は履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とまで言い切ることはできません。自筆の履歴書や職務経歴書の方を良しとするケースもあるようですが、違う会社がずっと増加してきますから、パソコンで作成した履歴書や職務経歴書でも大丈夫なケースは意外にもたくさんあるのです。
  • 職を変える時に必要なスーツのカラーにおいては、新卒の方が就活の・・

  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色においては、新卒の学生が就職活動の時に準じたカラーが基本的です。ということは、黒や紺色といったダークな色味になるわけです。再就職であっても、ビジネススーツのカラーはこういう暗めの色が大方を占めそうでないカラーの人はほとんどいません。強いて言えば、たまにグレー系を着ている方がわずかにいるほどで、全体的には紺色や黒色が多いのです。ですから、人事から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が当たり前であるかのように感じます。ですから、第一印象という観点ではぜひともそのようにしてくださいね。