退職|クールビズをして再就職の面接に行くときには、さすがにジャケッ・・

クールビズ(軽装)をして転職の面接に臨む際には、ジャケットに関しては…

クールビズの格好で再就職の面接を受けに行くときには、さすがにジャケットは着なくても良いとはっきりと言い切ることができるわけですが、ネクタイはつけて行った方が良い印象を与えてくれるのでお勧めです。タイに関してもなくてもOKだと考えている会社もあることはあると思います。ですが、ネクタイについては例えクールビズが推奨されていても身だしなみとしてするべきだとする会社が一定数あります。ですので、クールビズの恰好ではネクタイに関しては必ず着用いく方が安全だということは伝えておきます。

失業したときにもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、…

失業した際に給付される失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、なんと知らないで失業を続ける限りもらえると勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから慌てて転職活動をしても条件のよいところを見つけるのは難しいです。面接に応じる担当者も無能ではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容はだいたいバレると思っておくべきです。ときには、面接時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、9割がた採用されません。

退職|人生初の転職を試みる際は、頭に入れておかなければいけない…

初めて転職を行う場合、頭に入れておかなければいけないのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかを明確にしておくことです。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。現在の問題を解消できそうな会社を選んでいきましょう。既卒者の転職活動は、学生時の就職活動とは違って、現在の仕事と並行して就職活動しなくてはならないため、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。ゆえに明確な理由がないまま転職活動をすれば、途中で挫折してしまうおそれがあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいといった強い意志がない場合は、転職活動にゴーサインを出すことはあきらめましょう。

3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、わずかしかたっていない・・

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、入ってすぐに退職してしまう人というのも意外にも多かったりします。何故かと考えてみると私の考えをいうと新たな気持で自分自身に合った会社で勤務を始めてみたものの、「自分の考えていた仕事とかなり違っていた」「会社のルールに慣れなかった」という理由で別の仕事を探すみたいです。こういった転職における失敗を繰り返さないために、やはり、前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、通勤に掛かる時間、などいろいろチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

転職活動を行う際は、まずとにかく内心が落ち着いてい…

転職をする活動をしているときは、最初にゼッタイに内心がスッキリしているということを忘れてはなりません。まだ会社を辞めないで転職をする活動される場合は、それほどには気にする必要はありませんが、退職後にする場合だったら、かなり心のうちが焦燥感が出てしまいがちです。なので、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、理想と思える職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか、徹底的に考えてみてください。時間を掛けて判断することで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

私たちの社会的環境において、この先みるみるうちに簡単な作・・

今後みるみるうちに考えなくてもできる作業は機械化によってその変化によって人手はどうしても減少していきます。なぜなら単純労働に関しては人以上に機械で進めたほうが数段に能力が高いからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動作をずっと反復したりすることは機械では当然問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言は言わないし、疲れもしない、誤魔化すこともないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、加えて、「人件費」が発生しないのも違いですね。こういったことから、労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械化が無理はありません。

転職をするにあたっては、あれこれ情報収集されるとは思いますが・・

転職活動を行うとき、いろんな手段で情報を収集することが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に役に立ちます。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、別の視点から見ると、口コミの内容が嘘であれば、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。あるいは、実態は『クロ』で「これではいけないと思い、急いで火消しをしよう」と思っているのかもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなるとみなしていいでしょう。というか、良い会社には煙は立ちませんから。

こうした話は知り合いから聞いた話です。

この話は知り合いの話です。就職活動を始めて在学中の就職活動でなにがなんでも勤めたかった憧れの対象であるA社で行われた最終の面接で不採用となって後にやむを得ず他の会社で働くことになりました。そのあと3年経ったぐらいに派遣の求人サイトをチェックしていた時たまたまA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなってその時働いていた会社を直ちに退職し、A社に入って、派遣の業務を始めて、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってのちに憧れのA社で正社員として働くことができ、今となってはやりがいを持って楽しく勤めています。

転職時の面接の際に面接担当者から「転職の理由は何ですか?」…

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。面接官から「転職の理由は何ですか?」といった形で、ほぼ質問されます。このとき、どんな訳があっても、「人間関係」「労働環境」が良くなかった返しは、できれば控えましょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用される可能性を棒に振ってしまいかねません。ですから面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることがとても重要で、まずは「新しい職場においては、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、といった売り込みの形が良い成果につながります。

再就職先でそれまでに培ってきた能力を存分に発揮できれば…

新たな職場にて今までに培ってきた能力を活用できれば、即戦力として認められ、早々に仕事場にも馴染めるはずです。いい人を求人している雇用先も大いに助かると言うものです。タイミングさえうまくいけば、わけなく採用されるでしょう。加えてこれまでの業務内容と同じ仕事内容なら可能性は十分にあります。ですが、ある程度のスキルがあるといっても大手企業の事務系、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの世でも中々の競争率になることを肝に銘じておきましょう。

ある会社に派遣されて働いています。

派遣社員として勤務しています。派遣法や労働契約法のせいで不本意にも長く働いた派遣先の会社での仕事を辞めることになります。同じ派遣である方の中には、派遣の就業先で正規社員のポジションを獲得した人もいるのですが採用された理由としては正直なところ仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのご機嫌取りが上手でそれが採用の決め手となった感じ。仕事を遂行する能力よりもおじさん転がしのスキルの方が必要なのだろうと抜擢されなかった他の派遣の仲間と職場で愚痴を言ってます。

退職|就労であるのなら、できるだけ周りの人に悟られないよう…

在職中はできるだけ周囲にバレないように(ちなみに私のときは)前職中に転身する気持ちだけをはじめのうちに社内の人間に話したことがあります。ところが、それから、転職サイトを散々探してみたのですが、結局は就職先も仕事を変えるタイミングさえも計画も立てずに進めていたので、ズルズルと時間だけが過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方で、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。

転職を行う際、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

転職活動をするとき、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用することもあるでしょうが、そのエージェントに登録したことの結果として転職先が決まった場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。あくまでハローワークに届け出を出さないと失業保険は給付されないので後々、後悔しないようにしたいものです。他方、「ハローワーク」を経由して斡旋された会社に就業した場合は、就業用の準備金として一時金が支払われます。ウェブ上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。これを頭に入れておかなければ、失業中にお金が手に入らなくなるため、そうならないように注意しましょう。

退職|転職活動をスタートする際、今の会社を辞めてからと考える人もいるようですが…

転職をしようとするときに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてから転職しようと考える人もいますが、そうであるなら会社がいつボーナスを出すかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業はそこら中に存在しますがボーナスが支給されるなら、ボーナスが出る日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスが支給された後で辞める意向を伝えるというのも良い手です。ボーナスは月々の給与と比べて多くもらえるはずなので、手に入れておいた方がいいとも明らかなわけですから、会社を辞めるときにはボーナスが支給される時期についてまず第一に確かめておくと堅実です。

近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりし…

現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件についての取り締まりが強化されたり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、損をするシステムができてきましたが、完璧とは言い難いです。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。はじめに、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらの項目ひとつひとつについてあれこれ質問してみましょう。相手がブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場ではちょっと答えられない」といったはぐらかしをしてくるはずです。「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳しく聞いていくと、渋い顔をするケースが多いです。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、変だと思ったら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

古来より日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが…

昔から日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、現在、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、身近なものとして捉えている人も多いはずです。そうではあるものの、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職するつもりなら、タイミングというのも有るでしょう。とりあえず、今やっている職場、仕事、会社に対して不満を感じる点を少なくとも5、できれば10個ほど、メモしてみてください。そうすることで、再就職がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、早めに今より良い仕事ができるように頑張っていきましょう。