退職|クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接にチャレンジするときには・・

クールビズ(軽装)で転職の面接にチャレンジする場合・・

クールビズ(軽装)スタイルで転職の面接に行く場合、ジャケットにおいてはやはり着ていかなくて良いとはっきりとしていますが、ネクタイにおいては着用していったほうが好印象です。タイもジャケットと一緒でなくてもOKだと認めている企業もあるケースもあります。ですが、ことネクタイだけはクールビズであってもするべきだと考える企業が存在するわけです。そのような訳で、クールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が悪い印象を与えないということはわかっておいてください。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となりますが…

失業時に受け取れる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて違い、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り焦りつつ転職活動を始めても好条件の仕事を見つけるのは困難です。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかに関してはだいたいバレると思っておくべきです。相手によっては、面接官から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

人生初の転職を試みる際は、注意しなければいけないのは…

生まれてはじめて転職をする際、注意しなければいけないのは「現在の仕事を辞めたい理由」をクリアにしておくことだといえます。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。そして問題改善が見込める会社を選びましょう。社会人の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して就職活動しなくてはならないことから、時間・体力に余裕がないと難航します。それがために理由が明確にされないまま転職活動をすれば、目標の途中で息切れしてしまいます。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがない場合は転職活動を開始するのはやめましょう。

退職|この前、転職をやっとしたばかりだというのに、慣れもしないあい・・

このあいだ転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないのに辞めてしまうケースがなんとなくよく見受けられます。何故そうなるのかと考えてみると私の思うところは気持ちも新たに、転職先の職場を手に入れたはずなのに「想像していたものとけっこうギャップがあって幻滅した」「納得行かない慣習があってウンザリしている」ということがワケで去っていくみたいです。可能ならばこのような失敗を避けるためにはとにかく転職先の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、などいろいろ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

退職|転職のための活動中はとにかく、最初に何よりも自分の…

転職活動をしているときは、常に自分の内心が静かであるということを大切にしましょう。まだ会社の仕事を辞めないで転職活動をする場合はあんまり気にする必要はありませんが、退職したら行うのだったら、どうしても心が焦燥感が出るものです。そのため、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、思い描く理想の職場などをハッキリさせておきましょう。そして、実際の職場におけるそれらが合致しているか、徹底的に確かめてみましょう。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。

これから、労働力という観点において今以上にシンプルな仕事・・

将来的に、私たちの社会的環境においてどんどん思考を必要としない仕事は機械に変換されてその移り変わりによってそういう仕事をする労働人口は縮小させられてしまいます。なぜなら簡単な作業は人より機械で作業するほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動作を反復したりすることは機械には何の苦もないのです。もちろん人と違って不満を言わないし、疲れないし、不正行為をすることもないし、何より正確ですし、均一化できるメリットもあります。そして、人と違って賃金が発生しないのも違いですね。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械化されるのは自然の流れなのです。

転職を行う場合、いろんな経路で情報を収集する人が大半だと思いますが・・

転職する場合、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職系の口コミサイトはとても有益です。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせでそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、解釈を変えると、ウソばかりの投稿であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。とはいっても、真実はクロで「このままではマズイと考え、火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、それだけ、入社してから不利益になる可能性も高いと判断して良いはずです。というか、善良な会社だったら煙も立ちません。

このような話は従兄から聞いた話です。

この話は友人からの話です。就職活動を始めて新卒採用で絶対に入社したかった目標であるA社で行われた最終の面接で不採用となってその後別の会社に就職しました。そのあと数年過ぎた後派遣の求人サイトをチェックしていた際偶然にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、我慢することができず当時働いていた会社を即座に辞めて、A社で派遣の仕事を始めて、懸命に頑張ってのちにどうにかA社で正社員登用され、今では仕事に誇りを持ちながら楽しく勤めています。

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

転職時の面接では面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、必ずと言っていいほど質問されます。その際、どんなに正論だと思っても、「人づきあい」「労働環境」に関しての愚痴を絡めた返事などは、なるべく控えたほうがいいでしょう。もしも、こういった話をしてしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを無駄にしてしまうことになります。そのため面接では「前向き」な人柄をアピールするのがとても大切で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といった売り込みの形が好印象となります。

退職|新たな勤め先で今までに培われてきた資格やキャリアを活かせられれば・・

新しい職場で、これまでに培われてきた資格やキャリアを発揮できれば、即戦力と周囲から見られてじきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている会社としても、そのような即戦力は常に必要なので、時期さえうまくいけば、すんなりと採用されるでしょう。加えてこれまでの働いていた職場と近い内容であれば、可能性はおおいにあります。かと言って、即戦力になる自信があなたにあったとしても、大手企業の事務仕事や、公務員系の募集は、時代に関係に左右されることなく相当な競争率を突破する必要があります。

退職|派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関連・・

派遣で働いています。派遣法とか労働契約法のからみでやむを得ず、長期間務めていた会社での仕事を終了しなければなりません。派遣仲間の中には、派遣先の企業で直接雇用の条件を得た方もいるのですが選ばれた理由としては正直なところ仕事の実力というよりは派遣先上司へのあしらい方がうまい人でそれで採用された模様。テクニカルスキルよりも上司正社員を転がす能力の方が大切なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間の友人と派遣先の会社で文句を言う毎日です。

雇用期間にあるときは、極力周囲にバレないように(ちなみに私自身のとき…

雇用中には、出来るだけ気づかれないように、(自身の転職活動では)就労期間中に転身する意思表示のみを早いうちに周りの人間に話したことがあります。とはいえ、その顎、転職情報を散々見て回ったものの、就職先も転職時期さえも無鉄砲に決まらないまま、ズルズルと時間がムダになるだけでした。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験し、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

転職活動をするとき、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

就職活動には、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使う手もありますが、あなたがその業者に登録し新しい会社で働くことになったとしても、「失業保険」は給付されません。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても失業保険をもらうことはできないので注意する必要があります。これと異なり、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就職した場合は、就職のための必要なものを揃えるための一時金が支給されます。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るだけであり、失業保険の手続きは取ってくれません。このようなことを知らなければ、失業中にお金がもらえない事態になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

転職活動を行うのに、まず今の会社を退社してからという人もいます…

仕事を変えようとするときに、とにかく会社を辞めた後でという考えを持っている人もいるようですが、先に辞職してから転職活動を開始しようと考えている人はボーナスの支給日について事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す企業は星の数ほどありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスの支給の時期まで長くないのなら、ボーナスが振り込まれた後で辞める意向を伝えるという方法も良い手です。ボーナスは月々の給与と比べてたくさん入るので、もらい損ねたら損ということもはっきりと言うことができますから、退職の際にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを一度確かめておくとスマートなやり方です。

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり・・

近時は、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、悪質な会社が公表されたりするなど、厳しく罰する傾向にありますが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。そのため、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについて聞いてみましょう。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、その場での回答を避けるなど逃げようとすることが多いです。給与や残業や休日に対しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せる場合が多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、入社を止めるのが無難でしょう。

昔から日本には”石の上にも3年”という諺もあります…

日本には古来より”石の上にも3年”というコトワザがありますが、ないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」を経験するのがとても身近なものになってきました。そうではあるものの、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職しようと考える場合、大切なのは適した時期を見逃さないということです。まず第一に、今やっている職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと感じいているポイントを、5~10個ほど、紙に書き出してみましょうそうしておくことで、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そしてあなたが、いつか決断した時には迅速に、今より良い仕事ができるように努力することも大切です。