退職|一般的に見て大きな会社の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、…

大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なの・・

  • 一般的観点からすると一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入る事は容易ではありません。そればかりか、都会以外だと転職のチャンスが少なくなります。しかし「製造業」関連の場合であれば、地方の工業団地等に製造の拠点としていることもとても多いです。そういう工場に的を絞れば、事業分野の拡大などの節目に中途採用する事が結構あります。このチャンスを捉えるのです。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する企業についての情報を事前に得ておきましょう。公式サイトに訪問し、スタッフの募集予定はないか、忘れずにチェックすると良いでしょう。
  • 転職というものについて考えた場合、その職場の給与ばかりに気を取られる・・

  • 転職というものをする場合、転職したあとの自身の給与を過剰に気にする人がとても多く見受けられます。大部分の人はですから生活費を給料としてもらうべく仕事をしているのでしょう。したがって年収がどれだけかは自身の評価という見方もできるから、当然大切なことは当然なのですが、でも、必要以上にもらっている年収額ばかりを執着しすぎるのも寂しい気がします。それより年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることが多々あるからです。
  • 長年にわたって接客業で働き続けてきましたが、歳をとるに・・

  • 長く接客関係で働いてきましたが、加齢が原因か立ち続けるお仕事は体力的につらいため、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを視野に入れて行動しました。事務未経験の場合なかなか厳しくて、接客の要素もある受付兼医療事務をしたいと資格も獲得して個人クリニックに転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても複雑。夜のシフトばっかりさせられ、接客業時代よりも家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、最初はキャリア形成の時だと受け入れて頑張ります。
  • 転職先での面接でよく思い違いがあるのですが露骨なまでの…

  • 転職時の面接でのよく思い違いがあるのですが採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりしていると、正直なところ逆効果です。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「給与」などの、普通はかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って率直に質問しておくと、結果的に自身のためになります。実際には「入社前の段階で質問をすることで面接結果に採用されないのではないか」と不安が募るかもしれません。けれども、意外とマイナスに作用することは最終的にはいい場合が多いようです。こういった「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、実際には、多くの人が知りたい内容なはずです。しかし、多数の人が気を遣い不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかしながら、勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」ということで思わせることができます。
  • 退職|クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接に臨む際には、…

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接場に出向く際には、さすがにジャケットまでは着ていかなくても安心であるとはっきりとわかるのです。ですが、ネクタイはしておいた方がイメージが悪くなりません。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認める企業もあるケースもあるにはありますが、ネクタイはクールビズだろうと身だしなみとしてするべきだと考えているところが一定数あります。それゆえに、クールビズの恰好でもネクタイだけは絶対に着用して面接した方が安全だということはわかっておいてください。
  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業中でなければもらえません・・

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付される期間について規定があります。離職時までに勤務していた期間に応じて変動し、3か月とか1年とかが決まるのだが、なんとこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いして仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急に仕事を探してもよい勤務先を見つけるのは困難でしょう。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった点はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。相手によっては、面接の時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。
  • 生まれてはじめて転職を行うにあたって、大切なのはなぜ今の仕事を辞めたい・・

  • 生まれてはじめて転職を行うにあたって、注意しなければいけないのは現在の仕事をやめたい理由を頭の中で整理しておくことです。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくのが賢明でしょう。その上で問題解決が見込める会社を選択してみてください。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を続けながら就職活動を続けなくてはならないため、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それがために明確な理由がないまま転職活動をした場合、目標の途中で息切れしてしまいます。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動のスタートを切ることはやめておいたた方がいいでしょう
  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず…

  • この前、転職をやっとしたばかりなのに、早期に辞めてしまう選択してしまう人がずいぶん多かったりします。私の思うところは新たな気持で転職先の仕事環境を見つけたというのに、「自分自身の期待していた仕事とだいぶ違っていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」といったことで退職してしまうのだとか。できればこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、はやり前もっての情報集めは欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。業務におけるルール、給与体系、などあれこれ調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 転職をする活動をしている最中は、最初にゼッタイに自分自身の…

  • 転職をする活動を成功させるには、とにかく自分の心のうちがスッキリしているということを忘れないようにしましょう。まだ辞めないで転職をする活動では、あまり気にする必要はありませんが、退職してしまってからする場合、どうしても心が焦りがちになってしまいます。であるので、冷静になりつつ、転職活動を続けるのを忘れてはなりません。自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが矛盾していないか、改めて冷静に見極めることが重要なのです。そうすることで、転職で良い結果を出しやすくなります。
  • この先、私たちの労働環境において、ぐんぐんとシンプルな仕事・・

  • 将来的に、社会では一段と単純作業は機械化が進んでいき、最終的には必要な稼働人口は少なからず縮小させられてしまいます。その理由は、考えなくてもできる労働は人よりも機械で進めたほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数を数えたり同一の動作を延々と繰り返すことは、機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って言い訳もしないし、疲れもしない、横着をすることもないし、正確に作業してくれますし、均一にこなせます。おまけに人と違って給料を渡す必要もありません。ですから、生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化の流れは自然の結果といえます。
  • 転職するときは、様々な手段で情報を収集することが多いと思います・・

  • 転職活動をするとき、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の報復としてその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、逆に言えば、口コミの内容が嘘であれば、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。あるいは、実際は『クロ』で「これではいけないと思い、火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが多いのは、その分入社後に厄介事が降りかかる可能性も高いと考えるべきでしょう。というか、善良な会社だったら煙など立たないものです。
  • 退職|こうした話は知り合いの話です。

  • こうした話は知り合いから聞いた話です。在学中の就職活動でどうしても勤務したかった目標のA社の入社試験で、最終面接までいきながら採用されず、その後不本意ながら他の会社につきました。1年経過したぐらいに派遣の求人サイトをチェックする中で偶然にもA社の紹介予定派遣の求人を見つけ、どうにかしたくなって当時の会社を即座に退職し、A社で派遣の仕事を始めて、真剣に頑張ってそれから後予定通りにA社で正社員登用され、現在では仕事のやりがいを持ちつついきいき仕事しています。
  • 転職時の面接で面接担当者から「転職理由は?」という風…

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。人事から「転職の理由は何ですか?」とかなりの高確率で聞かれます。この時、いくらあなたが正しくとも、前の仕事場での人間関係や働く環境についての愚痴やトラブルを絡めた答えは、可能な限りしないようにしましょう。なぜかというと、こういった話をしてしまうと、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを台無しにしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのが大事です。本当の理由でなくとも、「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような未来志向での返答が担当者には受けます。
  • 退職|転職先で今までに身に付けた実力を活かせられれば、即戦力と周囲から見ら…

  • 新しい職場で、それまでのスキル・キャリア生かせたとしたら、即戦力として高く評価されて、割と早く職場にも馴染めるはずです。同時に会社側もそのような能力がある人材は常に必要なので、タイミングさえうまくいけば、そんなに難易度は高くありません。更にこれまでの仕事と似た仕事内容なら可能性はおおいにあります。とはいえ、そこそこ実力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、時代背景に左右されることなく中々の競争率になることを覚悟しておいたほうが良いです。
  • 派遣として働いています。派遣法とかのからみで否応な…

  • 派遣社員として働いています。労働契約法が原因で否応なく、長期間勤務していた企業での仕事を辞めなければいけません。同じ派遣の方の中には、派遣の就業先で正規社員の地位をつかみ取った方もいるのですがぶっちゃけ仕事の能力というよりは派遣先上司の扱いが得意な方でそれが採用の決め手となった模様。仕事ができるかどうかよりも上司のおじさんを転がす能力の方が重要なのだろうと別の派遣のメンバーと職場でいつも不満をたれています。
  • 退職|在職期間にあるときは、出来るだけ周囲に気づかれないよう…

  • 在職中は極力会社内の人に悟られないよう、(ちなみに私自身のときは)就労期間中に転業の気持ちだけを早い時期に周りの人に言ってみたことがありました。しかしながら、その後求人誌を散々みていったのですが、悲しいことに働く先も転職するタイミングさえも無計画なまま進めていたので、ズルズルと時間を空費する結果に。その一方で、社内では業務の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職の日程などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経て次の就職先を見付ける活動をはじめました。