退職|今までは求人情報には、雇用主が必要とする「性別」につい・・

今までの求人情報に雇用主が必要とする「性別」について…

数年前の求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、当たり前のように記載されていました。ところが今では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用する際、男女の差別がしてはならないルールとなり、求人情報のなかに男女の性別を記載しないようになりました。そんな風に時代が変化したものの、募集情報を出す企業は、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。現実問題として、実は男性を希望の会社に女性が応募してきたり、女手が必要な案件に男性が応募してくる、といったトラブルも他人事ではありません。例として、「女性が活躍できる職場です」と記載があれば、求めているのは女性だと読むのが良いでしょう。

転職をする場合、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。

転職時、比較的重視されるのが「面接」になります。多くの場合面接の際は、面接官が応募者に対して転職するに至った理由や仕事の意気込みなどさまざまな内容を尋ねる形になります。そしてほぼ100%、面接が終盤を迎えるあたりで転職希望者から、面接担当の人へ逆質問に切り替わります。例えば、「弊社について何か質問はありますか?」と言ってくれるわけです。そういった質問をされたとき、対応できず、何も聞けずじまいになるかもしれません。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも面接を受ける前に面接担当者からの質問に対する、(あなたからの質問を)整理しておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみればいくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、やってみてください。

女性が再就職する場合、今と一昔前では多少、状況が変わりつつあります。

女性の転職に関しては、ここ最近とセクハラが問題視される前では多少の変化があるようです。過去には、結婚の予定や結婚後の予定など、ごく当たり前に女性たちへ質問していました。ところが、今現在はセクハラと会社側が捉え、聞くのを避ける企業が増えています。また、とりわけ大きな会社ほど、神経質になっているといいます。とはいえ実際、会社側は、はい・いいえ、だけでなく、その人の考え、結婚後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいとは思うはずです。あなたの将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと一緒に表現することで、相手方にもしっかり伝わると思うわけです。ですから、質問されていない箇所についても、あなたの側から率先して答えてみることを考えてみてください。

現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。とはいっても、仕事をしながら求人を探しながら応募したり、面接に臨むのは精神も肉体も非常につらいものがあります。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれたあと「辞退」した場合に、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はエージェントに対して印象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募した場合でも、応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにせよ自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と意識しておきましょう。

退職|派遣社員になっても1年ごとに好きな時にすぐ退職できるわけではないこ…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに好きなタイミングで辞められるわけではないと実際に転職したことで学びました。私は結婚生活が落ちついたら、すぐにでも子供が欲しかったので、子供ができる日がくるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在の会社で仕事したかったので就職しました。派遣社員であるために、正規よりも給料は少なめでしたが、仕方なく時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。でも、入社したあと、一緒に働く人たちのほとんどの人が派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣であったとしても、すぐに辞められる雰囲気などなく、これが今の悩みになっています。

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は…

これから転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これはあなたが勤めている所属する会社が「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、3か月の待機期間があるのですが、現在の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐもらえる場合があります。このときの、支給される「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の給料を基準にして失業手当の金額を計算されるので、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

転職の時の面接などの際に名刺を差し出された場合、こちらも名刺を相手…

転職での面接などの時に面接担当者が名刺を手渡してきたら、あなたも名刺を相手側に渡す必要があるのか?と悩んだ場合は、基本的には渡すことはないと考えておきましょう。転職のための面接とは仕事の一部ではなく、仕事を得るための就職活動の一部であるわけですから、一般的に考えて名刺をやりとりする時間とは異なります。さらに、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。それゆえ、もし相手側から名刺を差し出されても、こちら側はもらうだけで問題なくて、担当者に相手に渡すことは必ずしもないと思います。

今、私は派遣会社で働いています。

今、私は派遣会社に入っています。サイトを見ていてなんとなく気になる仕事を発見して応募しようとすると「その仕事はすでに他の人で話が進んでいます」と断られ瞬間的にサイト内から仕事の情報が見えなくなるのですが、次の日にはまた載っています。これは要するに私ではダメだっていう意味ですよね。そうであれば初めからカドが立たないくらいにはっきりと伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それともまたもしかすると偽のお仕事なのでしょうか?

再就職して勤め先を一新するということは、自分自身に適す…

転職して職場を新しく換えるということは、自身に合う自身が納得できる転職先を見つけたいものです。仕事を変えれば、適職に有りつけることも可能です。けれども、実際に行動するともなると、雇用側が必要とする能力を持っていないと、転職自体がままなりません。違う言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」に出会える、というだけの話です。昨今は、職業選択の自由が普通に常識として認められていて、天職の道を選んだとしても問題も生じないでしょう。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今は、「とにかく良い人材が欲しい」が願っている企業もどんどん増加していますので、このチャンスに乗じて転職されるのも良いかもしれません。

退職|全くの初挑戦となる分野などに転職したい時には、前の仕事で、自分…

今まで経験したことのない分野とかに転業するときには、前の仕事で、自分が育んできた腕前やこれまでの経験が生きるという自己アピールがいるようになります。勤務経験のない業界の場合、その分だけその業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、損にはなりますが、自らが保持しているスキルがその業種でも十分に発揮することができるということをしっかりと相手に伝えることができれば、戦うことができるケースもあります。したがって、未経験の業種にチャレンジするときには、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事とのつながりを必ず見つけ出しましょう。

転職する際、現在働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、…

転職のために今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、あなたの意志で退職届を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」であった場合は直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3か月の期間が必要なのです。よく勘違いして退社した日の翌日からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則を勘違いしてハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでその結果ハローワークの職員さんと揉めているのを見たことがある。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業が認定されればすぐに失業保険が給付されます。

退職|最短で転職したい場合は希望する企業相手というよりもどっちかというと「担当面接官」と…

転職活動を成功させたい場合、企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官との勝負と言ったほうが正しい気がします。しっかり採用してもらうために、初歩として面接だからといって焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。たとえばお見合いをする意識で望むと良いでしょう。更に大事なことは面接がはじまると先ず自分の人間性を判定されるので悪い評価になるような言動は注意しゼッタイに避けましょう。なおかつモラルある社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

安定した生活基盤を手に入れるべく正規の社員になろうとしている人は…

より安定した人生を欲しがって正規社員として働くことを意識している人が少なくない、というのが現状です。ところが、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、中々正社員として雇い入れてもらうことが叶えられないこともあります。準社員の求人はたくさんあるのに正規雇用の求人以外はそっちのけでエントリーしない人も多いでしょう。もしもあなたが、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業の一部は、その人の実力によって、2,3年で正社員への転身ができることもあるからです。ですから面接を受ける際に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかを聞いておけば後々の役に立ちます。

以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。

かつての私は、「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に相談していました。なぜなら、大きな「転職サイト」は、なぜか都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。なので、新しい職場を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域に寄り添った企業が多く、ピンポイントで見えるのはありがたいです。また、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と思われている方も多いかと思います。理想的な求人を発見できるかもしれないので、これから転職しようと思うのなら、ハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」みたいにたくさんのお知らせやメールの心配も無用です。

退職|再就職しようとする場合必ず必要となってくる履歴書などに関してですが・・

再就職しようとする際に必ず用意する履歴書に関してですが、ほとんどはパソコンを用いて作成するのが当たり前となっています。現代の日本においては履歴書はパソコンではなく自筆で用意するのが一般的だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトの時であって、実際のところ、転職の時は履歴書は必ずしも手書きでないといけないとはっきり言うことはできないのです。手書きをベストとするところもありますけど、そうじゃないところがずっと多くなってきていますから、パソコンで書かれた履歴書でも大丈夫な場合はいくつもあるのです。

退職|転職時の面接で着用するスーツの色味は、新卒の就活の・・

仕事の面接で必要なスーツの色については、新卒の方が就活の際にに準じた色が基本的です。ということは、黒や紺色の暗い感じの色味、ということになります。それが、転職の場面であっても、着用するビジネススーツの色味はこのようなダークカラーが多数派になっており、他の色を着用している方はほぼ見ることはありません。それ以外の色と言うと、まれにグレーの人がいるくらいです。一般的には黒系や紺系が多く、人事側からしても多数を占めるカラーを着用している人の方が普通のように感じます。ですから、見た目の印象という面ではおすすめしたいのです。