退職|今までは求人誌に雇用主が求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。

何年か前までの求人誌に募集条件の中に「性別」について・・

  • 何年か前までの求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」までもれなく明記されていました。ところが、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用時、男女差別があってはならないルールとなり、募集要項内に男女の性別を記載しないようになりました。そんな変化があるものの、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。実際に、実際は男手を欲しい案件に、募集に女性がやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、といったトラブルも他人事ではありません。もしも、「女性が活躍している仕事場です」と紹介されていたら、求めているのは女性だと認識しておくべきです。

    転職活動では、比較的重要となるのが「面接」になります。

  • 転職する際、比較的重要となるのが「面接」です。よくある面接の際は面接官が当人に対して転職に至った理由や退職理由などさまざまな内容を尋ねる形になります。そして必ず、面接を終えるあたりで今度は、転職希望者から、面接担当者へ不安・疑問に感じることを質問できるチャンスがやってきます。例えば、「何か我が社についての疑問に感じることはありませんか?」と聞いてくれるわけです。と聞かれた際に気持ちの準備もできていないし、アタフタしてしまう可能性があるかもしれません。こういった場面に備えて、面接の前には不安に感じていることや疑問などの(あなたからの質問を)準備しておくのもいいかもしれません。よく考えてみればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

    女性の転職については、セクハラが社会的に問題になる前と今…

  • 女性が再就職するに当たり、今日と数年前では若干の変化があります。前は会社側から結婚の予定や出産予定などのことに関して、ごく当たり前に質問されることが多々ありました。しかし、最近では、そのような内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない会社、が増加傾向にあります。そしてまた、世間に名の知れた大きな会社の場合は、全面的に避ける傾向にあります。でも実際、企業側は、〇か×ではなく、その人の考え結婚後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいと思っているものです。あなたの将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールとともに伝えることで、会社側の疑問も解消できると思うわけです。ですから、たとえ、質問されていない部分も、あなたの方から気を遣って話を進めていきましょう。

    転職活動を現職と同時進行させる人は少なくありません。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。とはいっても、忙しく仕事を行いながら求人情報を調べて応募したり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にも消耗が激しいといえます。転職活動をしているあいだ、今の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すれば今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、そうではなく自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と徹底しましょう。

    退職|派遣社員であっても、1年ごとに好きな時にすぐ退職できるわけではないこ・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたらすぐ退職できるというわけではないことを転職したことで感じました。私は新婚し、生活が落ちついたあとすぐにでも子供が欲しかったので、妊娠する時が来るまでのあいだ、1年半~2年だけ現在の部署でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、給料は少なかったですが、それでも時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。しかしながら、入社したあと、一緒に働く人たちの大多数が10年~15年くらい勤務しているというのです。意外にも派遣を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、悩みが増えました。

    退職|今から転職予定がある人で、次までの仕事にまだ期間がある方・・

  • 近いうちに転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。これは会社側がしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合での退職なら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、今の会社都合や残業時間によっては日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。このときの、受け取れる「失業手当」の金額については、辞めた月の直近の給料を軸に算出されるため、会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

    再就職の面接などの場面で面接担当者に名刺を手渡された・・

  • 転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を手渡されたら、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのか?と対応の仕方に迷ったときは、おおむね渡す必要のないもの、と知っておいてください。転職のための面接というのは仕事の一環ではなく、職を得るための就職活動の一環です。ですから大体の場合は名刺をやりとりする時間ではありません。合わせて、あなたは立場上会社の人としてではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。そういった訳で、相手側から名刺を差し出されても、あなたのほうは受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる必要はないと判断できるのです。

    派遣会社に登録しています。インターネットサイトで自分にぴったりの仕事…

  • このところ私は派遣の会社に登録しています。サイトを見ていてふと自分にぴったりの仕事を探して問い合わせをしてみると「そのお仕事はもう他の方で話が進んでいます」と断られて一瞬ウェブサイト上から仕事情報が閲覧不能になるのですが、翌日になると再びその求人募集が掲載されています。これって結局私だとダメだっていうことですよね。そういうことならば初めからプライドを傷つけない程度に正直に言ってくれれば助かるのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいは存在しない架空の仕事なのでしょうか?

    転職によって勤め先を新しく替えるということは、自身に見合っ…

  • 転職によって職場を一新するということは、自身に合う自身が納得できる転職先を見つけたいものです。自分にもってこいの仕事に、出会えるかもしれません。とはいうものの、実際に行動するともなると、即戦力となりうる能力を持っていないと、転職自体が難しいです。別の言い方をすると、あなた自身が価値ある人材であれば、天職に恵まれるチャンスも広がる、ということです。現在の社会では「職業選択の自由」が一般的に当たり前になっているので、転職を決断しても特に面倒なことはないでしょう。事実、終身雇用が崩壊に向かいつつある現代は「とにかく良い人材が欲しい」が願っている企業も増えているため、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

    全くの未経験の業界などに転職をしようとするときには・・

  • 全くの未経験である業界などに転職したいと考えている場合には、自分が以前の職で身についた腕前やこれまで経験したことが生かせるという自己アピールが必要です。そのジャンルで働いたことがない人は未経験の分その業種で勤務したことがある方よりも正直、損にはなりますが、自分自身が保持している能力がその業界でも十分に生かすことができるということを話せれば、戦うことができる場合も多くあります。ですから、未経験の業界に挑戦する際には、その業種とこれまでに自分がしてきた職務との関連を考えましょう。

    退職|転職を行うにあたって、今働いている会社を辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、…

  • 転職の際に現在働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、自己都合で退職届を提出して退職する、いわゆる自己都合退職のときは失業保険を即、受け取ることができません。手続きをしたのち、失業したことが認められてから3か月の期間が必要なのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則をわかっていない人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークの担当者とトラブルを起こしているのを見たことがあります。加えて、自分側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けたのち即座に失業保険をもらえます。

    最短で転職したい場合は企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」と…

  • 転職のための活動は企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。其のためには、はじめに肩の力を抜いて焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。たとえば女性とお見合いをする姿勢で望むと問題はありません。更に大事なことは面接に進むとまずはじめにあなたの人柄や人間性を評価してもらうので悪い評価になるような言動は気をつけて避けましょう。また社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に企業に適した人材と認識されれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

    安定を願い正規の雇用社員として働こうと考えている人は…

  • 安定した生活を送りたいと「正社員」として働くことを念頭に置いている人が少なくないでしょう。が、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、正社員としての転職が現実化しない可能性もあります。契約社員や派遣社員の求人情報があるのに正規雇用の求人に執着し、もやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。万一あなたが正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員に応募することも視野に入れてみてください。企業のなかには、その人の手腕によって、2,3年で正社員への転換を狙えることもあるんです。ですので面接の最後に「正社員登用」のチャンスの有無をヒアリングしておくと人生設計にも役立ちます。

    退職|以前は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

  • これまでは「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を優先していました。理由は、有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。であったため、求人を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域密着という点では安心して面接に進むことができます。また、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするとイメージしている方も多数いるかもしれません。思いのほか、良い求人情報も載ってたりもするので、これから転職を本気で検討しているのなら、ハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。人気の転職サイトのようなたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

    退職|再就職しようとする場合準備しないといけない履歴書などに関してですが、…

  • 再就職の際に絶対に用意する必要がある履歴書などについてですが、大体、自筆ではなく、パソコンを用いて作成するのが基本です。今の日本においては履歴書についてはペンを使って作るのが当然と思われることも多いですが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトやパートの時に準備する履歴書であって、実際には、転職については絶対にパソコンを使ってはいけないとは言えないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を評価する場合もあるようですが、違う場合がだんだん多くなってきているので、自筆の履歴書でなくてもよろしい場合は意外にもたくさんあるのです。

    転職の面接でいるビジネススーツの色は、新卒の就職活・・

  • 転職の時の面接でいるスーツの色に関しては、新卒の就活に着るカラーが一般的です。言い換えると、黒や紺といったようなダークなカラー、ということになります。それが、転職の場面においても、着ていくビジネススーツのカラーに関してはこういう暗めの落ち着いた色が圧倒的に多くて、黒や紺以外の色の人は少数です。あえて言えば、たまにグレーの人がいるくらいで、ほぼ黒や紺色のビジネススーツが圧倒的に多いのです。ですから、会社側から見ても黒や紺色であるほうが普通に見えます。ですから、身だしなみ、という面においては推奨したいわけです。