退職|仮にあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」といった形・・

転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、…

仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方に移住しつつ、再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。最近は求人情報サイトの地域指定をするだけで、郊外や地方の求人も容易にアクセスできます。ただし、地方や郊外での求人については、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのがデメリットといえます。といった性質上の問題があるので、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもまめにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートに関する情報もアンテナを張っておきましょう。

転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを用いて、転職活動を行う人はますます増えています。しかしながら、よりよい転職先を探すには、加えて転職フェアも積極的に活用しましょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。参加したのならあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それに加え、常駐するスタッフ(説明員など)から、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。仮に、転職フェアに行くときには、面接を受けにいくつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。運よくフェアの期間中に自分の魅力が企業に伝われば、それからあとの本格的な面接時に非常に有利となるからです。

退職|来週からでも転職を希望しているのなら、現在の仕事や…

そのうちでも転職をするに当たっては、直近の仕事・業務での不満に思う部分を明確化する事が良いです。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。不満な点があるからこそ、転職したい、と考えるのは分かります。が、「ちゃんと現在の職場・業務の問題なことを挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仮に転職した場合、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。なぜなら、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。

仮に転職を考えたとしても、万事首尾よくいくかどうかはわかりません。

転職するにも全てがうまく進行するというわけではありません。どうせするなら、どのみち転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちに出来るだけ早く行動しておくべきです。平均として見た場合、20代のうちは結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代になってしまうと転職の場合は、相当に厳しくなります。もしもあなたが、役職を担当している場合、転職したいと思い立っても、今の会社に籍を置くことも選択項目に含めておくべきです。ようするに、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社をやめないまま、慎重に探す方が失敗しなくて済みます。

転職サイトはよく知られたサイトであるほど豊富な数の企業が掲載されているため…

転職サイトは大手サイトの方が掲載される数も多くなるので、気に入った2~3社を、とりあえずはメンバー登録しておき、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、さらに条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと簡単に情報を集めることが可能です。最初に限っては登録するのに非常に労力を要するので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録を行う初回時、少し時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新着情報だけチェックすれば良いので、後のことを考えれば、最初の準備をきちんと行うことを心がけるのが得策です。

転職の面接においてクールビズ可とと言われる場合があります…

再就職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズ可とと連絡が来る場合もありますが、クールビズで面接を受けるのは失礼なのでは?と考える人がいます。そのような思いを心に抱いている人たちに言っておきたいことが、クールビズで来るように言われた面接なのであれば、伝達事項を素直に聞き入れたほうが良いです。迷ってしまい、真夏であるのも関わらずスーツをしっかりと着用すると不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズ可と記載されていたらクールビズで良いのです。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

転職を考えているのならいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社1年目の段階では、ほとんど「試用期間」を含んでいる場合が可能性は少なくありません。自分の転職して新たな仕事をした時は、四苦八苦して手にした仕事なのに、予想に反して前の会社での年間報酬とほぼ同額でした。そればかりでなく、業務は多様で忙しく、とても責任も重大だったために、1年目をクリアするのにものすごく苦労しました。そのような経験から初年度は、勉強する期間と割り切ってしまい、できる限り転職以前に貯金をして備えておくべき、と痛感します。

私が勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

自らが求職中のころかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質が様々あってそのほとんどが納得のいく対応をしてくれない人ばっかり。私にとっては、とても大切なことことだからもっと気持ちを込めて向かい合ってほしいという感情が高まってきてしまいました。それが契機となり自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るためには経済的な負担にもなりました。また資格取得のための勉強の面もかなり大変なわけですが、仕事を探している人たちから信用される人になるために頑張っています。

転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、すごく勉強になります。

転職したいと考えている会社で見学などがあれば、すごく勉強になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるので楽しみです。そのような「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、通常通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などのジャンルです。この分野では、癖の強い人が多いので実際に入社してからでないと、実際の姿はみえません。そのため、見学内容イコール仕事現場、と解釈しないことが無難です。それに加えて、見学の時に実際に仕事体験できる会社はキケンなので正直言って、言語道断といえます。雇用契約を結んでない人には仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障が一切無いので、万が一、勧められても丁寧に断りましょう。

退職|数日前転職先を見つけるために人材会社へと登録に向かいました。

3日ほど前仕事を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのとき登録カウンセリングを行うために現れた担当者が見た感じ仕事の経験が少ない社員のようで、私が説明していることの3分の1も理解ができていない様子です。それにもかかわらず「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくことが必要でしょう」等、ベテランのように偉そうに言うから大変嫌な気分になりました。カウンセリング担当者はいくらかカウンセリングの経験がある方にしてほしいものです。

転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、今勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動を行う上での最後の難関として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の企業を決めたとしても、現職の会社が退職を慰留するというのもありがちな話です。もしそうなってしまったら、絶対に退職する、という強固な気持ちを保つことが必要でしょう。たとえ会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を書いておきましょう。その後、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を考え直すことは絶対にありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動のひとつです。

退職|就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

就職活動において、カギになるのは年収です。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際の年収を偽って、多く申告し、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収を設定することです。年収400万の人が急に年収500万になるようなことは普通はありません。今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくのが正しいです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職しなければならないという事態になることを招きかねません。

転職で、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている…

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にチェックしていただきたい箇所があります。まず派遣に対して、お茶出し、その他雑用等をといったものをぼんやりとイメージする人がおそらく多々ありますよね。はじめは私自身もそう思ってました。今、働いている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「担当業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。ですが、実際に入社してみると、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を指示されました。特別な知識もなく、面接のときの説明とはかなり違っていたので毎日全くわからないような内容でしたので、今はただ「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

退職|仕事のために精神的に苦痛を感じてしまい、転職せざるを得ない状況になったのな・・

働いていることで回復が難しいほど心的に自分が苦しくなって転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そんな時は、相談するのは職場の人でなく身内などの近しい存在の人と相談し、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜかというと、仕事をするということは当事者である自分ですが、同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、どんなに高い給料を得られたとしても、精神的にボロボロになるほど我慢しながら無理して働くのは好ましいはずがありません。昨今は、金銭的なことよりも、仕事のしやすさを優先する生き方が尊重される社会です。あなたの家族とあなた自らの心も大切にしましょう。

このようにここ最近の雇用事情の激変ぶりについて、社会人の中・・

今現在の雇用形態の激しい変移をに関して、34歳ぐらいまでの若い世代は鋭敏に感じ取って、大方、「将来的なキャリアアップ」を視野にいれているのでしょう。こういった理由からサラリーマン・労働者などの「流動化」が顕著となっているので、輪をかけて今後、益々若い世代以外の層にも転職の注目が増加すると思われます。労働市場の「流動化」が進むことで一つの会社に縛られない生き方は誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が機能していた時代には、「転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、事実、転職するのが困難な時代でもあったのです。けれども、時流の変化とともに今の会社だけに執着する必要が減少しているように感じられます。

それと違う職業に転職する理由は一人ひとり違います。

他の仕事に「転職しよう」と思う原因はその人それぞれです。看護師からの転職には「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産、子育てそれに家族の介護など、種々の変化によって今までと同じような今の仕事を続けられなくなっている」「今の稼ぎに不満がある」といったような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。しかしながら、実際に転職される前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、改めて時間を掛けて現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切なことです。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考したうえで決断すれば間違いが減らせます。