退職|再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」におい・・

もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に…

  • あなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移住しつつ、転職したいと考える人が増加傾向にあります。最近は転職サイトをうまく活用すれば、国内のあらゆる場所の求人も簡単に得られますが、地方や郊外での求人の場合、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところといえます。したがって転職サイトを使用するのは当然ですが、求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートの関連情報も見逃しがないようにしましょう。

  • 退職|転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動する人は少なくありません。

  • 転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動することは今では当たり前のことです。でも、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、それと同時に転職フェアの利用がおすすめです。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加すれば多くの企業について知ることができ、それにとどまらず、その場で説明してくれるスタッフから、企業の個性を伺えるはずです。これから、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、これも面接のうちだと思ってしっかりと自分をアピールしましょう。それが功を奏してフェアの中で、企業側に必要な人材と思わせることができれば、後で採用面接でかなり有利なはずです。

  • これから転職しようと考えるのなら、今の仕事や業務での納得いかない部分、不満に思う部分・・

  • そのうちでも転職をするに当たっては、現在の業務や仕事の何に不満を感じているのかをハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満が大きいから転職したいと考えているのは分かります。しかし「きちんと職場や仕事の客観的にみた不満なことを挙げる」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。それを終えたあと、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事ができると思います。

  • 転職をしようと考えていても全てがうまくゆくというわけではありません。

  • 仮に再就職しようとしても全てがうまくゆくワケではありません。どうせするなら、そのうちに転職するつもりならあなたの年齢が若いうちに転職を試みるべきです。平均的に見ると、30代前半までは良い展開を期待できますが、30代後半~40代となったあとでの転職活動全般は、かなり難しくなります。もしも、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職の意識が強くなっていても会社に残ることも選択項目に残しておくべきです。退職届を提出後に転職活動するよりも、現在の会社に籍を置いたままじっくり探すほうが失敗することもありません。

  • 転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される会社も多いので…

  • 転職サイトは大規模なサイトであるほど掲載される企業も豊富なため、入社したい2,3の会社を、とりあえず転職サイト登録しておき、勤務地や年収などの条件を設定しておき、あとは条件に合った案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報を集めることが可能です。しかしながら、最初に限っては登録が多少面倒なので登録前に履歴書と職務経歴書を忘れずに準備し、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録の初日は、時間が多少掛かりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後々のためにも、最初にしっかり準備することを心がけるのが得策です。

  • 転職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズ可…

  • 転職時の面接での身なりはクールビズ可とと記載されているケースもあるようですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは良くない印象を与えるのではないか?と感じてしまいます。そのような考えを持っている方々にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも良いとされている面接については書かれている内容を素直に聞き入れるほうが無難です。色々悩みすぎて、汗をかく季節にスーツをびしっと着用すると相手に不自然に思われます。ですから、企業側からクールビズ可と書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。

  • 転職した場所では、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職した場所では、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。特に、入社して1年目は大概研修期間が入っていることも多いものです。私自身の転職したときは、労力を費やして手にした職なのに、予想と異なり年収が前職での稼ぎとほぼ同額でした。そればかりか、業務内容はとてもキツく、かなり責任のあるもので、初年度を乗り切るのにたいへん厳しかったです。そういった経緯から初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職前にお金をためて備えておくべき、と痛感します。

  • 退職|私は昔たいへん多くの人材紹介会社に登録していたのです…

  • 仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質に関しても驚くほど色々でほとんどはいまいちだと感じる人ばっかりでした。私とっては大切なことなのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという欲がいっぱいになり、そんなことがあり自分自身がキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーの資格取得までにはコストも必要でしたし資格取得のための勉強面においてもかなりヘビーでしたが、就活中の人たちからあなたが担当者でよかったと言ってもらえる存在になるべく頑張っています。

  • 退職|転職したいと考えている会社の会社見学は、すごく参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で会社見学などがあるとかなり参考になります。とくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られて楽しくもなります。が、「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、実際の現場を見せることがまずありません。その傾向が強いのはブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この職種では、個人のプライドが強いので働きだしてからでないと、実際の働き方が出ません。なので、会社見学で見たものを仕事内容だと解釈しないことがたいへん重要なのです。また、見学の時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない人には万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障が無いので、スタッフから勧められても丁重に断るのが無難です。

  • 先週転職先の会社を探すために人材バンクに登録に出向きました。

  • 3日ほど前仕事を探すために人材会社へと登録に行きました。登録カウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ若い社員のようで、私が説明した話の50%も彼は理解していないように見えました。それに加えて「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化しておくことが重要です」等、知ったかぶりに横柄にのたまうから非常にイラつきました。カウンセリングを担当させるのはいくらか仕事の経験がある人にしてほしいと思います。

  • 転職活動をする上での最後の問題として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動を行う上での最後の問題として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。転職先の会社がOKしたとしても、今いる企業が退職を慰留しに掛かるかもしれません。仮にそうなったとしても、障害を乗り越えて退職する、という強い意思を維持することが大事といえます。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。そのあとに、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と遠慮せずに伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動において必要不可欠です。

  • 転職活動では、「年収」が話題に上がります。

  • 就職活動において、年収は非常に大切な要素です。面接の時、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収より多く言って、高額な年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに見合う希望年収を設定するのが一番良いです。年収400万の人が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円であると伝えておくべきでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社できたのを退職に追いやられる事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人…

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひチェックしていただきたい箇所があります。なんとなく派遣に関しては、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような仕事内容をなんとなく思った人が多いかと思います。はじめは私もまさにそう思っていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「電話対応が主な業務」と説明を受けました。が、実際に入社したとたん、「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めをやってくれと言われました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明と大きな食い違いがあるので日々非常に困っています。今はただ派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 働いていることで回復が難しいほど精神的にとても苦しくなってしまい・・

  • 仕事のなかで回復が難しいほど精神的な負担が増え、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら、そんな時は、会社と相談ではなく身内と相談しながら退職するかどうかの判断をした方が良いです。なぜなら、仕事をするのは当事者であるあなた自身です。が、しかし同時に身内の問題でもあります。毎月、どんなに高い給料を手にしたからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、働きつづけるのは、良いとは言えません。現在の社会では、金銭的な豊かさよりも、働く本人が働きやすいことを大事にする生き方が尊重される社会です。あなたの家族とあなた自らの心と体を大事にしましょう。

  • このようにここ最近の会社や企業の労働背景のめまぐるしい・・

  • このように昨今の労働環境が変化したことに当たって、34歳ぐらいまでの若い人たちが特に気にかけているようです。それはたぶん、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。ですから、サラリーマンや労働者の「流動化」が顕著となっているので、ますます今後、世代に関わらず転職の関心が増加すると予想されます。労働市場の「流動化」が背景にあることで、勤め先を変えることは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。定年まで勤め上げることが良いとされていた時代には、「転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、それで損してしまうこともたくさんありました。社会が変化し今現在の会社のみに執着する必要も無くなってきていると言われています。

  • 看護師のそれと違う職に転職の理由はその人によりけりです。

  • 看護師という仕事の人の違う職に転職の理由は人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師が他の仕事への転職には「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚で一人とは変わって出産、子育てなど、環境の変化など、今までと同じようには仕事が難しい」「今の給与体系に不満を感じている」というような問題が抱えているのかもしれません。しかしながら、転職を決める前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めてリラックスしながら現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断されることを強くお勧めします。